ニュースリリース

コンテンツメニュー
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。
2012年04月06日

ソニー、国内最大規模の「グリーン熱証書」購入企業へ

~ 年間約8,000トン相当の温室効果ガスを削減 ~

 ソニー株式会社(以下、ソニー)は、日本自然エネルギー株式会社(東京都中央区)とバイオマス熱生成業務委託契約を3年契約で締結し、木質バイオマス熱電供給設備が供給する熱に伴う環境価値「グリーン熱証書」※1の購入を開始します。「グリーン熱証書」の購入数量は、国内最大規模となる年間133,333GJ(ギガジュール)を予定しており、CO2換算で年間約8,000トン※2に相当します。年間133,333GJは、ガソリン換算で普通乗用車約38,000台※3が東京〜大阪間を往復できるエネルギーにあたり、CO2換算で約8,000トンは、約1,650世帯分※4の年間CO2排出量にあたります。

 木質バイオマス熱電供給設備(秋田県・能代森林資源利用協同組合の運営)は、設備周辺の木材工場等で発生する樹皮・製材屑の木質バイオマスを利用して発電および熱供給を行い、資源の循環利用を図る設備です。当社は、同設備からの電力に伴う環境価値「グリーン電力証書」※1の購入を2007年より継続して行っていますが、この度、発電と同時に生み出される熱(蒸気)についても、財団法人グリーンエネルギー認証センターより「グリーン熱証書」として認証され、日本自然エネルギー株式会社より購入を開始します。
購入した「グリーン熱証書」は、ソニーグループにおけるエネルギー使用に伴う環境負荷の低減に活用していきます。

 ソニーは、温室効果ガス排出量削減施策の一環として、風力やバイオマス発電などの再生可能エネルギーの導入にグループ全体で積極的に取り組んでいます。日本国内においては、遠隔地で再生可能エネルギーにより発電された電力を利用する仕組み「グリーン電力証書システム」※5を電力会社と共同開発し、2001年より利用を拡大してきました。国内ソニーグループ各社の2011年の発電業務委託量は、合計6080万kWh(2012年3月末時点)で、国内最大の「グリーン電力証書」購入企業でもあります。

当社は、今後も様々な形態で再生可能エネルギー利用の拡大や省エネルギーを促進し、温室効果ガスの削減に取り組んでまいります。
※1: 企業などがコストを負担し、地熱、風力、水力、太陽光などの自然エネルギーによる発電・発熱を委託する仕組み「グリーンエネルギー証書システム」を通して、購入する証書のこと。
発電・発熱されたエネルギーは、エネルギー施設の地元の電力会社や熱供給会社に販売され、発電・発熱を委託した企業には、発電・発熱および環境負荷削減に貢献した証として、「グリーン電力証書」「グリーン熱証書」が発行されます。これにより、企業は直接発電・発熱設備を導入しなくても、自然エネルギーの普及促進に貢献することができ、また発電・発熱相当分のグリーンエネルギーを実際に購入・利用したとみなされます。

※2: CO2換算値は温室効果ガス排出量算定・報告マニュアル(環境省・経済産業省、平成23年4月)における「他人から供給された熱の使用(産業用蒸気)」の換算係数0.060tCO2/ギガジュール(GJ)を用いて換算した場合の数値。契約熱量は、133,333GJ。
※3: ガソリンの発熱量34.6GJ/klを用いて換算した場合の数値。
※4: 一世帯辺りの家庭からのCO2排出量4.852トンを用いて換算した場合の数値。
※5: 日本自然エネルギー株式会社提供
このページの先頭へ