ニュースリリース

コンテンツメニュー
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。
2012年12月03日

高精度で高速な肌解析技術“SSKEP”(スケップ) を開発

− イメージセンサーの応用分野として、新たなセンシング領域を開拓 −


 ソニーは、肌のきめ・しみ・毛穴・明るさ・色味など、高精度かつ高速に肌解析をする技術 “SSKEP (Smart Skin Evaluation Program)”(スケップ)を開発しました。“SSKEP”は、高感度・低ノイズを実現する裏面照射型CMOSイメージセンサーなどと複数の波長光源制御、および肌解析アルゴリズムなどで構成されるソニー独自の肌解析技術です。高度なセンシング技術と高速画像処理技術により、さまざまな肌状態の定量的かつ多角的な測定・解析を実現します。
  • 肌解析技術 “SSKEP”のイメージ図
    肌解析技術 “SSKEP”のイメージ図
 現在、美容業界では業務用肌測定機や一般消費者向けの簡易な肌測定機が市販されていますが、業務用は大型で高額、一般向けは測定項目が少ないなどの課題があります。今回開発した肌解析技術“SSKEP”を用いることで、小型でありながら、多くの肌情報を手軽に測定できる肌解析商品の開発が可能です。

 一般的に、肌解析においては、可視光が届く皮膚の表面に加えて、近赤外光でしか届かない皮下の情報を取得することが重要です。“SSKEP”は、複数の波長光源の出力とCMOSイメージセンサーでの撮像の双方を最適に制御することで、可視光から近赤外光の領域まで高感度な撮影を実現し、多様で高精度な測定が可能です。
 また、独自のアルゴリズムにより、画像解析技術や形状認識技術による定量評価、画素単位での成分分析による可視化ができます。その一例として、肌のきめにおいては、きめの形状や数量、方向などを分析することにより、肌のきめの状態を正確に評価します。さらに、画素単位で皮膚に含まれるメラニンなどを成分分析することにより、皮膚の表面や内部のしみを可視化できます。これにより、隠れたしみなど目に見えない肌の情報を取得できます。
 今回開発した“SSKEP”は、美容業界などのさまざまな新しいサービスや個人向け商品など幅広い用途への活用が期待できるため、肌解析技術の機能拡張に向けてさらに開発していきます。 

 ソニーは、業務用・民生用デジタルカメラやスマートフォンなどのイメージセンサーの開発において、高画質な画像を撮影することを目的に技術開発を進め、業界に貢献してきました。今後は、デジタルイメージング機器にとどまることなく、撮影画像をもとに被写体との距離や動き、形状、色など、さまざまな情報を取得し識別する「センシング領域」にも注力し、イメージセンサーが生活のあらゆる場で利用されるよう、新たな市場を開拓していきます。
  • 肌解析の出力イメージの一例 (総合判定)
    肌解析の出力イメージの一例 (総合判定)
  • 肌解析の出力イメージの一例 (左:メラニン解析、右:毛穴解析)
    肌解析の出力イメージの一例 (左:メラニン解析、右:毛穴解析)
※肌解析の出力イメージは、技術開発時点での一例です。



※ 記載されている会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。
※ “SSKEP”および、“SSKEP”ロゴはソニー(株)の商標です。
このページの先頭へ