ニュースリリース

コンテンツメニュー
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。
2012年08月30日

IFA 2012出展について モバイルを軸に機器間の連携を強化した新商品群、84V型4K対応液晶テレビなどを初公開


 ソニーは、ドイツ・ベルリンにて現地時間8月31日(金)から開催される世界最大級のコンスーマーエレクトロニクスショー「IFA 2012」において、Xperia™スマートフォン、タブレットデバイス、パーソナルコンピューターVAIOなどのモバイル商品を軸に機器間の連携機能を強化した新商品群や、84V型の大画面で高精細の映像、迫力あるサウンドをお楽しみいただける4K対応液晶テレビ<ブラビア>などを展示します。
 ソニーは、多様なハードウェア、ネットワークサービス、アプリケーションを連携・融合することで創造される快適なユーザー体験や、迫力の映像とサウンドによる臨場感あふれるホームエンタテインメントなどを通じて、今後もお客さまに新たな顧客体験をお届けしていきます。

 一般公開に先立ち、現地時間8月29日(水)に行った記者会見では、ソニー株式会社 社長 兼 CEOの平井一夫が、以下の内容を表明しました。
1. モバイル商品を軸に、多様な商品・ネットワークサービスを組み合わせた快適で新しいユーザー体験

 ソニーの3つの重点事業領域の1つであるモバイル事業の領域においては、Xperia™スマートフォンの新商品3機種を発表しました。さらに今後タブレットデバイスにおいてもスマートフォンと同じXperia™ブランドを使用し、スマートフォンで培ってきた、デザイン・機器連携・ネットワークサービスを通じて、ユーザーの楽しみを拡げるモバイル体験をタブレットデバイスにも拡大していく旨を発表し、新ブランド最初の商品となるXperia™ Tablet Sを披露しました。更に、VAIOではWindows 8を搭載し、直観的なタッチ操作に加え、ユニークなデザインやアプリなどを通じて、新しい顧客体験を提供していくことを発表しました。これらのモバイル商品には共通の、ソニーのメディアアプリケーション(“Sony’s media applications”)を搭載し、動画・音楽・写真などのコンテンツをお楽しみいただく際のインターフェースを共通化しています。

 プレスカンファレンスでは、これらのモバイル商品を軸に、その他の商品、ネットワークサービス、アプリケーションを連携・融合することで創造される快適なユーザー体験の例として、ワンタッチ機能※1やClearAudio+(クリアオーディオプラス)などを紹介しました。

 ワンタッチ機能は、ソニーの機器同士をかざすだけで、BluetoothやWi-Fiの接続設定をすることなくワイヤレス接続し、さまざまな機器を通して簡単に音楽や写真などを楽しめる機能です。例えば、スマートフォンなどで再生している音楽を、外出先ではヘッドホン、自宅ではスピーカーやVAIOなどに、ワンタッチで切り替えて聴くことができるなど、快適なユーザー体験を提案します。

 ClearAudio+は、ソニー独自のさまざまなデジタル信号処理技術を組み合わせることで、ソニーならではの音を手軽に楽しめるモードで、Xperia™スマートフォン、タブレット、VAIOなどのモバイル商品に共通して搭載されます。ソニーの複数のオーディオ技術を盛り込みながらも複雑な設定をすることなく、一回の操作で低域から高域までソニーがお勧めするクリアかつ臨場感ある音を簡単に楽しめます。

 また、Wi-Fi搭載のレンズ交換式小型一眼カメラ『NEX-5R』では、スマートフォンやタブレットデバイスとカメラを連携させて、露出調整やシャッター操作をモバイル機器で行う新たな撮影の楽しみ方を紹介しました。合わせて、商品購入後もWi-Fi経由でカメラに直接アプリをダウンロードし、カメラの撮影機能などを進化させるアプリケーションダウンロードサービス “PlayMemories Camera Apps” (プレイメモリーズカメラアップス)の導入も発表しました。
※1 ワンタッチ機能は、近距離無線通信技術NFCを活用したものです。

2. 4K対応液晶テレビ<ブラビア>などを通じて、臨場感溢れる映像視聴体験をお客さまに提供

 今回のIFAのもう一つのハイライトとして、84V型の4K対応液晶テレビ<ブラビア>を世界全地域で年内より順次発売することを発表しました。超解像高画質回路「4K X-Reality PRO」が実現する大画面での高精細な映像体験、また、大画面に最適化したサイドスピーカーによる高音質で迫力あるサウンドにより、臨場感溢れる映像視聴体験をご家庭にお届けします。

 ソニーは既に、業界最高画質の4K映像を撮影できるCineAltaカメラ「F65」を始めデジタルシネマプロジェクターなどの展開で、4K映像コンテンツ制作の市場開拓をリードしてきました。また、昨年発売した家庭用4Kホームシアタープロジェクターに加え、今回新たに家庭用テレビを商品化することで4Kの映像エンタテインメントをご家庭にさらに広げていきます。

 また、ソニーが従来から高音質の追求に注力しているオーディオの分野では、ソニー・ミュージックエンタテインメントの協力の下で現代の音楽にマッチする音響特性を実現し、さらに快適な装着感を実現した新しいヘッドホン『MDR-1』シリーズを紹介しました。加えて、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団との協業関係を拡大し、ソニーの撮影、編集機材をベルリン・フィルに導入することで、今後フルHDでの高画質、高音質なコンサート映像を家庭用ホームエンタテインメント商品に配信していくほか、ベルリン・フィルのトーンマイスターと共に音質評価、商品開発を行い、将来的にホームシアターなどの商品展開につなげるなどの取り組みについて発表しました。

