ニュースリリース

コンテンツメニュー
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。
2012年11月14日

NXCAMカムコーダー「NEX-FS700J」で4K記録するためのインターフェースユニットを開発


  • 写真(左)『NEX-FS700J』、(中)インターフェースユニット『HXR-IFR5』、(右)『HXR-IFR5』とRAWレコーダーとバッテリーの組み合わせ
    写真(左)『NEX-FS700J』、(中)インターフェースユニット『HXR-IFR5』、(右)『HXR-IFR5』とRAWレコーダーとバッテリーの組み合わせ
 ソニーは、Eマウントシステムを採用し、 総画素数約1160万画素 “Exmor”Super35 CMOSイメージセンサー(4K動画撮影に対応)を搭載した業務用NXCAMカムコーダー「NEX-FS700J」と、RAWレコーダー「AXS-R5」を接続するインターフェースユニット「HXR-IFR5」を開発します。
これにより、「NEX−FS700J」と「AXS−R5」の組み合わせで4K RAW記録を実現します。
本機は2013年度第一四半期の製品化を予定しており、「NEX-FS700J」のバージョンアップ対応も同時期に提供する予定です。市場想定価格は20万円前後を予定しています。
  • <インターフェースユニット「HXR-IFR5」を介した 「NEX-FS700J」とRAWレコーダー「AXS-R5」の接続イメージ図>
    <インターフェースユニット「HXR-IFR5」を介した 「NEX-FS700J」とRAWレコーダー「AXS-R5」の接続イメージ図>
 「NEX-FS700J」は、本体をバージョンアップすることで、4K RAWデータを3G HD-SDI端子から出力が可能になります。本機は、4K RAWデータを入力する3G HD-SDI端子を持ち、新開発のRAWレコーダー「AXS-R5」と接続して、AXSメモリーカードに4K RAW映像の記録を実現するものです。
 記録可能な4K RAWの解像度は4096x2160、フレームレートは23.98p、25p、29.97p、50p、59.94pを予定しています。AXSメモリーカードに記録した4K RAWデータの映像制作ワークフローは、CineAlta 4Kカメラ「PMW-F5」と共通になります。

 近年、低コストでの撮影・編集が求められる映像制作市場で、4K映像表現のニーズが高まってきました。多彩な機能を実現した「NEX-FS700J」が4K動画制作に対応することで、高画質・多機能カムコーダーとして映像制作の可能性を拡げていきます。

※:“NXCAM”は、ソニー株式会社の商標です。※:“Exmor Super35 CMOS”は、ソニー株式会社の商標です。
※:その他記載されている会社および商品名は、各社の商標または登録商標です。なお、本文中では™、®マークは明記していません。

お客様からのお問い合わせ先


ソニービジネスソリューション(株) 業務用商品相談窓口
TEL
0120-788-333 (フリーダイヤル)
 
0466-31-2588(携帯電話・PHS・一部のIP電話などフリーダイヤルがご利用になれない場合)
受付時間
9:00〜18:00(土・日・祝日、および年末年始は除く)

このページの先頭へ