ニュースリリース

コンテンツメニュー
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。
2012年11月07日

業界初 フルHD・60フレーム/秒での撮影を実現※1
動きの速い被写体も滑らかな高画質で記録する ネットワークカメラを発売

〜業界最高クラスの最低被写体照度で、低照度環境下でもクリアな監視が可能〜


2012年11月7日発表
2013年9月27日改訂
  • 『SNC-VB630』
    『SNC-VB630』
  • 『SNC-VB600』/『SNC-VB600B』
    『SNC-VB600』/『SNC-VB600B』
  • 『SNC-VM630』
    『SNC-VM630』
  • 『SNC-VM600』/『SNC-VM600B』
    『SNC-VM600』/『SNC-VM600B』
 ソニーは、新規開発した画像処理エンジン“IPELA ENGINE(イペラ エンジン)EX”の採用により、業界初となるフルHD・60フレーム/秒での撮影を実現した「SNC-VB630」「SNC-VM630」を含む、ネットワークカメラ6機種を発売します。
 60フレーム/秒の高フレームレートに加え、HD対応ネットワークカメラとして業界最高クラスの最低被写体照度や逆光補正機能、スマートフォンによる遠隔監視機能など、セキュリティーカメラに必要とされる高画質・高機能を凝縮したネットワークカメラです。

IPELA ENGINE EX
型 名 発売日 メーカー希望小売価格
●ネットワークカメラ
  ボックス型(フルHDモデル)「SNC-VB630」 2012年11月 8日 231,000円(税抜価格220,000円)
  ボックス型(720p HDモデル)「SNC-VB600」 2012年11月 8日 168,000円(税抜価格160,000円)
  ボックス型(720p HDモデル)「SNC-VB600B」 2012年11月28日 132,300円(税抜価格126,000円)
  ドーム型 (フルHDモデル)「SNC-VM630」 2012年12月20日 231,000円(税抜価格220,000円)
  ドーム型 (720p HDモデル)「SNC-VM600」 2012年11月28日 168,000円(税抜価格160,000円)
  ドーム型 (720p HDモデル)「SNC-VM600B」 2012年12月14日 147,000円(税抜価格140,000円)
 「SNC-VB630」「SNC-VM630」の映像圧縮方式は、JPEGおよびH.264に対応しています。フルHDの高精細撮影に加え、60フレーム/秒のスムーズでなめらかな映像で監視ができるため、鉄道や高速道路など動きが速い被写体の撮影が必要とされる現場のほか、河川監視や災害監視など微細な変化の検知が求められる現場にも適しています。

 また、今回発売の6機種では、新開発の“Exmor”CMOSイメージセンサーの搭載とノイズリダクション機能の改善により、従来機種に比べ最低被写体照度を大幅に向上しています。720p HDモデルの「SNC-VB600」「SNC-VB600B」「SNC-VM600」「SNC-VM600B」は0.05ルクス(カラー)、フルHDモデルの「SNC-VB630」「SNC-VM630」では0.1ルクス(カラー)と、HD対応ネットワークカメラとして業界最高クラスの最低被写体照度を実現しました。これにより、月明かり程度の低照度環境下でもノイズが少なくクリアな映像で監視できます。

 従来機種にも搭載され、お客様にも高く評価いただいている機能「View-DR(ビューディーアール)」は、1フレーム内でシャッタースピードが異なる4枚の画像を合成し※2、同時に明暗部コントラスト補正機能を組み合わせることにより、明部/暗部の視認性を飛躍的に向上させる技術です。今回、この「View-DR」機能も進化させ、暗部のノイズ感減少と、明部の精細感が向上したことにより、より自然で見やすい映像を実現しました。屋内から明るい屋外を撮影するような逆光状態での監視で効果を発揮します。

 さらに、映像圧縮方式には従来のH.264ベースラインプロファイルに加え、新たにメインプロファイルとハイプロファイルにも対応しました。より高圧縮な映像伝送により、記録容量やネットワーク帯域を低減しながら効率的な運用ができます。

 また、専用ソフトをインストールすることなく、スマートフォンのブラウザ※3からカメラにアクセスし、映像を遠隔監視できるスマートフォンビューワー機能や顔検出機能等※4、監視の精度と利便性を向上する機能も各種搭載しています。

