ニュースリリース

コンテンツメニュー
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。
2013年01月08日

世界初/世界最大“56型4K対応有機ELテレビ”を開発

~2013 International CESに56型4K対応有機ELテレビの試作機を出展~


 ソニーは、4K(3840×2160)対応有機ELテレビの技術開発を進めており、「2013 International CES」(国際家電ショー:2013年1月8日~11日、米国ネバダ州ラスベガス)において、その最新の成果として56型4K対応有機ELテレビの試作機を参考出展します。
 今回、技術参考展示する“有機ELテレビ”は、最先端の酸化物半導体TFT技術とソニー独自の「スーパートップエミッション(Super Top Emission)」方式により、世界で初めて、世界最大56型の大型サイズで4Kの高解像度を実現しています。
(※56型の大型サイズで4Kの解像度を実現した“有機ELテレビ”の試作機として、世界初。
2013年1月8日広報発表時点)

  • “56型4K対応有機ELテレビ” 試作機 ※写真はイメージです
 従来の有機ELテレビでは、有機EL層を駆動して発光させるため、低温ポリシリコンTFT(薄膜トランジスタ)を用いていましたが、パネルの大型化には課題がありました。そこで、これまで研究開発を進めてきた酸化物半導体TFTを用いることで、56型という大型サイズながら、4K解像度の高精細なパネルを実現しました。有機EL素子構造には、従来から商品化で実績のあるソニー独自のスーパートップエミッション(Super Top Emission)方式を採用しています。この方式は、構造上、開口率が高く、有機EL層から効率的に光を取り出すことが可能です。
 この2つの技術を組み合わせることで、自発光デバイスの有機ELテレビならではの高コントラスト・高輝度・高速動画応答性能・広視野角の豊かな映像表現を、高精細な4K解像度の大型サイズで実現しました。
 なお、今回参考展示した有機ELテレビに用いた有機ELパネルは、台湾・AUO社との共同開発によって試作されました。

 ソニーは2007年に世界初の11型有機ELテレビを発売しました。さらに2011年には、放送・業務用途の25型、17型モニターを発売するなど、有機ELディスプレイの量産・商品展開に取り組んでまいりました。研究開発面では、中・大型化に向けたプロセス(製造)技術や、有機EL駆動TFTについては酸化物半導体TFTやフレキシブル有機TFTの開発成果を学会発表するなど、次世代有機EL技術の研究開発にも積極的に取り組んでいます。

 今後、ソニーは今回のCES2013で商品発表する4K対応液晶テレビ〈ブラビア〉 とともに、4K対応有機ELテレビの実用化・商品化に向けて継続的に開発に取り組んでまいります。撮影から編集、コンテンツ制作、送出、配信、そして表示デバイスに至るまで、ソニーならではの新しい4Kの映像体験を幅広く提供してまいります。

参考出展した4K対応有機ELテレビ試作機の主な仕様

画面サイズ
:56型
画素数
:3,840×2,160
表示素子
:有機EL
駆動回路
:酸化物半導体TFT
構造上の特長
:スーパートップエミッション(Super Top Emission)
他諸特性
:非公開
このページの先頭へ