ニュースリリース

コンテンツメニュー
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。
2012年09月07日

新設計のコントロールパネルを装備したMVSシリーズ3機種を発売
ライブ制作向けスイッチャーのラインアップを拡充



  • マルチフォーマットプロダクションスイッチャープロセッサー「MVS-6530」、「MVS-6520」、「MVS-3000」

  • マルチフォーマットプロダクションスイッチャー「MVS-6530」、「MVS-6520」、「MVS-3000」 用コントロールパネル (ボタン色点灯有り)
 ソニーは、既発売の「MVS-8000X/7000X」に加え、小型・低消費電力化や操作性の向上を図り、かつ導入しやすい価格帯を実現したマルチフォーマットプロダクションスイッチャー「MVS-6500シリーズ」、「MVS-3000」を発売します。本機を、主に業務用スタジオ、スタジアム、中継車などのライブ制作現場に提案していきます。

型名 発売日 メーカー希望小売価格
マルチフォーマットプロダクションスイッチャー
「MVS-6530」
11月1日 システム参考価格(最小構成における)
14,857,500円(税抜価格14,150,000円)
マルチフォーマットプロダクションスイッチャー
「MVS-6520」
システム参考価格(最小構成における)
7,507,500円(税抜価格7,150,000円)
マルチフォーマットプロダクションスイッチャー
「MVS-3000」
システム参考価格(最小構成における)
3,885,000円(税抜価格3,700,000円)

 スイッチャーとは、複数のカメラで撮影された映像を切り替えたり、合成したり、様々な映像効果を加えたりする機器です。
 2001年から製品化しているソニーの放送・業務用スイッチャー「MVSシリーズ」は、その映像制作機能と品質から高い評価を得て、放送局を始めとする多くの制作現場に採用されています。HDコンテンツ制作の裾野が年々広がるなか、中小規模のライブ中継制作や、スポーツスタジアムの大型モニターへのライブ映像制作、企業や教育施設で扱う映像など、放送局以外の用途にも導入しやすいHD対応スイッチャーへの要望が高まっています。ソニーは、そのような様々な用途に対応するため、MVSシリーズのラインアップを拡充します。

 「MVS-6500シリーズ」「MVS-3000」共に、MVSシリーズの特長である、映像切り替え時にCGを挿入する「クリップトランジション(CGワイプ)機能」や、映像内に複数のテロップや小窓画像を挿入し自由に移動させる「リサイザー付きキーヤー機能」などを搭載しています。多彩で高度な映像エフェクト機能を継承しながらも、他の機能を厳選し機器構成をシンプルにすることなどで導入しやすい価格帯を実現し、中小規模のHDライブ制作向けスイッチャーとして、提案します。

 また、新設計のコントロールパネルを装備し、表示機に有機EL(OLED)を使用することにより、信号名等の文字も鮮明に読め、多色点灯する機能ボタンを備えることで直感的な操作を実現するなど、機能性を向上させています。

 さらに、複数の画面合成(縮小・拡大・移動・傾斜効果など)に便利な「2.5Dリサイザー機能」、複数の映像を確認できる「マルチビューアー」、色や輝度の補正を行う「カラーコレクション機能」など、映像制作に便利な機能を標準装備しています。

 「MVS-3000」は、教育施設や企業用途など小規模で低予算のHD映像制作用途に向けたライブ制作に必要な機能を、エントリーモデルながらも多数搭載しています。

 ソニーは、プロダクションスイッチャーにおいて、ハイエンドの「MVS-8000X」、「MVS-7000X」に、ミドル〜エントリークラスである今回のシリーズを加えることで、様々な映像制作現場に提案していきます。

  • <スイッチャー使用現場(イメージ):左から、映像副調整室、スポーツスタジアム>

「MVS-6500シリーズ」、「MVS-3000」の主な特長

1. 新設計の専用コントロールパネル
 実績のある「MVSシリーズ」スイッチャーの操作体系を踏襲し、エントリークラスからハイエンドの運用に馴染んだお客様まで、多彩な映像制作を簡単に行えます。また、コントロールパネル上の表示器には有機ELパネルを使用し、複数の色に点灯するクロスポイントボタンを実装することにより、操作に確実性を求められるライブ運用現場での視認性を高めています。
 さらに、使用しているクロスポイントボタンやフェーダーなどの重要な機構部品はソニー社内で設計することにより、将来に渡る安定した動作を確保しています。動作設定などに使用するメニュー画面は、「MVS-6500シリーズ」では専用のタッチメニューパネル(ICP-6511)を使用し、「MVS-3000」では市販のタッチディスプレイを組み合わせて使用します。