 ソニーは、独自開発の信号処理エンジンや自社開発のCMOSイメージセンサーなどをネットワークカメラの差異化を図る優位点として積極的に製品に搭載、新商品・ソリューションとして市場に提案することにより、プロフェッショナルソリューションビジネスの注力カテゴリーであるビジュアルセキュリティー事業の拡大を図ります。

 なお、新製品の発売にあたり2012年12月1日より、一部従来製品の価格を改定します。
 価格改定の詳細についてはこちらを参照ください。

※1:2012年10月現在。ソニー調べ。 「SNC-VB630」「SNC-VM630」が対応。
※2: 720p HDモデル「SNC-VB600」「SNC-VB600B」「SNC-VM600」「SNC-VM600B」の場合。フルHDモデル「SNC-VB630」「SNC-VM630」の場合は2枚の画像を合成。
※3:対応機種については弊社ホームページ(製品情報ページ)を参照ください。
※4:ファームウェアバージョン1.4以降にて対応予定。

主な特長

1. フルHD/720p HDの映像を60フレーム/秒で出力可能 (「SNC-VB630」「SNC-VM630」「SNC-VB600」「SNC-VM600」)
 新規開発した画像処理エンジン“IPELA ENGINE(イペラ エンジン)EX”の採用により、「SNC-VB630」「SNC-VM630」は1080p(1920×1080ピクセル)のフルHD映像を、「SNC-VB600」「SNC-VM600」は720p(1280×720ピクセル)のHD映像を、それぞれ60フレーム/秒で出力可能です。HDの高精細感に加え、60フレーム/秒のスムーズでなめらかな映像で監視でき、鉄道や道路などの監視のほか、河川監視や災害監視などに適します。

 なお、「SNC-VB600B」と「SNC-VM600B」は、720p(1280×720ピクセル)のHD映像を30フレーム/秒で出力します。
 普及価格帯モデルでありながら高画質・高機能を実現した、コストパフォーマンスに優れたモデルです。
※:シングルコーデック時。「SNC-VB630」「SNC-VM630」は映像圧縮方式がH.264の場合のみフルHD、60フレーム/秒で出力可能。JPEG、フルHDの場合は30フレーム/秒で出力可能。「SNC-VB600」「SNC-VM600」は1280×1024までの解像度の映像をH.264、JPEGいずれの場合でも60フレーム/秒で出力可能。

2. 最低被写体照度を大幅に向上
 新開発の“Exmor”CMOSイメージセンサーとノイズリダクション機能の改善により、最低被写体照度を従来機種に比べ大幅に向上、フルHDモデルの「SNC-VB630」「SNC-VM630」では0.1ルクス(カラー)、720p HDモデルの「SNC-VB600」「SNC-VM600」「SNC-VB600B」「SNC-VM600B」では0.05ルクス(カラー)という、HD対応ネットワークカメラとして業界トップクラスの最低被写体照度を実現しました。低照度環境下でもノイズが少ないクリアな映像で監視ができます。

3. より進化した「View-DR」機能を搭載し、明部の精細感が向上したより自然で見やすい映像を実現
 「View-DR」機能とは、1フレーム内でシャッタースピードが異なる4枚または2枚の画像を合成し、同時に明暗部コントラスト補正機能(VE:ビジビリティーエンハンサー)を組み合わせることで、明部/暗部の視認性を飛躍的に向上させる技術です。特に屋内から明るい屋外を撮影するような逆光状態で効果を発揮し、光が強く白とびしている屋外の建物や、光が弱く黒く沈んでいる部分の人物の顔や車のナンバープレートなども見ることができます。
 本機に搭載の「View-DR」機能は、感度向上による暗部のノイズ感減少や階調補正処理の見直しによる明部の精細感向上によって、よりナチュラルで見やすい映像へと進化しました。
※:フルHDモデルの場合は2枚合成、720p HDモデルの場合は4枚合成。

