ニュースリリース

コンテンツメニュー
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。
2012年12月04日

<参考資料>ソニー、環境展示会「エコプロダクツ2012」に出展

~未来を生きる子どもたちと、ワークショップやオリジナルARアプリを通じて、楽しみながら電気と森林の大切さを学ぼう~


ソニー株式会社(以下、ソニー)は、2012年12月13日(木)から15日(土)まで東京ビッグサイトにて開催される「エコプロダクツ2012」に出展します。今年は、「未来を生きる子どもたちへ、科学のチカラを」をテーマに、ソニーが50年以上活動を継続している「ソニー・サイエンスプログラム」の特別ワークショップと、ソニーが支援する環境保全団体WWF(World Wide Fund for Nature:世界自然保護基金)ジャパンの「スマトラ島森林保全プロジェクト」体験コーナーをブースで展開します。子どもたちのための科学教育と環境保全の活動を分かりやすく体験型・参加型展示でご紹介することで、限りある電力や森林資源といった身近な社会課題の成り立ち、大切さを楽しく学んでいただきたいと考えています。
■『つくって、わかる。発電・蓄電ワークショップ』開催
「つくって、わかる。発電・蓄電ワークショップ」は、電気エネルギーの大切さを体感するワークショップです。子どもたちが自らの手で発電と蓄電を体験できる「振動型発電機(スティックジェネレーター)」を使い、未来につながる、環境に配慮した発電や蓄電について楽しく学びます。ワークショップに参加するみんなで協力して、スティックジェネレーターを振ると、クリスマスツリーが点灯します。ソニーは、このようなサイエンスワークショップを世界各地で展開し、年間約4,000人にご参加いただいています。今回はその中でも人気のプログラムをエコプロダクツ展用に特別に企画し、3日間で700人以上の子どもたちの参加を見込んでいます。
【開催期間】
2012年12月13日(木)、14日(金)、15日(土) 各日10:30-17:00
※30分ごとに開催予定。 
【会場】
東京ビッグサイト 東6ホール 6-050
【申込み方法】
当日ブースでご案内いたします。親子でのご参加も可能です。

ワークショップや会場に展示されるソニーの蓄電池採用商品:
・家庭用蓄電池(ホームエネルギーサーバー)『CP-S300E」/『CP-S300W』
・手回し充電対応ポータブルUSB電源『CP-A2LAKS』
・手回し充電ラジオ『ICF-B03』

※家庭用蓄電池『CP-S300E」/『CP-S300W』は、2012年度グッドデザイン・サステナブルデザイン賞(経済産業大臣賞)を受賞しました。

※ソニー株式会社では、社会の発展に未来を担う子どもたちの科学技術への興味や関心を促すことが重要と考え、科学教育支援活動を開始し、50年以上にわたり活動を行っています。ソニーのCSR活動の原点ともいえるこの活動を、現在では「ソニー・サイエンスプログラム」と称して、科学館、ワークショップ、コンテストなどを国内・海外で展開しています。
プログラムの詳細はCSRウェブサイト内の「ソニー・サイエンスプログラム」をご覧ください。

■スマトラ島森林保全プロジェクト体験コーナー:
生物多様性を楽しく学ぶことができる新開発の環境教育用オリジナルARアプリやデジタル録画双眼鏡などを体験


ソニーは2011年7月から環境保全団体WWFジャパンと協力し、インドネシア・スマトラ島の森林保全活動を支援しています。世界遺産に指定された豊かな森林を持つ一方、近年はその森林の環境破壊が急激なスピードで進むスマトラ島では、周辺地域に暮らす人々への影響や生物多様性の損失が懸念されています。

ソニーブースでは、実際にスマトラ島のエレファント・パトロール隊※1などが使用しているデジタル録画双眼鏡を体験していただいたり、新たにAR技術※2を使って開発した、生物多様性の宝庫であるスマトラ島の希少な動植物を探すオリジナルアプリケーションゲーム“Forest Scope in Sumatra(フォレスト・スコープ・イン・スマトラ)”を最新のXperia™ Tablet S を使って遊ぶことで、スマトラの自然を体験していただけます。ゲームを体験してくださった方に、ゲームに登場するスマトラ島の希少動植物の詳細をイラストとともに記したミッションレポートを配布しますので、自宅や学校でもさらに学びを深めることができます。

なお、ソニーは、2012年4月より電子書籍ストア“Reader Store”で電子書籍を購入すると、売上の一部がスマトラ島森林保全活動に寄付される「本を読んで、木を増やそう!」プロジェクトを実施しています。当ブースでは「Facebook」やスマートフォン向け無料アプリケーションなどを通じて、簡単に「森を守る活動」に参加できる方法を“Reader Store”に対応したソニーの最新機器を使ってご紹介いたします。
※1 違法な土地利用や森林破壊によりすみかを失ったゾウなどの野生動物と周辺住民との衝突を防ぐため、訓練されたゾウと人とで行うパトロール活動。
※2 Augmented Reality(拡張現実感)の略

スマトラ島森林保全プロジェクトの詳細はCSRウェブサイト内の特設サイトをご覧ください。

※「Xperia」は、Sony Mobile Communications ABの商標または登録商標です。
※“Reader”およびそのロゴはソニー株式会社の商標です。
このページの先頭へ