ニュースリリース

コンテンツメニュー
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。
2012年04月23日

投写画面への書き込みや、マウス操作が可能な
「インタラクティブ機能」内蔵の超短焦点 液晶プロジェクターを発売

〜明るい部屋でも快適に使用でき、70型スクリーンに約42cm※1の距離で投写が可能に〜



  • 超短焦点 液晶プロジェクター「VPL-SW535C」

  • インタラクティブ機能を使用しているイメージ図
型名 発売日 メーカー希望小売価格
超短焦点 液晶プロジェクター「VPL-SW535C」
(WXGAモデル)
2012年5月 オープン価格

 ソニーは、新たに「インタラクティブ機能」を内蔵した超短焦点プロジェクターを発売します。
 付属のソフトウェアをインストールしたパソコンを本機に接続し投写すると、投写画面に付属のペンで文字や 図形の書き込みが行えます。ペンは2本付属しており、同じ投写画面に2名で同時に書き込めます。
 付属のペンはマウスとしても機能し※2、投写画面上でプログラムの起動やファイルの選択など基本的なパソコン操作が可能です。「インタラクティブ機能」を使用して書き込んだ内容をパソコンに保存し議事録と して利用したり、授業で書き込んだ内容を保存し次の授業で使用するなど、授業や会議の効率向上につながります。


 またこのモデルは、70インチのスクリーンに約42cm※1の距離で投写が可能なため、限られたスペースの会議室や教室などでスクリーンやホワイトボードの近くに発表者が立つ場合でも、人やノートPCの影が映り込むことなく投写が可能です。同時に発表者自身も光源で目が眩しくなることなく、快適かつ効果的なプレゼンテーションができます。
 さらに、3000ルーメンの高輝度を実現しており、明るい部屋でも快適に使用できます。


 ミラー反射型の超短焦点プロジェクターにおいては設置時の微調整が難しいという課題がありましたが、本機は上下左右方向へのレンズシフト機能および光学ズーム機能を搭載しているため、設置時やメンテナンス時の投写位置調整やフォーカス調整が容易にできます。


 さらに、信号無変化時に自動で徐々に減光する「ランプ減光モード」や画像ミュート時にランプ出力を約70%ダウンする機能を搭載するなど省エネにも配慮しています。加えて最長6000時間※3の長寿命ランプを搭載し、ランプ交換時までメンテナンス不要の高性能フィルターを装備するなど購入後のコスト低減を考慮した仕様としました。


 昨今、国内において超短焦点プロジェクターの需要が伸びており、2012年は対前年比200%(台数ベース)と市場の成長が見込まれ、2013年には2011年(約3,000台)の3.5倍強の約11,000台の需要が見込まれます。(ソニー調べ)
 ソニーは、本機の特性である短焦点による設置自由度の向上、高輝度による快適さに加えて「インタラクティブ機能」を内蔵することで利便性の向上を活かし、主に企業の会議室や教育市場での教室用途へ提案してまいります。


※1: スクリーン面から投写窓までの距離として。
※2: 付属の2本のペンのうち、メインペンのみマウスとして機能。
※3: ランプモード「低」設定時。

「VPL-SW535C」の主な特長


1. 投写画面に書き込める「インタラクティブ機能」を本体に内蔵

 付属のペンを使って、投写画面へ文字や図形の書き込みを行なったり、マウス操作をすることが可能です※2。ペンは2本付属しており、2名で同時書き込みができるので、2名の生徒が同時に回答を書き込むなど授業の幅が広がり、効率向上にもつながります。


2. 3000ルーメンの高輝度を実現

 3000ルーメンの高輝度を実現しているため、教室などの照明を落とさずに明るい環境でも投写可能であり、授業に集中できる環境を実現します。


3. ミラー内蔵型で、70型スクリーンに約42cm※1の距離で投写が可能

 ソニーはリアプロジェクションテレビにおける光学系の開発、製造ノウハウを数多く保有しており、本機の短焦点化・コンパクト化が実現可能となりました。
 また、ミラーを内蔵することでミラーからの光漏れによる眩しさも無く、チョークの粉やホコリなどの汚れもつきにくいなど快適にご使用いただけます。


