ニュースリリース

コンテンツメニュー
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。
2012年08月09日

微細な術野を 高精細で立体感のあるリアルな3D映像で撮影できる
手術顕微鏡用3D HDビデオカメラを発売



  • 3D HDビデオカメラ 「MCC-3000MT」
  • Exmor™
 ソニーは、手術用顕微鏡に装着して、顕微鏡を覗く術者と同様の、リアルな立体映像を撮影可能な、3D HDビデオカメラ「MCC-3000MT」(1/2型フルHD 3CMOSイメージセンサー搭載)を発売します。
 本機は、左右セパレートタイプのコンパクトなカメラユニット2台と1台のコントロールユニットで構成されています。放送・業務用の3Dカメラで培った技術ノウハウを用い、3D撮影の際に発生する左右のカメラの色ずれやホワイトバランスなど、従来困難であった精密な調整を、一台のコントロールユニットで簡単に調整できるため、医療用に最適な高精細で精度の高い奥行き情報を得ることが可能です。

型名 発売日 価格
3D HDビデオカメラ「MCC-3000MT」 9月17日 オープン価格


 手術用顕微鏡とは、顕微鏡を使用して行う非常に微細な部分の外科的手術に用いられる精密機器で、主に脳神経外科や眼科、耳鼻咽喉科などで活用されています。
 今回発売する「MCC-3000MT」は、この手術用顕微鏡に装着する3Dカメラです。カメラユニットを左右セパレートすることで、1台のカメラユニットそれぞれに、RGB3板方式の1/2型CMOSセンサーを搭載することが可能になり、高精細な3D映像が撮影できます。また、左右のカメラの映像信号から3D映像を生成する際に発生する色ずれやホワイトバランスの精密な調整を、1台のコントロールユニットで簡単に行うことができるため、精度の高い奥行き情報を得ることが可能で、顕微鏡を覗く術者と同様の リアルな立体感ある映像を撮影することができます。
※Cマウントアダプターを搭載した手術用顕微鏡

 この製品の具体的な使用例として、主に以下3点が挙げられます。

手術中は術者しか視認できない術野を本機で撮影し、ソニーの3D対応モニター「LMD-2451MT」と組み合わせて使用すれば、研修を目的に手術室に入る研修医や医学生と、奥行き感あるリアルな映像を共有することが可能です。
撮影した3D映像をソニーの3D対応のメディカルレコーダー「HVO-3000MT」に保存して、大学病院、臨床研修施設などでの教育用途に使用することで、手術技術の向上や手術ノウハウの取得にも役立てることができます。
ソニーのイメージマルチプレクサー「VMI-40MD」と組み合わせれば、顕微鏡手術のリアルな3D映像をリアルタイムで3D配信することも可能で、遠隔医療支援の高度化にも貢献します。

 近年医療現場では、手術室の効率的運用や安全性の向上を目的とした「医療映像ソリューションシステム」の導入がすすんでいます。当社は、放送局向け機器で培った技術を基に、AV・ITと組み合わせた医療映像ソリューションに注力し、「撮る・貯める・見る・共有する」一連の周辺機器群を展開しています。
 さらに、高精細かつ精度の高い奥行き情報まで認識できるリアルな3D映像は、医療現場において大変有用で、大きな潜在的ニーズがあると予測しており、市場に先駆けて、医療映像ソリューションの3D対応を積極的に推進していきます。

 ソニーは、中長期に成長を目指す事業領域の一つであるメディカル事業の中で、医療現場の周辺機器の拡充、製品ラインナップの強化につとめ、品質の高い革新的な製品を提供していきます。

「MCC-3000MT」の主な特長

1.左右のカメラヘッドの同時制御が可能

 3D撮影の際に問題となる左右のカメラの色ずれ、ホワイトバランスなどを一度の操作で調整できます。また、左右それぞれを個別に制御することも可能で、2台の2Dカメラとしても使用できます。1台のコントロールユニットで同時に2か所の術野を撮影することが可能です。

2.手術顕微鏡に適した1/2型3CMOSセンサー採用

 有効画素数207万画素(1,920×1,080)の1/2型HD “Exmor”3CMOSイメージセンサーを搭載。
ソニーのセンサー技術を結集し、高感度(F10)、低ノイズ(54dB)、高解像度(1000TV本)、広いダイナミックレンジを実現しています。

3.多様な撮影モードを搭載

 映像反転、スポット測光モードを標準搭載しています。設定したホワイトバランスを保存する「Picture Profile」機能は、6パターンまで記憶・選択可能です。


  「MCC-3000MT」背面パネル
4.医療の現場に適した2×HD-SDIインターフェース採用

 近年、手術映像の出力は、術者だけでなく手術室内のスタッフや、手術室外の医師、コメディカルスタッフとも共有する要求が高まっています。そこでソニーは、映像伝送損失の小さいHD-SDIインターフェースを採用。5CFB相当の同軸ケーブルを用いることで、最長100m先のモニターに映像を伝送することができるため、天吊りや壁掛けモニターはもちろん、手術室外への映像伝送も容易に実現できます。