  • <有機ELパネルを使用した表示器と複数色に点灯するクロスポイントボタン>
2. 運用規模に応じて選択できるラインアップ
 「MVS-6530」は3M/Eに対応し、48入力・32出力・16キーヤーのスイッチャーです。また、「MVS-6520」と「MVS-3000」は32入力・16出力・8キーヤーで2M/Eに対応しています。このため、運用規模に応じたスイッチャーを選択していただけます。
 映像にテロップや別の画面を合成することのできるキーヤーは、全てリニアキー、ルミナンスキー、パターンキー、クロマキーが可能です。更に合成する画面を縮小・拡大・移動し、傾けることのできる2.5Dリサイザーを使って、デジタル、マルチエフェクト(DME)を使うことなくピクチャー・イン・ピクチャー(P-in-P)等を簡単に作成することができます。(2.5Dリサイザーは 「MVS-6530」に8つ、「MVS-6520」と「MVS-3000」に4つ装備)
 また、「MVS-6500シリーズ」はオプションのプラグインエディターを使用することにより、即時性を要求されるリニア編集用途にも使用できます。

  • <「2.5Dリサイザー」を使用したピクチャー・
    イン・ピクチャー(P-in-P)の例>
3. ライブ動画に様々なエフェクトを加え、画像・動画を重ねる豊富なバックグラウンドトランジション効果を実現
 画像を切り替える際、スイッチャーの一般的な機能であるカット、ミックス(フェード、オーバーラップ)、デジタルマルチエフェクト(DME)を使用したDMEワイプ(「MVS-3000」はリサイザーで実行)などの他、スポーツ中継などで使われることの多い動画クリップを用いたクリップトランジション(CGワイプ) も、簡単な設定と操作で行えます。
 また、クリップトランジションに使用するCG画像を記録・再生する内蔵のフレームメモリーは8系統の出力を装備しており、1,000フレーム以上のフルHD静止画と動画クリップを記憶させることが可能です (HDモード時)。さらに、フレームメモリーは、映像信号に音声信号も重畳して伝送するエンベデッドオーディオにも対応しているので、再生時に印象的な音声を付加できます。

  • <DMEワイプによる画面切り替え例>

  • <クリップトランジション(CGワイプ)の実行例>
 さらに、「MVS-6500シリーズ」は2チャンネルのデジタルマルチエフェクト(DME)機能により、ページターンなどの三次元エフェクトを含む多彩な映像効果を実行できます。(オプションの「MKS-6570」 を使用)
 AUXバス出力に対しては通常のカット切り替えの他にミックス効果を加え、資料映像をAUXバスから出力してプロジェクターで表示しながら進行するような場面で、専用のME列を使用することなく運用が可能です。

  • <デジタルマルチエフェクト(DME)の効果例>
4. 映像制作を支援する多彩な機能
 「MVS-6500シリーズ」と「MVS-3000」は、映像制作システムを構築して運用する際に便利な機能を多く備えています。例えば、自動的に設定された状態や動作をスナップショット、キーフレーム、マクロなど強力なメモリー機能を呼び出して使うことができ、シンプルな操作で確実な運用を行えます。また、複数(4画面及び10画面)の入力信号を1台のモニターに表示し、入力の割り付けや素材名称、ならびにタリーの表示も可能なマルチビューアー出力機能を2系統標準装備しています。
 また、様々な映像信号のフォーマットを変換できるフォーマットコンバーター機能は、最大8つの入力で使用できます(オプションの「MKS-6550」 を使用) 。このフォーマットコンバーター機能は、外部同期のかかっていない映像信号を入力可能にするフレームシンクロナイザー機能や、バーチャルスタジオなどのCGとの合成時に簡単に他の入力信号と映像遅延を合わせることのできるフレームディレイ機能に切り替えての使用も可能です (1080/59.94i または 50i モード時)。
 この他、全ての入力とAUX出力に入力信号の色や輝度を調整する、高性能なカラーコレクション機能を標準搭載しています。

主な仕様

「MVS-6530」
一般仕様 電源 AC 100V〜240V, ±10%, 50/60 Hz
消費電力 4A〜1.7A(全オプション装着時)
動作温度 5℃〜40℃
保存温度 -20℃〜+55℃
外形寸法
(幅/高さ/奥行き)*1
482 x 176 x 486 mm
質量 約 21kg(全オプション装着時)
入出力 最大入力数 プライマリー入力用 BNC型(x48)
SMPTE 292M(HDTV), SMPTE 259M-C(SDTV)
最大出力数 出力用 BNC型(x32)
SMPTE 292M(HDTV), SMPTE 259M-C(SDTV)
リファレンス リファレンス入力 BNC (x2), 75 Ω、ループスルー出力付き
HDTV システムのとき: HD 3値シンク/SDTV アナログシンク/アナログブラックバースト
SDTV システムのとき: アナログブラックバースト/アナログシンク
コントロール MVS LAN RJ-45 (x1), 1000BASE-T
UTIL(SW) RJ-45(x1), 1000BASE-T
UTIL(SCU) RJ-45 (x1), 1000BASE-T
リモート1〜4 D-sub 9ピン (x4), RS-422A
リモートS1-S2 D-sub 9ピン (x2), RS-422A
タリー/GPI D-sub 25ピン(x4), TTL入力 (x18), オープンコレクター出力(x48)
シリアルタリー D-sub 9ピン(x1), RS-422A
S-BUS BNC (x1), 75Ω
UTIL(FM) RJ-45(x1), 1000BASE-T
FMデバイス USB 2.0
付属品 付属品 75 Ω 終端器(1)
ユーザーズガイド (CD-ROM)(1)
取扱説明書(1)
インストレーションマニュアル(1)
別売品 別売品 AC電源コード (125V 13A 2.5m) (2) 部品番号: 1-792-518-12

