ニュースリリース

コンテンツメニュー
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。
2012年08月06日

業界初、HDの高画質とアナログカメラのリアルタイム性を両立したセキュリティー向け「ハイブリッドカメラ」を発売

〜デジタルHD映像とアナログSD映像を一本の同軸ケーブルで伝送可能〜


 ソニーは、ネットワークカメラの新規カテゴリーとなる「IPELA HYBRID(イペラハイブリッド)」シリーズの製品群を発売します。イペラハイブリッドシリーズは現行SD画質のアナログカメラ、HD画質のネットワークカメラに次ぐ新たなセキュリティー製品カテゴリーで、デジタルHD映像とアナログSD映像を一つの同軸ケーブル上で同時に伝送できる業界初の製品となります。
  • 『SNC-ZB550』
    『SNC-ZB550』
  • 『SNC-ZM550』
    『SNC-ZM550』
  • 『SNC-ZP550』
    『SNC-ZP550』
  • 『SNC-ZR550』
    『SNC-ZR550』
  • 『SNC-ZX104』
    『SNC-ZX104』
 近年、セキュリティーカメラの市場は従来のアナログカメラから、より高画質なネットワークカメラへと急速に移行しつつあります。特にHD対応製品の登場以降、ネットワークカメラは高画質での映像監視に加え、ネットワーク経由でのカメラコントロールやWebブラウザ上で映像閲覧が出来る利便性などから、オフィスや工場、商業施設等での採用が広がっています。
 一方、アナログカメラはネットワークカメラに比べ映像伝送の遅延が少なく、ほぼゼロであるというその特性から、映像のリアルタイム性が重視される鉄道の沿線やホーム、高速道路などの交通分野や、大型商業施設、公共施設などにおいて根強く利用されています。

 ソニーは今回、ネットワークカメラによるHDの高画質と、アナログカメラが持つ映像のリアルタイム性という特長を両立させた新カテゴリーのセキュリティー製品群、イペラハイブリッドシリーズとしてハイブリッドカメラ4機種と専用の4チャンネルレシーバー1機種を発売します。
 イペラハイブリッドシリーズにはSLOC(Security Link over Coax)」技術を採用したICチップが搭載されており、これにより一本の同軸ケーブル上へのデジタルHD映像とアナログSD映像の同時伝送を実現しています。

  • イペラハイブリッドシリーズシステム概念図
 また、イペラハイブリッドシリーズは、既設のアナログカメラから高画質なHDネットワークカメラへの柔軟な置き換えも可能にします。多くの場合、アナログカメラが設置されている場所では同軸ケーブルを使ったインフラが敷設されており、HDネットワークカメラへ移行する場合には、ケーブルを中心とした施設内全体のインフラ変更が必要で、その改修には多大な工数と費用が必要なほか、ケーブルの廃棄など環境への負荷を伴います。

 ソニーのイペラハイブリッドシリーズは、同軸ケーブルによる既存のインフラ環境をそのまま活用できることから、HDネットワークカメラへの移行を進める場合でも、コストを大幅に抑制できるうえ、ケーブル資源を有効活用して環境面でも貢献できるソリューションとなっています。

 ソニーは自社開発のCMOSイメージセンサーと信号処理システムを、ネットワークカメラの差異化を図る優位点として積極的に製品に搭載し、市場に合わせた形で約30機種ものHD高画質ネットワークカメラを展開してきました。ビジュアルセキュリティー事業をプロフェッショナルソリューションビジネスの主柱の一つと位置付けるソニーは、新カテゴリーの製品群で事業をさらに強化、発展させていきます。