4. H.264対応プロファイルの拡充とAACの採用
 従来のH.264ベースラインプロファイルに加え、新たにメインプロファイル、ハイプロファイルに対応。
より高い圧縮率で記録容量やネットワーク帯域を低減できます。また、音声圧縮方式は新たにAAC(16kHz/48kHz)に対応。従来のG.711/G.726に比べより高音質での音声記録が可能です。

5.インテリジェントなアラーム機能を搭載
 画面上に仮想的に引かれたライン上を一定方向に通過した人や物体を検知したり、置き去り検知などが可能な“DEPA Advanced”機能のほか、カメラ妨害検知機能や顔検出機能など、インテリジェントなアラーム機能を搭載、効率の良い映像監視を実現します。
※:ファームウェアバージョン1.4以降にて対応予定。

6.スマートフォンから遠隔監視が可能
 対応のスマートフォンであればスマートフォンのブラウザからカメラにアクセスし、映像を確認できます。
※:対応機種については弊社ホームページ(製品情報ページ)を参照ください。

7.設置時の負担を軽減するアシスト機能を搭載
・「イージーフォーカス」機能(全機種)
設置時のフォーカス調整をアシストします。カメラ本体のボタンまたはWebブラウザからの操作で、フォーカスの自動調整を行うことができます。カメラ設置時におおまかなフォーカス調整をしておけば、あとは簡単にフォーカスの自動調整ができるので、カメラ設置時の手間を軽減することができます。

・「イージーズーム」機能(「SNC-VM630」「SNC-VM600」「SNC-VM600B」)
カメラ本体のボタンまたはWebブラウザからの操作で、ズーム倍率を変更し撮影範囲を調節できます。

8.充実の基本性能
 ネットワークカメラに必要とされるさまざまな機能を標準装備しています。
  • 低照度環境下では赤外光を取り込み感度を向上させるIRカットフィルター方式の「デイ&ナイト」機能を 搭載※1
  • SDカードスロットを搭載しローカルストレージでの映像記録が可能※2
  • ポール設置時などに映像への振動の影響を軽減できるイメージスタビライザー機能を搭載
  • PoE(IEEE802.3af準拠)、AC24V、DC12Vの3電源に対応※3
  • アナログ映像出力(BNC)を標準装備
  • “ONVIF”対応※4
※1:ナイトモード時はモノクロ映像になります。
※2:カメラからの映像取得はコマンドレベルでの操作となるため、ソフトウェア開発などが必要になる場合があります。
※3:AC24V、DC12Vでの使用する場合は別売の電源アダプターが必要です。
※4:ファームウェアバージョン1.4以降にて対応予定。