*1:寸法は概算値です。

「MVS-6520」
一般仕様 電源 AC 100V〜240V, ±10%, 50/60 Hz
消費電力 4A〜1.7A(全オプション装着時)
動作温度 5℃〜40℃
保存温度 -20℃〜+55℃
外形寸法
(幅/高さ/奥行き)*1
482 x 176 x 486 mm
質量 約 20kg(全オプション装着時)
入出力 最大入力数 プライマリー入力用 BNC型(x32)
SMPTE 292M(HDTV), SMPTE 259M-C(SDTV)
最大出力数 出力用 BNC型(x16)
SMPTE 292M(HDTV), SMPTE 259M-C(SDTV)
リファレンス リファレンス入力 BNC (x2), 75 Ω、ループスルー出力付き
HDTV システムのとき: HD 3値シンク/SDTV アナログシンク/アナログブラックバースト
SDTV システムのとき: アナログブラックバースト/アナログシンク
コントロール MVS LAN RJ-45(x1), 1000BASE-T
UTIL(SW) RJ-45(x1), 1000BASE-T
UTIL(SCU) RJ-45(x1), 1000BASE-T
リモート1〜4 D-sub 9ピン (x4), RS-422A
リモートS1-S2 D-sub 9ピン (x2), RS-422A
タリー/GPI D-sub 25ピン(x4), TTL入力 (x18), オープンコレクター出力(x48)
シリアルタリー D-sub 9ピン(x1), RS-422A
S-BUS BNC (x1), 75Ω
UTIL(FM) RJ-45(x1), 1000BASE-T
FMデバイス USB 2.0
付属品 付属品 75 Ω 終端器(1)
ユーザーズガイド (CD-ROM)(1)
取扱説明書(1)
インストレーションマニュアル(1)
別売品 別売品 AC電源コード (125V 13A 2.5m)(2)部品番号: 1-792-518-12

*1:寸法は概算値です。

「MVS-3000」
一般仕様 電源 AC 100V〜240V, ±10%, 50/60 Hz
消費電力 4A〜1.7A(全オプション装着時)
動作温度 5℃〜40℃
保存温度 -20℃〜+55℃
外形寸法
(幅/高さ/奥行き)*1
482 x 176 x 486 mm
質量 約 19kg(全オプション装着時)
入出力 最大入力数 プライマリー入力用 BNC型(x32)
SMPTE 292M(HDTV), SMPTE 259M-C(SDTV)
最大出力数 出力用 BNC型(x16)
SMPTE 292M(HDTV), SMPTE 259M-C(SDTV)
リファレンス リファレンス入力 BNC (x2), 75 Ω、ループスルー出力付き
HDTV システムのとき: HD 3値シンク/SDTV アナログシンク/アナログブラックバースト
SDTV システムのとき: アナログブラックバースト/アナログシンク
コントロール MVS LAN RJ-45(x1), 1000BASE-T
UTIL(SW) RJ-45(x1), 1000BASE-T
UTIL(SCU) RJ-45(x1), 1000BASE-T
リモート1〜4 D-sub 9ピン (x4), RS-422A
リモートS1-S2 D-sub 9ピン (x2), RS-422A
タリー/GPI D-sub 25ピン(x4), TTL入力 (x18), オープンコレクター出力(x48)
シリアルタリー D-sub 9ピン(x1), RS-422A
S-BUS BNC (x1), 75Ω
UTIL(FM) RJ-45(x1), 1000BASE-T
FMデバイス USB 2.0
付属品 付属品 75 Ω 終端器(1)
ユーザーズガイド (CD-ROM)(1)
取扱説明書(1)
インストレーションマニュアル(1)
別売品 別売品 AC電源コード (125V 13A 2.5m)(2)部品番号: 1-792-518-12

*1:寸法は概算値です。


※お客様からのお問い合わせ先 :ソニービジネスソリューション(株) 業務用商品相談窓口
TEL 0120-788-333 (フリーダイヤル)、
0466-31-2588(携帯電話・PHS・一部のIP電話などフリーダイヤルがご利用になれない場合)
受付時間 9:00〜18:00(土・日・祝日、および年末年始は除く)
ソニー製品情報URL sony.jp/pro/

このページの先頭へ