イペラハイブリッドシリーズは、ハイブリッドカメラ4機種と専用レシーバー1機種により構成されます。

型 名 発売日 メーカー希望小売価格
  ボックス型カメラ 『SNC-ZB550』
  HD(720p)映像出力対応
9月20日 115,500円
(税抜価格110,000円)
  ドーム型カメラ 『SNC-ZM550』
  HD(720p)映像出力対応
126,000円
(税抜価格120,000円)
  340度旋回型カメラ 『SNC-ZP550』
  HD(720p)映像出力対応
278,250円
(税抜価格265,000円)
  360度エンドレス旋回型カメラ 『SNC-ZR550』
  HD(720p)映像出力対応
362,250円
(税抜価格345,000円)
  イペラハイブリッドシリーズ専用
  4チャンネルレシーバー 『SNCA-ZX104』
84,000円
(税抜価格80,000円)
『SNC-ZB550』:
CSマウント対応のスタンダードなボックス型カメラ
『SNC-ZM550』:
天井埋め込みが可能で目立ちにくいドーム型カメラ
『SNC-ZP550』:
光学28倍ズームを搭載した340度旋回型カメラ
『SNC-ZR550』:
光学28倍ズームを搭載した360度エンドレス旋回型カメラ
『SNCA-ZX104』:
同軸ケーブル上を伝送された映像信号をアナログ映像信号とIPによる映像信号に分離するイペラハイブリッド用4チャンネルレシーバー

主な特長(『SNC-ZB550』、『SNC-ZM550』、『SNC-ZP550』、『SNC-ZR550』共通)

1. 同軸ケーブルを用いてデジタルHD映像とアナログSD映像の同時送信が可能
イペラハイブリッドシリーズは、カメラ本体に直接接続された同軸ケーブルを介して、IPによるデジタルHD映像を送信することができます。同軸ケーブル上を伝送されたIP映像信号は専用レシーバー『SNCA-ZX104』によって変換し、イーサネット上に配信されます。『SNCA-ZX104』は4チャンネルタイプのレシーバーのため、1台でカメラ4台分の映像信号を受信できます。
また、IPによる映像信号を配信するだけでなく、同じ同軸ケーブル上にアナログ映像信号(NTSC)も同時に送信できます。この機能を利用することで、『SNC-ZR550』で遅延の少ないアナログ映像を確認しながらカメラの旋回操作をして、記録は高画質なHD映像として残すなど、これまでにない新しい使い方が可能になります。

2. 720pのHD映像を30フレーム/秒で出力
720pの映像出力に対応しています。1280×720ピクセル(16:9)のHD映像を30フレーム/秒で出力できます。また、映像圧縮方式はJPEG、MPEG-4、H.264の3方式に対応しており、ネットワーク帯域を抑えて高画質な映像を伝送できます。
*シングルコーデック時

3. "Exmor"CMOSイメージセンサーを搭載
全機種に高速な信号読み出しと低ノイズ化を実現した"Exmor"CMOSイメージセンサーを搭載しています。

4. アナログ映像出力が可能なネットワークカメラとしても利用が可能
ネットワーク接続を同軸ではなくLANモードに設定することにより、レシーバーを使わずに一般的なネットワークカメラとしても使用できます。この場合、アナログ出力を備えたネットワークカメラとして利用でき、イーサネット上にはIPによる映像信号を、同軸ケーブル上にはアナログ映像信号をそれぞれ送信できます。また、『SNC-ZP550』および『SNC-ZR550』は、ネットワーク接続をLANモードで使用する場合のみ、PoE Plus(IEEE802.3at準拠)による給電も可能です。
* 『SNC-ZB550』、『SNC-ZM550』はLANモードで使用する場合でもPoEによる駆動はできません。
 別途DC12VまたはAC24V電源が必要となります。


<ネットワークカメラとしての利用例>
ネットワークカメラとしての利用例

5. その他の主な特長
  • 設置時のフォーカス調整をアシストするEasy Focus(イージーフォーカス)機能を搭載 (『SNC-ZB550』、『SNC-ZM550』)
  • 設置時にズーム倍率を変更し画角調整をアシストするEasy Zoom(イージーズーム)機能を搭載 (『SNC-ZM550』)
  • カメラ妨害検知機能を搭載
  • ”ONVIF”対応(ネットワークカメラとしての機能のみ)

主な特長(『SNC-ZP550』、『SNC-ZR550』)