5.2系統の3D出力により、フレキシブルなワークフローを実現

 3D映像の出力は2系統を搭載。3Dモニターだけでなく、2Dモニターにも従来通り2D映像を表示させることが可能です。また、3Dの視聴環境が整っていない場面で用いる映像を記録する際は、片側の出力のみを利用することで従来通りの2D映像出力も可能です。
 ソニーの3Dレコーダーおよび3Dモニターを接続すれば、これまでの2D映像撮影と変わらないワークフローを3Dで実現します。

ソニーの医療用3D対応機器群

  • 24型3D対応液晶モニター「LMD-2451MT」
♦24型3D対応液晶モニター「LMD-2451MT」オープン価格 (既発売)

-円偏光方式の3D表示に対応した高精細、高性能マルチ フォーマット液晶モニター
-3D信号を入力できる別売りの3G/HD/SD-SDI入力アダプター「BKM-250TG」を装着することで、
 デュアルストリームHD-SDI信号をはじめとする様々な3D信号に対応可能
-2D/3D選択機能で、2D/3Dどちらにも使用可能
-長時間におよぶ業務を考慮したデザイン、かつ本機に最適化した専用3Dメガネを付属

  • 3DメディカルHDレコーダー「HVO-3000MT」
♦3DメディカルHDレコーダー「HVO-3000MT」オープン価格(9月17日発売)

HD/SD-SDIやDVI-Dなどのマルチインターフェースを標準装備。
HD術野カメラ映像と生体情報モニターの画像をブルーレイディスクなどへ長時間記録

  • イメージマルチプレクサー「VMI-40MD」
♦イメージマルチプレクサー「VMI-40MD」 オープン価格 (9月17日発売)

医療現場における様々な映像を統合し、最大で4つの映像を1画面に合成して表示でき、ネットワークを介して合成した映像を送信することも可能

システム接続(例) 3DメディカルHDレコーダー「HVO-3000MT」の場合

  • システム接続(例) 3DメディカルHDレコーダー「HVO-3000MT」の場合

主な仕様

カメラ  撮像素子 1/2型CMOSイメージセンサー、有効画素数(水平×垂直):1,920×1,080
     方式 RGB 3板方式
     分光系 F2.2以上(プリズム方式)
     レンズマウント Cマウント
     感度 F10(Typical)、(1080/60iのとき、89.9%反射、2,000ルクス)
     最低被写体照度 9ルクス(F2.2、+21dB)
     映像SN比 54dB(Y) (Typical)
     水平解像度 1,000TV本以上(HD SDI、HQ1080のとき)
     変調度 45% (27.5MHz)
     ゲイン 0〜21dB、AGC
     シャッター速度 1/60〜1/16,000秒 (Country設定がPAL)または 1/20,000秒(Country設定がNTSC)
     スローシャッター 2〜8フレーム、高感度スローシャッター: 16、32、64フレーム
     カメラケーブル端子 丸型20ピン
     ピクチャープロファイル 1〜6
     出力信号 HD-SDI、コンポジットビデオ
     ダウンコンバートモード スクイーズ、レターボックス、エッジクロップ
     シリアル RS-232C
     コンポジット出力 BNC×1
     HD SDI出力 BNC×2 SMPTE292M規格準拠
     EXT SYNC入力 BNC×1
     リモート D-sub 9ピン RS-232C準拠
一般  電源電圧 DC24V
     消費電力 最大36W
     動作温度 0〜40℃
     保存温度 -20〜60℃
     外形寸法
     (幅×高さ×奥行)
カメラユニット: 35×45×50(mm)
コントロールユニット:200×88×341(mm)
     質量 カメラユニット:90g(×2) コントロールユニット:4.5kg
     付属品 三脚アダプター、三脚アダプター固定ネジ×8、レンズマウントキャップ、取り扱い説明書
「ご使用になる前に」、CD-ROM、保証書



※お客様からのお問い合わせ先 :ソニービジネスソリューション(株) 業務用商品相談窓口
TEL 0120-788-333 (フリーダイヤル)、
0466-31-2588(携帯電話・PHS・一部のIP電話などフリーダイヤルがご利用になれない場合)
受付時間 9:00〜18:00(土・日・祝日、および年末年始は除く)
ソニー製品情報URL sony.jp/pro/
メディカル関連機器オフィシャルサイトURL sony.jp/medical/
このページの先頭へ