主な展示内容

・新型スマートフォン Xperia™ T, Xperia™ V, Xperia™ J
約1300万画素のカメラを内蔵し、美しいHD画質を楽しめる4.6型液晶を搭載したXperia™ T、高速無線通信LTEに対応し、防水機能を備えたXperia™ V、スタイリッシュなデザインが特徴のXperia™ Jの3機種を来月以降順次発売します。NFCを搭載するXperia™ Tと Xperia™ Vはワンタッチ機能に対応しており、例えばNFC搭載のBluetoothスピーカー「SRS-BTV5」「SRS-BTM8」や、NFC搭載のBluetoothヘッドホン「MDR-1RBT」にスマートフォンをかざすだけで、Bluetoothの接続が完了し、簡単にワイヤレスでの音楽再生が楽しめます。

・タブレットデバイス Xperia™ Tablet S
新たにXperia™ブランドとして展開するXperia™ Tablet Sでは、キッチンなどで濡れた手でも扱える生活防水(IPX4防滴)、豊富なアプリケーションなどを通じて多彩な使い方を提案します。

・パーソナルコンピューター VAIO® Tap 20、 VAIO® Duo 11
液晶の角度を変えて用途に応じた使用が可能な20型液晶搭載のVAIO® Tap 20、液晶の開閉でタブレットのようにも使えるモバイルPC、VAIO® Duo 11など、Windows 8の特長であるタッチを最大限に活用したユニークなデザインにより、お客さまにさまざまなPCの用途を提案します。

・レンズ交換式一眼カメラ“α”シリーズ Eマウントカメラ『NEX-5R』
レンズ交換式カメラ“α”として初めてWiFi機能を搭載し、カメラが進化するアプリケーションダウンロードサービス“PlayMemories Camera Apps”に対応。有効約1610万画素のイメージセンサー、動体への追従性、高速性に優れたAFシステム「ファストハイブリッドAF」を搭載し、基本性能を充実させています。

・アクションカム「HDR-AS15」
スポーツなどのアクティブシーンでの撮影を想定し、身体や自転車のハンドル等に装着して撮影していただくためのビデオカメラを発売します。暗いシーンでもきれいに撮れる裏面照射型 “Exmor R” CMOSイメージセンサー、手ブレ補正機能を搭載したほか、別売のアクセサリーを活用することにより、従来は難しかった様々なシーン、アングルでの撮影をお楽しみいただけます。

・“PlayMemories Camera Apps”
カメラ向けのアプリケーションダウンロードサービス“PlayMemories Camera Apps”を10月から17カ国にて展開することを発表しました。スマートフォンと連携し、シャッター操作などをモバイル機器から遠隔に行うことを可能にする“Smart Remote Control”(スマートリモートコントロール)アプリや撮影写真を加工するアプリなどを提供し、撮影、編集の利便性を高め、楽しみを広げます。

・84V型4K対応液晶テレビ <ブラビア>
フルHDの4倍となる約829万画素を持つ84V型の4K液晶パネル(3840画素×2160画素)と、超解像高画質回路「4K X-Reality PRO」の搭載により、高精細の大画面映像、高音質で迫力あるサウンドを実現。世界全地域で年内より順次発売します。

・ヘッドホンMDR-1シリーズ
音楽を最大限楽しんでいただけるよう、音質、装着性、デザインにこだわり、現代音楽の特長である重低音域の再現性を強化したヘッドバンドタイプのヘッドホン「MDR-1」シリーズ3機種を発売します。スタンダードモデルに加え、ワンタッチ機能に対応したモデルやノイズキャンセリング機能を搭載した機種があります。

・ワイヤレススピーカーシステム『SRS-BTM8』、『SRS-BTV5』
ワンタッチ機能に対応したワイヤレススピーカー2機種を発売します。持ち運びやすい、取っ手付きのデザインを採用した『SRS-BTM8』と、手のひらサイズのワイヤレススピーカー『SRS-BTV5』に、NFC搭載のスマートフォンをタッチするだけで、簡単にBluetoothの接続が完了し、簡単にワイヤレスで音楽再生が楽しめます。

・ヘッドマウントディスプレイ“Personal 3D Viewer”『HMZ-T2』
720p HD有機ELパネルにより、高品位で臨場感のある映像体験をお届けするヘッドマウントディスプレイの新商品を発売します。新たにヘッドホンを交換可能な構造にすることで、好みの音でバーチャルサラウンドをお楽しみいただけるほか、映画やゲームの動きをよりリアルに再現する映像技術を搭載。従来モデル比で20%以上軽量化し、快適な装着感を実現しました。

・電子書籍リーダー“Reader”『PRS-T2』
前ページで表示されていた文字の残像を抑える独自のアルゴリズムにより、画面の白黒反転を低減し、さらに快適な読書を実現。高い操作性とスタミナ性能を薄型軽量ボディで実現すると同時に、Facebook®とEvernote®へも新規対応し、新たな楽しみを提案しています。


 なお、この他の欧州市場向け新商品の詳細は、http://presscentre.sony.eu/をご覧下さい。

※ VAIOはソニー株式会社の登録商標または商標です。
※ “α”、“Reader”、“Sony Entertainment Network”は、ソニー株式会社の商標です。
※「Xperia」は、Sony Mobile Communications AB の商標または登録商標です。
※ その他、記載されている製品名等は各社の登録商標あるいは商標です。
このページの先頭へ