1. 高倍率ズームレンズの搭載と高速なパン・チルト動作
光学28倍の高倍率ズームレンズを搭載しています。また、『SNC-ZP550』はパン方向340度、チルト方向210度、『SNC-ZR550』はパン方向360度エンドレス、チルト方向210度の範囲に対し、最大300度/秒での高速なパン・チルト動作が可能で、広範囲のモニタリングに適しています。

2. 逆光環境に強いワイドダイナミックレンジ機能"DynaView"を搭載
明るい屋外を背景にした室内の撮影などの逆光環境においても、背景および被写体の両方を高画質に撮影するワイドダイナミックレンジ機能"DynaView"を搭載しています。

主な特長(『SNCA-ZX104』)

1. イペラハイブリッドシリーズ用4チャンネルレシーバー
『SNCA-ZX104』はハイブリッドカメラから伝送された映像信号を、同軸ケーブル経由で受信する専用レシーバーです。カメラ映像入力端子(SLOC入力端子)を4入力装備しており、1台のレシーバーに最大4台のカメラを接続できます。

2. アナログ映像信号とIPによる映像信号を分波
イペラハイブリッドシリーズは1本の同軸ケーブルでアナログ映像信号とIPによる映像信号を同時に送信できます。『SNCA-ZX104』は、4チャンネルのアナログ映像出力端子と1つのイーサネットポートを装備し、アナログ映像信号はそれぞれ各チャンネルのアナログ映像出力端子に、IPによる映像信号はイーサネット上へ送信します。

主な仕様(『SNC-ZB550』、『SNC-ZM550』)

  SNC-ZB550
(ボックス型)
SNC-ZM550
(ドーム型)
カメラ部
撮像素子 1/3型プログレッシブスキャン Exmor CMOSセンサー
有効画素数 約139万画素
レンズタイプ 2.9倍バリフォーカルレンズ
(CSマウント)
2.9倍バリフォーカルレンズ
ズーム比 光学2.9倍
焦点距離 f=2.8〜8.0mm f=3.1〜8.9mm
F値 F1.2(ワイド端)〜F1.9(テレ端) F1.2(ワイド端)〜F2.1(テレ端)
水平画角 96.5度(ワイド端)〜33.9度(テレ端) 85.4度(ワイド端)〜31.2度(テレ端)
Day&Night機能
最低被写体照度 0.5ルクス(F1.2、AGC [42dB]、スローシャッター [OFF]、50IRE [IP])
0.3ルクス(Nightモード [ON]、モノクロ、スローシャッター [OFF])
動体検知機能 *1
ネットワーク部
圧縮方式 JPEG/MPEG-4/H.264(2方式による同時配信が可能)*2*3*4
画像サイズ 1280×1024*5、1280×960*5、1280×800*5、1280×720、1024×768*5、1024×576、800×600、 800×480、768×576、720×576、720×480、704×576、640×480、640×368、384×288、 320×240、320×192
最大フレームレート*6 JPEG時:30fps(1280×1024)*7/30fps(1280×720)*8
MPEG-4時:25fps(1280×1024)/30fps(1280×720)
H.264時:20fps(1280×1024)/30fps(1280×720)
