ニュースリリース

コンテンツメニュー
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。
2012年07月06日

ホークアイのゴール判定技術をFIFA(国際サッカー連盟)が正式採用決定


 ソニーが2011年に買収し、現在グループ会社で英国にあるHawk-Eye Innovations Inc.(以下、ホークアイ)のゴール判定技術が、この度FIFA(国際サッカー連盟)に正式採用されたことが同連盟より発表されました。

 ホークアイは競技場に設置した複数のカメラからボールの軌道を独自プログラムで瞬時に解析する技術を有しており、「判定オペレーションサービス」をテニスやクリケットなどのスポーツ大会主催者に提供してきました。サッカーの試合においても、ホークアイの技術は、決定的なゴールシーンにおいて審判員の意思決定を支援するもので、ボールがゴールラインを通過した際、1秒以内に審判員の腕輪に暗号化された情報が伝達されます。
またホークアイでは、この瞬時の正確な判断に加えて映像リプレイも提供しており、システムによる判定の妥当性についても判明させます。

 今回のFIFAの決定に至るまでには、ゴール判定技術の正確さのみならず、その信頼度についても評価するための広範な試験が2011年より行われてきました。また、測量のためのインフラとコストの関係も種々のサッカー協会において検証されました。
 ホークアイの判定技術は、選手と審判員から信頼を得るために極めて重要な要素となる、ゴールポストやボールなど、フィールドの設備や用品に一切の改造や干渉をしないソリューションとなっています。
さらにFIFAによる試験では、ホークアイの判定技術はボールが見え難い状況においても、高い精度と信頼性で判定できることを実証しました。

 ソニーはスポーツスタジアム向けにHD・3Dコンテンツ制作機材やデジタルサイネージ、セキュリティカメラ、大型LEDスクリーン等のソリューション事業を展開しています。ホークアイはユニークな技術で差異化する価値を有しており、今後も積極的な連携を図ることで、ソニーグループとしてスポーツスタジアム向けソリューションビジネスを強化・発展させていきます。


<参考情報>
2011年3月7日発表:ソニー・ヨーロッパが英国Hawk-Eye社(ホークアイ)を買収
このページの先頭へ