ニュースリリース

コンテンツメニュー
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。
2012年04月16日

大容量光ディスクアーカイブの市場創造に向けて

− 「アドバイザリーグループ」設立とライセンスプログラム等の提供開始について −


 ソニーは、コンパクトなカートリッジに12枚の光ディスクを内蔵、一つの大容量ストレージとしてファイルベースでデータを扱う、次世代光ディスクアーカイブ・ストレージシステムを昨年開発しました。
本年秋には、このシステムを「オプティカルディスク・アーカイブ」の名称で製品化し、本システムの普及促進に向けたアドバイザリーグループ設立やライセンスプログラム等の活動を、関連業界各社とともに推進していきます。

 新開発の「オプティカルディスク・アーカイブ」システムは、保存時の温度・湿度の変化の影響を受けにくく、防塵性及び耐水性にすぐれたメディアを使用しているために、コンテンツの長期保存性に優れています。
また、メディア世代間の互換保証により、アーカイブデータの再アーカイブコピーという作業が不要になるため、コンテンツの長期間保存に適した高い利便性を特徴としています。

 ソニーは、「オプティカルディスク・アーカイブ」システムの製品第一弾として、2012年秋に高速規格USB3.0対応のドライブユニット「ODS-D55U」、本システム専用メディア(モデル名:ODC1500R他、300GB〜1.5TB)を同時に発売、順次製品ラインナップを拡充していきます。
 またソニーは、「オプティカルディスク・アーカイブ」をベースとした映像用アーカイブ市場の構築に向け、全世界のメディア・エンタテインメント企業を対象として、「光ディスクアーカイブ・アドバイザリーグループ」を設立しました。このアドバイザリーグループにおいてソニーは、賛同パートナー企業と協力し、将来的なアーカイブの動向や需要を見据えながら、最適な仕様やシステムの構成などを含めた、ソリューション及びアプリケーションソフトウエア環境を整備していきます。
 なお、このグループへは既に下記放送局、映画会社などが参画を表明しています。

◎BSkyB、CBS News、China Central Television、CJ Powercast、RAI、RedBull Mediahouse GmbH、
 Shanghai Media Group、SRG SSR、Time Warner Cable Sports、TV Globo、TV 2/Lorry、TVP Poland、
 VGTRK、株式会社IMAGICA、株式会社オムニバス・ジャパン、株式会社Jリーグメディアプロモーション、
 株式会社テレビ東京、株式会社 東北新社、株式会社フジテレビジョン、株式会社WOWOW

 そしてソニーは、「オプティカルディスク・アーカイブ」のメディア、ドライブユニットの商品化にとどまらずトータルシステムとしてアーカイブソリューションの構築を可能にするために、メディア、ロボティクス(自動メディア交換システム)、ミドルウェア(ロボティックス制御及び階層ストレージマネージメント)、メディアアセットマネジメントのアプリケーション(メディア管理・検索ソフトウェア)など、様々なメーカーと協力してまいります。
 なお、「オプティカルディスク・アーカイブ」へは、既に下記メーカーが賛同を表明しています。
TDK株式会社からは、「オプティカルディスク・アーカイブ」への全面的サポートならびにソニーからのライセンスに基づく光ディスクカートリッジの製造開始が既に表明されています。

 ◎ASG-Atempo、Dalet、Front Porch Digital、Harris、SGL、Square Box Systems Ltd、TDK株式会社、Vizrt

 ソニーはメディアに保存された貴重な映像コンテンツを最適な形態でアーカイブして次世代へ繋ぐために、本システム向けに信頼性の高い機器およびメディアを製品化することに加え、開発アドバイザリーグループやオープンプラットフォーム化などの活動を推進し、新たなアーカイブ市場を創造します。
このページの先頭へ