主な仕様

SNC-VB630
(フルHD/ボックス型)
SNC-VB600
(HD/ボックス型)
SNC-VB600B
(HD/ボックス型)
カメラ部
撮像素子1/2.9型プログレッシブスキャン
Exmor CMOSイメージセンサー
1/3型プログレッシブスキャン Exmor CMOSイメージセンサー
有効画素数約214万画素約137万画素
レンズタイプ2.9倍バリフォーカルレンズ(CSマウント)
ズーム比光学2.9倍
焦点距離f=2.8〜8.0mm
F値F1.2(ワイド端)〜F1.95(テレ端)
水平画角114.2度(ワイド端)〜
40.0度(テレ端)
100.0度(ワイド端)〜35.7度(テレ端)
Day&Night機能
ワイドダイナミックレンジ機能View-DR(90dB相当)*1View-DR(130dB相当)*2
最低被写体照度0.1ルクス(F1.2、AGC[Max]、View-DR[OFF]、VE[OFF]、1/30秒、50IRE[IP])
0.07ルクス(Nightモード[ON]、モノクロ、F1.2、AGC[Max]、View-DR[OFF]、VE[OFF]、1/30秒、50IRE[IP])
0.05ルクス(F1.2、AGC[Max]、View-DR[OFF]、VE[OFF]、1/30秒、50IRE[IP])
0.04ルクス(Nightモード[ON]、モノクロ、F1.2、AGC[Max]、View-DR[OFF]、VE[OFF]、1/30秒、50IRE[IP])
動体検知機能
ネットワーク部
圧縮方式JPEG/H.264:最大3種類の設定による映像ストリームの同時配信が可能*3
画像サイズ1920×1080、1280×720、1024×576、720×576、720×480、704×576、640×480、640×360、352×288、320×1841280×1024、1280×960、1024×768、1280×720、800×600、720×576、720×480、704×576、640×480、352×288、320×240
最大フレームレート*4
(シングルコーデック時)
JPEG時:30fps(1920×1080)*5、60fps(1280×720)*6
H.264時:60fps(1920×1080)
JPEG時:60fps(1280×1024)*7
H.264時:60fps(1280×1024)
JPEG時:30fps(1280×1024)*8
H.264時:30fps(1280×1024)
同時アクセス数20
音声圧縮G.711、G.726、AAC(16kHz、48kHz)
プロトコルIPv4、IPv6*9、TCP、UDP、ARP、ICMP、IGMP、HTTP、HTTPS*10、SMTP、DHCP、DNS、NTP、RTP/RTCP、RTSP、SNMP(MIB-2)*10
LAN端子10BASE-T/100BASE-TX(RJ-45)×1
IPv6対応
インターフェース部
外部インターフェース映像出力端子(BNC)×1*11、音声入力端子×1、ライン出力端子×1、センサー入力×2、アラーム出力×2
メモリーカードスロットSDメモリーカードスロット(SDHCメモリーカード対応)×1
一般
ビューアーMicrosoft® Internet Explorer® 7.0/8.0/9.0
対応OSMicrosoft® Windows® XP Professional(32ビット版)、Windows Vista® Ultimate/Business(32ビット版)、Windows® 7 Ultimate/Professional(32ビット版/64ビット版)
本体質量約565g
本体外形寸法
(幅×高さ×奥行)
約72×63×197mm
(レンズ含む、突起部除く)
電源DC12V*13、AC24V(50/60Hz)*13、PoE [IEEE802.3af準拠]
消費電力最大6W
動作温度0〜50℃(起動後-10〜+50℃)
動作湿度20〜80%(結露なきこと)
付属品CD-ROM(付属プログラム)×1、落下防止用ワイヤーロープ×1、段付きネジM4×1、電源用コネクタ(2P)×1、保証書(冊子)×1、設置説明書×1

