ニュースリリース

コンテンツメニュー
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。
2012年09月07日

放送局からプロダクションまで 幅広い映像制作をサポートする
XDCAM HD422シリーズの商品群を拡充

「MPEG HD422(50Mbps)収録」に対応したメモリーカムコーダーとフィールドレコーダーの2機種を発売



  • XDCAMメモリーカムコーダー「PMW-160」(左)  XDCAM HD422フィールドレコーダー「PMW-50」(右)
 ソニーは、放送・業務用映像制作機器のXDCAM HD422シリーズに、1/3型フルHD“Exmor”3CMOSイメージセンサーを搭載し、高感度で低ノイズの高画質撮影が可能なメモリーカムコーダー『PMW-160』と、バッテリー駆動によりロケ先などでも使用できるフィールドレコーダー『PMW-50』の2機種を発売します。

型名 発売日 メーカー希望小売価格
XDCAMメモリーカムコーダー
『PMW-160』
2012年11月20日 630,000円
(税抜価格600,000円)
XDCAM HD422フィールドレコーダー
『PMW-50』
2012年12月20日 504,000円
(税抜価格 480,000円)

 XDCAM HD422シリーズは、放送局や映像プロダクションなどの高品位な映像制作の現場で広く採用されている「MPEG HD422(50Mbps)」収録に対応した機器で、スタジオ用の据え置き型のレコーダーやショルダータイプのカムコーダーなど、すでに幅広い商品群を展開しています。
 今回発売する『PMW-160』は、ドキュメンタリーやニュース取材などに適したハンディタイプのカムコーダーで、1/3型フルHD“Exmor”3CMOSイメージセンサーを搭載し、高感度で低ノイズでの撮影が可能です。撮影した映像は、業務用のSxSメモリーカードへMPEG HD422(50Mbps)コーデックで記録でき、高画質記録とハンディタイプならではの高い機動性を両立しているモデルです。
 一方 『PMW-50』は、SxSメモリーカードへHD422(50Mbps)コーデックで記録できることに加え、バッテリー駆動が可能なポータブルタイプのレコーダーで、ロケ先での収録映像の確認や、カムコーダーにHD-SDIで接続してカムコーダーと同時に収録することによりバックアップ収録用として活用できます。
 映像制作の現場では、HD映像の普及により高画質な映像制作が不可欠になってきている一方で、より効率的なワークフローも必要とされています。XDCAM HD422シリーズは、高画質記録と、既存の制作ワークフローをそのまま活用できる効率の良さを兼ね備えており、ソニーは、『PMW-160』と『PMW-50』の2機種をXDCAM HD422シリーズに加えることで、様々な映像制作現場のワークフローを、充実した商品構成でサポートします。

 なおソニーは、XDCAM HD422シリーズのハンディカムコーダーにおいて、高画質撮影とより高いレンズ操作性を備えたハイエンドモデル『PMW-200』と、より軽く機動性を重視した『PMW-100』に、高画質撮影と機動性のバランスをとった『PMW-160』を加えて、全3機種をそろえました。ビデオパッケージ、舞台撮影に加えてブライダルなどのプロダクション向けや、CATV/放送局の取材用など様々なニーズにあわせて、最適なカメラをお選びいただけます。

XDCAMメモリーカムコーダー「PMW-160」の主な特長

1. 1/3型フルHD“Exmor”3CMOSイメージセンサーによる、高感度F9と低ノイズS/N比54dBを実現
 撮像素子に、1/3型 フルHD“Exmor”3CMOSイメージセンサーを搭載。
 映像信号処理のプロセスを最適化することで、F9の高感度とS/N比54dBの低ノイズを実現し、高画質な収録が可能です。

