ニュースリリース

コンテンツメニュー
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。
2012年09月07日

4K高画質コンテンツ制作環境を構築

—ハイエンドコンテンツ制作ツールメーカー AutodeskがF65ワークフローに対応—



  • F65

  • 4Kカラーグレーディングファシリティ(イメージ)
 ソニーは業界最高画質で4K映像を撮影できるCineAltaカメラF65の記録フォーマットである「SRMASTERフォーマット(F65 RAWファイル及び2K/HD MPEG4 SStP(Simple Studio Profile))」をオープンプラットフォームな技術方式と決め、昨年来、映像制作機器メーカー各社へ技術仕様の公開や開発支援を通じて幅広く提案をしてきました。

 これによりオン・セット・デイリーズ(撮影現場での映像確認機器やシステム)や、ノンリニア編集、カラーグレーディング、インジェスト(映像のポストプロダクションシステムへの取り込み)、コンポジット(編集工程での色調整やVFXとの合成)まで、17社のメーカーが今春までにソニーのSRMASTERフォーマットに対応をしています。

 そして、Autodesk(オートデスク)の製品群がソニーのF65 RAWに年内に対応することが決まりました。
 オートデスクの合成・編集・カラーグレーディングソフトウェアは、ハリウッドをはじめとした全世界のポストプロダクションシステムに幅広く導入されており、映画やドラマ、CMなど高画質ハイエンドコンテンツ制作で多くの実績を残しています。
 F65RAWに対応する製品はAutodesk® Flame® Premium、Autodesk® Flame®、Autodesk® Smoke® Advanced とAutodesk® Lustre®の2013バージョンです。今回の採用により、ソニーの4Kフォーマットコンテンツは、業界のほぼ全てのポストプロダクションシステムにおいて扱えるようになり、業界のスタンダードフォーマットとなる環境が構築されます。

 現在、全世界でF65による30作品以上の映画制作が進行中であり、この他プライムタイムのドラマや、CMでも 多数の作品でF65フォーマット映像が採用されています。
 Autodeskの4Kフォーマット(F65 RAW)対応は、この動きを加速するものとなります。

 ソニーは、これからも映像表現の可能性を追求するクリエーション領域を支援し、エンタテインメント市場の活性化と人々の楽しみにプロフェッショナルソリューションの技術で応えていきます。

※SRMASTERはソニー株式会社の登録商標です。
※その他、当プレスリリースに記載された社名、製品名は各社の登録商標、または商標です。

※お客様からのお問い合わせ先 :ソニービジネスソリューション(株) 業務用商品相談窓口
TEL 0120-788-333 (フリーダイヤル)、
0466-31-2588(携帯電話・PHS・一部のIP電話などフリーダイヤルがご利用になれない場合)
受付時間 9:00〜18:00(土・日・祝日、および年末年始は除く)
ソニー製品情報URL sony.jp/pro/
CineAltaオフィシャルサイトURL sony.jp/cinealta/
SRMSTERオフィシャルサイトURL sony.jp/srmaster/
このページの先頭へ