※シングルコーデック時(アナログ出力OFFの場合)
同時アクセス数 5*9*10
LAN端子 10BASE-T/100BASE-TX(RJ-45)×1
IPv6対応
インターフェース部
外部インターフェース 映像出力端子(BNC)×1*11
センサー入力×1、アラーム出力×1
映像出力端子(BNC)×1*11
一般
ビューアー Microsoft® Internet Explorer® 6.0/7.0/8.0
対応OS Microsoft® Windows® XP Professional(32ビット版)、Windows Vista® Ultimate/Business(32ビット版)、 Windows® 7 Ultimate/Professional(32ビット版/64ビット版)
本体質量 約550g 約715g
本体外形寸法
(幅×高さ×奥行)
約72×63×197mm
(レンズ含む、突起部除く)
約φ140×118mm
電源 DC12V*12、AC24V(50/60Hz)*12
消費電力 最大6W 最大7W
付属品 CD-ROM(ユーザーガイド、付属プログラム)×1、
落下防止用ワイヤーロープ×1、
段付きネジM4×1、コネクタ(2P)×1、
保証書(冊子)×1、設置説明書×1
CD-ROM(ユーザーガイド、付属プログラム)×1、
ブラケット×1、テンプレート×1、
落下防止用ワイヤーロープ×1、
本体取り付けネジ×2、段付きネジM4×1、
モニターケーブル(BNC)×1、
電源ケーブル(別売電源アダプター接続用)×1、
保証書(冊子)×1、設置説明書×1
*1 動体検知機能を利用する場合は、アナログ映像出力[OFF]、映像2[OFF]、画像切り出し[OFF]、ソリッドPTZ[OFF]に設定してください。
 (アナログ映像出力が[ON]の場合、動体検知機能を利用することはできません。)
*2 アナログ映像出力が[ON]の場合、映像2を利用することはできません。
*3 映像2の解像度は映像1と同じ解像度または640×480ピクセル以下の解像度のみ設定可能です。
*4 本機をNSRシリーズおよびIMZ-NSシリーズと接続した場合、映像2は使用できません。
*5 5:4モード(最大解像度1280×1024)で使用中の場合のみ選択可能。
*6 絵柄や画質設定、ビットレート設定などの影響によって、最大フレームレートが低下する場合があります。
*7 画質設定[LEVEL1]の場合。工場出荷時(画質設定[LEVEL7])の最大フレームレートは10fpsとなります。
*8 画質設定[LEVEL1]または[LEVEL2]の場合。工場出荷時(画質設定[LEVEL7])の最大フレームレートは12fpsとなります。
*9 メール機能またはFTPクライアント機能が[ON]の場合、最大同時アクセス数は3になります。
*10 配信ビットレートの合計値は最大16Mbpsです。合計16Mbps以上の配信を行うことはできません。
*11アナログ映像出力は、720×480ピクセル相当の表示領域内に640×480ピクセルの映像を表示します。
 そのため、映像には左右および下部に若干の非表示部分(黒帯部分)が出る場合があります。
*12 別売の電源アダプターが必要です。また、同軸ケーブルによる電源重畳機能はありません。