4. 大音量10Wスピーカーを搭載

 10Wスピーカーを搭載しているため、教室や会議室の端まで音声が届き、学校での授業や企業での会議を行うのに十分な音量を備えています。


5. レンズシフト機能・光学ズーム機能を搭載

上下方向±約4パーセント、左右方向±約2パーセントのシフトに加え、1.05倍のズームレンズを搭載しています。このことで、設置後、投写画像の位置調整が容易に行えます。従来の短焦点プロジェクターは設置金具の調整機能でしか微調整が行えず設置調整が困難でしたが、設置作業の簡易化を実現し、様々な設置環境にフレキシブルに対応できます。


6. 超短焦点モデルにおいて最も消費電力が低く、「ランプ減光モード」搭載などで更に省エネに配慮

 最大消費電力は290Wとミラー反射構造の超短焦点モデルにおいて最も低く、更に信号無変化時に自動で減光する「ランプ減光モード」や黒画面投影時にランプ出力を約70%絞るなど、ソニー独自の省エネ機能を搭載し、使用者が意識することなく省エネが可能です。


7. 高品位な画像も伝送可能なHDMI端子を搭載

 ブルーレイディスクレコーダー/プレーヤー等だけでなく、ノートPCでもHDMI端子付きモデルが増加しており、デジタル接続で高品位な画像が投写可能です。


8. 壁付け金具を同梱

 壁付け用の金具を同梱しており、壁面取り付け時に金具の追加コストは不要です。
(取り付け作業は専門の業者にご依頼ください。)

主な仕様 

型名 VPL-SW535C
投写方式 3LCDパネル、1レンズ方式、3原色液晶シャッター投写方式
液晶パネル画素数 約307万画素
(1280x800x3)
有効光束※1 ランプモード高: 3000lm
ランプモード標準: 2400lm
ランプモード低:2000lm
カラー光束※2 ランプモード高: 3000lm
ランプモード標準: 2400lm
ランプモード低:2000lm
表示画面サイズ 70-130型 (16:10)
投写レンズ マニュアル1.05倍
レンズシフト※3 上下±約4% 左右±約2%
光源 210W
ランプ交換推奨時間※4 3000/6000時間
コントラスト比 2500:1
入出力端子 映像入力 ミニD-sub15ピンx1、S VIDEOx1、VIDEOx1、HDMI(HDCP)×1
音楽入力 ピンジャック×1、ステレオミニジャック×1
映像出力 ミニD-sub 15ピンx1
音声出力 ステレオミニジャック×1
リモート制御 RS-232C、RJ-45
インタラクティブ機能用 USB(タイプB)
スピーカー 10W
使用電源 AC100V、50/60Hz
最大消費電力 290W
質量 約7.1kg
外形寸法(幅×奥行き×高さ) 約384.4×423.4×122.5mm(突起部含まず)
本体キャビネットの色 ホワイト
対応天吊り金具 本体に同梱(壁付け用)
交換用ランプ LMP-E212

※1 出荷時における本製品全体の平均的な値を示しており、JIS X 6911:2003データプロジェクターの仕様書様式に則って記載しています。測定方法、測定条件については附属書2に基づいています。
※2 カラー光束とはプロジェクターのカラーパフォーマンスを評価する測定方法です。カラー光束は製品を選択する場合にカラーパフォーマンスを簡単かつ正確に評価する指標として活用できます。
※3 数値は上下、左右をそれぞれ単独でシフトした場合です。両方シフトした場合はこれらの数値より狭くなります。
※4 時間は目安であり、保証するものではありません。
※記載されている会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。

※お客様からのお問い合わせ先 :ソニービジネスソリューション(株) 業務用商品相談窓口
TEL 0120-788-333 (フリーダイヤル)、
0466-31-2588(携帯電話・PHS・一部のIP電話などフリーダイヤルがご利用になれない場合)
受付時間 9:00〜18:00(土・日・祝日、および年末年始は除く)
ソニー製品情報URL sony.jp/pro/
業務用プロジェクターオフィシャルサイトURL sony.jp/vpl/
このページの先頭へ