2. 記録ビットレート50Mbps、フルHD、MPEG HD422記録に対応
 記録ビットレート50Mbps、フルHD、4:2:2サンプリングに対応したMPEG HD422コーデックでSxSメモリーカードへ高画質記録が可能です。ファイル形式は業界標準となっているMXFファイル形式を採用しています。
 50Mbpsの高ビットレートにより動きのある被写体に強く、4:2:2サンプリングにより色の細かい描写やクロマキー合成にも強いだけでなく、放送局やCATVで既に取材用フォーマットとしてご採用いただいている場合、ハンディで収録した素材もショルダーカムコーダーで収録した素材と同じワークフローで運用することが可能です。
 記録フォーマットはMXF 50Mbpsだけでなく、MXF 35Mbpsや“XDCAM EX”で採用されているMP4ファイル形式での35Mbps/25Mbps記録やDVCAM記録にも対応。様々な用途やワークフローで活用ができます。
  • 高精細液晶モニター
3. 約123万画素(WVGA)の高精細液晶モニター搭載
 フルHD収録で必要となる正確なフォーカス合わせを強力にサポートする約123万画素の高精細液晶モニターを搭載しました。
  • 「Wi-Fi Remote」機能
4. スマートフォンやタブレットからワイヤレスでカムコーダーの制御が可能な 「Wi-Fi Remote」機能
 本機のオプション端子にWi-Fiアダプター 「CBK-WA01」(別売)を接続することにより、対応スマートフォンやタブレット端末からワイヤレスでカムコーダーのアイリス、ズーム、フォーカス、ホワイトバランス、RECスタート/ストップ、などをコントロールできます。
別売のWi-Fiアダプター 「CBK-WA01」が必要です。
アドホックモードに対応していない端末を使う場合は別途アクセスポイントが必要となります。
5.タイムコードおよびゲンロック端子を装備
 ショルダーカムコーダーとの組み合わせ収録などマルチカメラ制作に不可欠なTC(タイムコード)入出力端子、 Genlock入力端子を標準装備しています。

6. 光学20倍 高倍率ズームレンズ搭載
 ワイド端 約29.5mm(35mm換算)の20倍ズームレンズを搭載。
 フォーカス、ズーム、アイリスそれぞれに独立したコントロールリングにより、臨機応変なマニュアル調整が可能です。また、NDフィルター(光量調整フィルター)は、1/4、1/16、1/64の3枚を内蔵しており、日中などの明るい環境下でもアイリス値を適切に設定し、撮影意図に合わせた映像を撮影することが可能です。

XDCAM HD422フィールドレコーダー「PMW-50」の主な特長

1. 記録ビットレート50Mbps、フルHD、MPEG HD422の再生記録に対応
 記録ビットレート50Mbps、フルHD、4:2:2サンプリングに対応したMPEG HD422コーデックで、SxSメモリーカードへ高画質記録が可能です。ファイル形式は業界標準となっているMXFファイル形式を採用しています。
 50Mbpsの高ビットレートにより動きのある被写体に強く、4:2:2サンプリングにより色の細かい描写やクロマキー合成にも強くなっています。
 記録フォーマットはMXF 50Mbpsだけでなく、MXF 35Mbpsや“XDCAM EX”で採用されているMP4ファイル形式での35Mbps/25Mbps記録やDVCAM記録にも対応。様々な用途やワークフローで活用ができます。

2. バッテリー駆動に対応し、ロケ先での使用が可能
 XDCAM HD422シリーズのハンディタイプのカムコーダー「PMW-200」「PMW-160」「PMW-100」と共通のバッテリー(「BP-U90」「BP-U60」「BP-U30」)での駆動が可能です。ロケ先などで、撮影した映像を確認するビューワーとして使用できるほか、HD-SDI出力を装備したカムコーダーと接続することにより、カムコーダーにHD-SDIで接続してカムコーダーと同時に収録することによりバックアップ収録用としても利用可能です。

3. HD-SDI入出力を本体に装備
 同軸ケーブル1本でハイビジョンの映像および音声を伝送し、主に放送局などの業務用映像機器間を接続するHD-SDI入出力を本体に装備しています。カメラから直接信号を入力し記録したり、業務用モニターに手軽に高画質な再生映像を表示することも可能です。

4. 約123万画素の3.5インチ高精細モニター搭載
 高精細液晶モニターを搭載していますので、ロケ先などでも別途モニターを用意することなく、収録映像を確認することができます。

5. ハードディスクへの素材のバックアップ機能
 本機のオプション端子にUSBインターフェースを備えたハードディスクを接続することで、SxSメモリーカードに記録した素材をハードディスクにバックアップコピーすることが可能です。
 大容量のハードディスクを利用することで長期間にわたる撮影取材も可能になります。
※1:ファームウェアのバージョンアップ(2013年春以降リリース予定)にて対応致します。