主な仕様(『SNC-ZP550』、『SNC-ZR550』)

  SNC-ZP550
(340度旋回型)
SNC-ZR550
(360度エンドレス旋回型)
カメラ部
撮像素子 1/4型プログレッシブスキャン Exmor CMOSセンサー
有効画素数 約143万画素
レンズタイプ 28倍ズームオートフォーカスレンズ
ズーム比 光学28倍/デジタル12倍
焦点距離 f=3.5〜98.0mm
F値 F1.35(ワイド端)〜F3.7(テレ端)
水平画角 55.9度(ワイド端)〜2.1度(テレ端)
Day&Night機能
最低被写体照度 1.0ルクス(F1.35、AGC [ON]、DynaView[OFF]、スローシャッター [OFF]、50IRE [IP])
0.1ルクス(Nightモード [ON]、モノクロ、DynaView[OFF]、スローシャッター [OFF])
動体検知機能 *1
パン駆動範囲 -170度〜+170度
最大速度:300度/秒
360度エンドレス回転
最大速度:300度/秒
チルト駆動範囲 -90度〜+15度 最大速度:300度/秒
ネットワーク部
圧縮方式 JPEG/MPEG-4/H.264(2方式による同時配信が可能)*2*3*4
画像サイズ 1280×720、1024×576、800×600、800×480、768×576、720×576、720×480、704×576、 640×480、640×368、384×288、320×240、320×192
最大フレームレート*5 JPEG時:30fps(1280×720)*6
MPEG-4時:30fps(1280×720)
H.264時:30fps(1280×720)
※シングルコーデック時(アナログ出力OFFの場合
同時アクセス数 5*7*8
LAN端子 10BASE-T/100BASE-TX(RJ-45)×1
IPv6対応
インターフェース部
外部インターフェース 映像出力端子(BNC)×1*9、外部マイク入力端子×1、ライン出力端子×1、
センサー入力×2、アラーム出力×1
メモリーカードスロット SDメモリーカードスロット(SDHCメモリーカード対応)×1*10
一般
ビューアー Microsoft® Internet Explorer® 6.0/7.0/8.0
対応OS Microsoft® Windows® XP Professional(32ビット版)、Windows Vista® Ultimate/Business(32ビット版)、 Windows® 7 Ultimate/Professional(32ビット版/64ビット版)
本体質量 約1.7kg(シーリングブラケット含む)
本体外形寸法
(幅×高さ×奥行)
約φ147.4×190.9mm(突起部含まず)
電源 AC24V(50/60Hz)*11
PoE Plus [IEEE802.3at準拠] (ネットワーク接続がLANモードに設定されている場合のみ*12
消費電力 最大25W
付属品 CD-ROM(ユーザーガイド、付属プログラム)×1、
設置説明書×1、シーリングブラケット×1、
取り付け用ネジ×2、テンプレート×1、
コネクタ(2P)×1、コネクタ(6P)×1、
保証書(冊子)×1
*1 動体検知機能を利用する場合は、アナログ映像出力[OFF]、映像2:[OFF]、画像切り出し:[OFF]、レターボックス:[OFF]に設定してください。
 (アナログ映像出力が[ON]の場合、動体検知機能を利用することはできません。)
*2 アナログ映像出力が[ON]の場合、映像2を利用することはできません。
*3 映像2の解像度は映像1と同じ解像度または640×480ピクセル以下の解像度のみ設定可能です。
*4 本機をNSRシリーズと接続した場合、映像2は使用できません。
*5 絵柄や画質設定、ビットレート設定などの影響によって、最大フレームレートが低下する場合があります。
*6 画質設定[LEVEL1]または[LEVEL2]の場合。工場出荷時(画質設定[LEVEL7])の最大フレームレートは12fpsとなります。
*7 メール機能またはFTPクライアント機能が[ON]の場合、最大同時アクセス数は3になります。
*8 配信ビットレートの合計値は最大16Mbpsです。合計16Mbps以上の配信を行うことはできません。
*9アナログ映像出力は、720×480ピクセル相当の表示領域内に640×480ピクセルの映像を表示します。
 そのため、映像には左右および下部に若干の非表示部分(黒帯部分)が出る場合があります。
*10 動体検知機能、カメラ妨害検知機能およびSDカード機能について、これらの機能のうち2つ以上の機能を同時に使用することはできません。
*11 別売の電源アダプターが必要です。また、同軸ケーブルによる電源重畳機能はありません。
*12 PoE Plusによる電源供給は、ネットワーク接続がLANモードに設定されている場合のみ有効です。同軸接続の場合は利用できません。

主な仕様(『SNCA-ZX104』)

  SNCA-ZX104
(4チャンネルレシーバー)
接続カメラ台数 4台
カメラ入力(SLOC入力) 4*1
アナログビデオ出力
(スルー出力)
4
LAN端子 10BASE-T/100BASE-TX(RJ45)×1
本体質量 約1.1kg
本体外形寸法
(幅×高さ×奥行)
210×44×250mm(突起部含まず)
電源 DC12V(ACアダプター同梱)
消費電力 約12W
付属品 ACアダプター×1、設置説明書×1、
IOポートコネクター×1、
CD-ROM(ユーザーガイド、付属プログラム)×1、
保証書(冊子)×1
*1 カメラをマルチキャストで使用する場合は1チャンネルのみ使用可能です。


※“IPELA(イペラ)”とは『IP 接続』と『リアルで美しい(BELLA)画質』という言葉を組み合わせた造語で、ソニー株式会社の商標です。
※”sloc™”はIntersil Corporation(インターシル株式会社)の商標です。


※お客様からのお問い合わせ先 :ソニービジネスソリューション(株) 業務用商品相談窓口
TEL 0120-788-333 (フリーダイヤル)、
0466-31-2588(携帯電話・PHS・一部のIP電話などフリーダイヤルがご利用になれない場合)
受付時間 9:00〜18:00(土・日・祝日、および年末年始は除く)
ソニー製品情報URL sony.jp/pro/
セキュリティー/IPビデオモニタリングオフィシャルサイトURL sony.jp/snc/
このページの先頭へ