*1 ハイフレームレートモード(60fpsモード)の場合はView-DRをONに設定できません。明暗部コントラスト補正機能のみ設定できます。
*2 ハイフレームレートモード(60fpsモード)の場合は90dB相当のView-DRとなります。
*3 設定可能な解像度やビットレートの組み合わせには制限があります。詳細は弊社ホームページを参照ください。
*4 絵柄や画質設定、ビットレート設定などの影響によって、最大フレームレートが低下する場合があります。
*5 画質設定[LEVEL1]〜[LEVEL3]の場合。画質設定は[LEVEL1(低画質]から[LEVEL10(高画質)]まで設定が可能
*6 画質設定[LEVEL1]〜[LEVEL4]の場合。画質設定は[LEVEL1(低画質]から[LEVEL10(高画質)]まで設定が可能
*7 画質設定[LEVEL1]〜[LEVEL2]の場合。画質設定は[LEVEL1(低画質]から[LEVEL10(高画質)]まで設定が可能
*8 画質設定[LEVEL1]〜[LEVEL6]の場合。画質設定は[LEVEL1(低画質]から[LEVEL10(高画質)]まで設定が可能
SNC-VM630
(フルHD/ドーム型)
SNC-VM600
(HD/ドーム型)
SNC-VM600B
(HD/ドーム型)
カメラ部
撮像素子1/2.9型プログレッシブスキャン
Exmor CMOSイメージセンサー
1/3型プログレッシブスキャン Exmor CMOSイメージセンサー
有効画素数約214万画素約137万画素
レンズタイプ3.0倍バリフォーカルレンズ
ズーム比光学3.0倍
焦点距離f=3.0〜9.0mm
F値F1.2(ワイド端)〜F2.1(テレ端)
水平画角105.2度(ワイド端)〜35.4度(テレ端)93.6度93.0度(ワイド端)~31.6度(テレ端)
Day&Night機能
ワイドダイナミックレンジ機能View-DR(90dB相当)*1View-DR(130dB相当)*2
最低被写体照度0.1ルクス(F1.2、AGC[Max]、View-DR[OFF]、VE[OFF]、1/30秒、50IRE[IP])
0.07ルクス(Nightモード[ON]、モノクロ、F1.2、AGC[Max]、View-DR[OFF]、VE[OFF]、1/30秒、50IRE[IP])
0.05ルクス(F1.2、AGC[Max]、View-DR[OFF]、VE[OFF]、1/30秒、50IRE[IP])
0.04ルクス(Nightモード[ON]、モノクロ、F1.2、AGC[Max]、View-DR[OFF]、VE[OFF]、1/30秒、50IRE[IP])
動体検知機能
ネットワーク部
圧縮方式JPEG/H.264:最大3種類の設定による映像ストリームの同時配信が可能*3
画像サイズ1920×1080、1280×720、1024×576、720×576、720×480、704×576、640×480、640×360、352×288、320×1801841280×1024、1280×960、1024×768、1280×720、800×600、720×576、720×480、704×576、640×480、352×288、320×240
最大フレームレート*4
(シングルコーデック時)
JPEG時:30fps(1920×1080)*5、60fps(1280×720)*6
H.264時:60fps(1920×1080)
JPEG時:60fps(1280×1024)*7
H.264時:60fps(1280×1024)
JPEG時:30fps(1280×1024)*8
H.264時:30fps(1280×1024)
同時アクセス数20
音声圧縮G.711、G.726、AAC(16kHz、48kHz)
プロトコルIPv4、IPv6*9、TCP、UDP、ARP、ICMP、IGMP、HTTP、HTTPS*10、SMTP、DHCP、DNS、NTP、RTP/RTCP、RTSP、SNMP(MIB-2)*10
LAN端子10BASE-T/100BASE-TX(RJ-45)×1
IPv6対応
インターフェース部
外部インターフェース映像出力端子(BNC)×1*11、モニター端子(ピンジャック)×1*12、音声入力端子×1、ライン出力端子×1、センサー入力×2、アラーム出力×2
メモリーカードスロットSDメモリーカードスロット(SDHCメモリーカード対応)×1
一般
ビューアーMicrosoft® Internet Explorer® 7.0/8.0/9.0
対応OSMicrosoft® Windows® XP Professional(32ビット版)、Windows Vista® Ultimate/Business(32ビット版)、Windows® 7 Ultimate/Professional(32ビット版/64ビット版)
本体質量約760g
本体外形寸法
(幅×高さ×奥行)
約φ148×108mm
電源DC12V*13、AC24V(50/60Hz)*13、PoE [IEEE802.3af準拠]
消費電力最大6W
動作温度0〜50℃(起動後-10〜+50℃)
動作湿度20〜80%(結露なきこと)
付属品CD-ROM(付属プログラム)×1、ブラケット×1、テンプレート×1、落下防止用ワイヤーロープ×1、段付きネジM3×1、電源ケーブル(別売電源アダプター接続用)×1、モニターケーブル(BNC端子)×1、I/Oケーブル×1、オーディオケーブル×1、保証書(冊子)×1、設置説明書×1

*9 ファームウェアバージョン1.4以降で対応予定。
*10 ファームウェアバージョン1.3以降で対応予定。
*11 SNC-VB630およびSNC-VM630のアナログ映像出力はレターボックスサイズになります。(16:9映像の上下に黒帯が入ります。)
*12 設置時の画角確認用です。
*13 別売の電源アダプターが必要です。
※“IPELA(イペラ)”とは『IP 接続』と『リアルで美しい(BELLA)画質』という言葉を組み合わせた造語で、ソニー株式会社の商標です。

お客様からのお問い合わせ先


ソニービジネスソリューション(株) 業務用商品相談窓口
TEL
0120-788-333 (フリーダイヤル)
 
0466-31-2588(携帯電話・PHS・一部のIP電話などフリーダイヤルがご利用になれない場合)
受付時間
9:00~18:00(土・日・祝日、および年末年始は除く)
ソニー製品情報URL sony.jp/pro/
セキュリティー/IPビデオモニタリング オフィシャルサイトURL sony.jp/snc/

このページの先頭へ