6. 長時間収録をしつづける『ループREC』機能搭載
 2枚のSxSメモリーカードを使用し、メモリーカードが一杯になったら、上書き収録することにより収録を続ける『ループREC』機能を搭載。永続的に収録を維持することができ、地震監視用定点カメラなど、収録タイミングがわからない状況でも逃すことがありません。
※1:ファームウェアのバージョンアップ(2013年春以降リリース予定)にて対応致します。

XDCAMメモリーカムコーダー「PMW-160」の主な仕様

■一般
質量 約2.1kg(本体のみ)
外形寸法(幅×高さ×奥行) 172×164×326mm(突起部含まず)
電源電圧 DC12V
記録フォーマット
(UDFモード/MXF)
MPEG HD422
(HD422 50)
ビデオ MPEG-2 422@HL:50Mbps(CBR)
1920×1080、1280×720
オーディオ リニアPCM 24bit 48kHz 4ch
MPEG HD
(HD420 HQ)
ビデオ MPEG-2 MP@HL:35Mbps(VBR)
1440×1080、1280×720
オーディオ リニアPCM 16bit 48kHz 4ch
DVCAM ビデオ DVCAM:25Mbps(CBR)
720×480、720×576
オーディオ リニアPCM 16bit 48kHz 4ch
記録フォーマット
(FATモード/MP4)
MPEG HD
(HQ)
ビデオ MPEG-2 MP@HL:35Mbps(VBR)
1920×1080、1440×1080、1280×720
オーディオ リニアPCM 16bit 48kHz 4ch
MPEG HD
(SP)
ビデオ MPEG-2 MP@H14:25Mbps(CBR)
1440×1080
オーディオ リニアPCM 16bit 48kHz 4ch
DVCAM ビデオ DVCAM:25Mbps(CBR)
720×480、720×576
オーディオ リニアPCM 16bit 48kHz 2ch
記録フレームレート HD 1920×1080/59.94i、50i、29.97P、25P、23.98P
1440×1080/59.94i、50i、29.97P*1、25P*1、23.98P*1
1280×720/59.94P、50P、29.97P*2、25P*2、23.98P
SD 720×480/59.94i、29.97PsF
720×576/50i、25PsF
記録/再生時間*3
(64GBメモリー使用時)
MPEG HD422 50Mbps:約120分(MXF)
MPEG HD 35Mbps:約180分(MXF)約200分(MP4)
25Mbps:約280分(MP4)
DVCAM 25Mbps:約220分(MXF)、約260分(MP4)

■レンズ
ズーム比 光学20倍、電動/手動切り換え可能
焦点距離 f=4.1〜82.0mm (35mm換算 29.5〜590mm)
絞り F1.6〜F11 オート/マニュアル切り換え可能
フォーカス オート/マニュアル切り替え可能
手ブレ補正 シフトレンズ方式、ON/OFF 可能

■カメラ部
撮像素子 1/3型”Exmor” CMOSイメージセンサー RGB3板式
有効画素数(H×V) 1920×1080
内蔵フィルター OFF:クリア、1:1/4ND、2:1/16ND、3:1/64ND
感度(2000lx、反射率89.9%) F9(標準)(1920×1080/59.94iモード)
SN比 54dB(Y)(標準)
水平解像度 1000TV本以上(1920×1080iモード)
スローシャッター 2、3、4、5、6、7、8、16、32、64フレーム蓄積
スロー&クイックモーション*4 720p 1〜60fps 切り換え可能*5
1080p 1〜30fps 切り換え可能*6
ホワイトバランス プリセット(3200 K)、メモリーA、メモリーB/ATW
ゲイン −3、0、3、6、9、12、18dB、AGC

■入/出力端子
SDI OUT BNC×1(HD-SDI/SD-SDI切り替え可能)
HDMI HDMIコネクター(Type A)×1
VIDEO OUT(HD-Y/COMPOSITE)/GENLOCK IN BNC×1
(VIDEO OUT/GENLOCK IN切り替え式)
A/V OUT AVマルチコネクター×1
AUDIO IN XLRタイプ 3ピン(凹)×2、LINE/MIC/MIC+48V切り替え式
i.LINK IN/OUT IEEE1394 S400、4ピンコネクター×1
TC IN/OUT BNC×1(TC IN/OUT切り替え式)
USB ミニType B端子×1
PHONES ステレオミニジャック×1
DC IN DCジャック×1
LENS 8ピン×1

