ニュースリリース

コンテンツメニュー
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。
2012年03月28日

【ISC West 2012】
高画質ネットワークカメラの差異化技術“IPELA ENGINE(イペラエンジン)”、
画像処理技術や製品群によるセキュリティ・ソリューションを提案



 ソニーは、米国・ラスベガスで開催されるセキュリティ製品関連で業界最大規模の展示会、「ISC West 2012」に出展します。世界的に拡大する市場において、業界で初めてFull HDで130dBのワイドダイナミックレンジ「View -DR機能」を実現する新たな統合高画質信号処理システム“IPELA ENGINE”を披露します。
また、ネットワークカメラ、ハイブリッド製品、アナログカメラ、モニター、レコーダーなど幅広い製品群・ソリューションを紹介します。

  • IPELA ENGINEのコンセプトビジュアル:
    逆光や暗所においても高画質技術を用いて、鮮明な映像を生成することを表現しています。
 本展示会では『ソニーは技術の違いでお客様へ最適なソリューションを提供します』 (The technology makes a difference. Sony has the right answers for you.)をメッセージとして “IPELA ENGINE”と、新型Exmor CMOSイメージセンサーで実現する業界最高水準画質のセキュリティソリューションをご提案します。
また、公共交通機関、流通店舗、金融、市街監視、教育などの様々な市場にソリューションとして提案し、ビジネスの更なる拡大を目指します。

●“IPELA ENGINE”について:
ソニーが開発したセキュリティの統合高画質信号処理システムの総称であり、高品位な映像、画像処理性能による最高画質のセキュリティカメラを実現します。
業界最高レベルのワイドダイナミックレンジ比(130dB)を実現するカメラなど、今後も商品力を強化していきます。

●ラインアップの充実:
新たに、セキュリティモニターをラインアップに追加し、ハイブリッドカメラシステム、ネットワークカメラ、アナログカメラ、ネットワークレコーダーなど豊富なセキュリティ商品群を展示します。

●セキュリティカメラをマーケティングツールに活用する新アプリケーションの提案:
ソニーの独自アルゴリズムを活用した、セキュリティカメラで実現する広告・顧客行動分析などビジュアルセキュリティが連動する将来のアプリケーションを、(株)ソニー・ミュージックコミュニケーションズと共同で参考出展します。

 新たな技術開発の姿勢を貫き、今後もソニーの技術で「安心、安全を見守る」ソリューションを提案してまいります。


【ISC West 2012】
会期: 2012年3月28日(水)〜30日(金)
場所: LAS VEGAS Convention Center (LAS VEGAS, Nevada, USA)
ソニーブース: #22025
このページの先頭へ