■表示部
ビューファインダー 0.45型、アスペクト比 16:9、852(H)×3RGB×480(V)(相当)
LCDモニター 3.5型、アスペクト比 16:9、852(H)×3(RGB)×480(V)

■メディアスロット
タイプ ExpressCard/34×2

*1:SPモード時は29.97P、25Pは収録できません。同じく23.98Pは2-3プルダウンの60iとして収録されます。
*2 UDF HD420 HQモード時は29.97P, 25Pは収録できません。
*3:記録時間は目安です。またVBRの場合は可変ビットレートでの記録となるため、実際の記録時間は撮影する絵柄などにより変動します。
*4 スロー&クイックモーション撮影機能はHD収録時のプログレッシブモード(UDFモード:HD420 HQ 29.97P, 25P, 23.98PおよびFATモード:1440×1080を除く)で使用できます。音声は記録できません。
*5:UDF/PALモード時は1-50フレームとなります。
*6:UDF/PALモード時は1-25フレームとなります。

XDCAM HD422フィールドレコーダー「PMW-50」の主な仕様

■一般
電源電圧 DC12V
記録フォーマット
(UDFモード/MXF)
MPEG HD422
(HD422 50)
ビデオ MPEG-2 422P@HL:50Mbps(CBR)
オーディオ リニアPCM 24bit 48kHz 4ch
MPEG HD
(HD420 HQ)
ビデオ MPEG-2 MP@HL:35Mbps(VBR)
オーディオ リニアPCM 16bit 48kHz 4ch
DVCAM ビデオ DVCAM:25Mbps(CBR)
オーディオ リニアPCM 16bit 48kHz 4ch
記録フォーマット
(FATモード/MP4)
MPEG HD
(HQ)
ビデオ MPEG-2 MP@HL:35Mbps(VBR)
オーディオ リニアPCM 16bit 48kHz 4ch
MPEG HD
(SP)
ビデオ MPEG-2 MP@H14:25Mbps(CBR)
オーディオ リニアPCM 16bit 48kHz 4ch
DVCAM ビデオ DVCAM:25Mbps(CBR)
オーディオ リニアPCM 16bit 48kHz 2ch
記録/再生時間*1
(64GBメモリー使用時)
MPEG HD422 50Mbps:約120分(MXF)
MPEG HD 35Mbps:約180分(MXF)約200分(MP4)
25Mbps:約280分(MP4)
DVCAM 25Mbps:約220分(MXF)、約260分(MP4)

■入/出力端子
SDI IN BNC×1(HD-SDI/SD-SDI切り替え可能)
SDI OUT BNC×1(HD-SDI/SD-SDI切り替え可能)
VIDEO OUT(HD-Y/COMPOSITE) BNC×1
HDMI HDMIコネクター(Type A)×1
AUDIO OUT RCA ピン×2
i.LINK IN/OUT IEEE1394 S400、4ピンコネクター×1
USB Type B端子×1
PHONES ステレオミニジャック×1
DC IN DCジャック×1

■表示部
LCDモニター 3.5型、アスペクト比 16:9、852(H)×3(RGB)×480(V)

■メディアスロット
タイプ ExpressCard/34×2

*1:記録時間は目安です。またVBRの場合は可変ビットレートでの記録となるため、実際の記録時間は撮影する絵柄などにより変動します。

注:XDCAM、XDCAM EX、MPEG HD422、Exmor、SxSとそのロゴは、ソニー株式会社の商標です。なお、本文中では™、®マークは明記していません。

※お客様からのお問い合わせ先 :ソニービジネスソリューション(株) 業務用商品相談窓口
TEL 0120-788-333 (フリーダイヤル)、
0466-31-2588(携帯電話・PHS・一部のIP電話などフリーダイヤルがご利用になれない場合)
受付時間 9:00〜18:00(土・日・祝日、および年末年始は除く)
ソニー製品情報URL sony.jp/pro/
“XDCAM”オフィシャルサイトURL sony.jp/xdcam
このページの先頭へ