ニュースリリース

コンテンツメニュー
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。
2013年02月28日

「ストライクゾーン視覚化システム(3Dストライクゾーン)」を2013ワールドベースボールクラシック中継にて運用


 ソニーと、ソニーが2011年に買収したグループ会社のHawk-Eye Innovations Inc.(以下、ホークアイ)と、株式会社 TBSテレビが共同開発した「ストライクゾーン視覚化システム(3Dストライクゾーン)」が、TBSテレビにて放映する2013ワールドベースボールクラシック中継に運用されることが決まりました。
この実写とCGを合成した、野球における全く新たな映像表現は、2月28日(木)に福岡 ヤフオク!ドームで開催されるWBC最終強化試合 巨人対日本でTBS系列にて放送されます。
  • ストライクゾーン視覚化システム(3Dストライクゾーン)
 ホークアイは競技場に設置した複数のカメラからボールの軌道を独自プログラムで瞬時に解析する技術を有しており、「判定オペレーションサービス」がテニスやクリケットなどのスポーツ大会主催者の公式判定技術として採用されてきました。そして2012年7月にはFIFA(国際サッカー連盟)も正式採用を決めています。
また、ホークアイでは判定用途に加え、試合中の各種シーンのコンピュータ・グラフィックス(CG)を現場で生成し、バーチャル・リプレイとして再現、放送事業者へサービスを提供してきました。

 今回ソニーとTBSテレビが運用する「ストライクゾーン視覚化システム(3Dストライクゾーン)」では、実際の投手と打者が映る映像にボール軌道とストライクゾーンのCGを重畳させた映像と、ボールの軌道を示すフルCGの二種類が放送に使用されます。これにより視聴者は様々なアングルからボールの軌道とストライクゾーンを楽しむことが出来ます。

 ソニーはスポーツスタジアム向けにHD・3Dコンテンツ制作機材やデジタルサイネージ、セキュリティカメラ、大型LEDスクリーン等のソリューション事業を展開しています。ホークアイはユニークな技術で差異化する価値を有していることから、採用されるスポーツの幅を拡げる取組みを続けるとともに、ソニーグループとして積極的な連携を図り、スポーツスタジアム向けソリューションビジネスをさらに強化、発展させていきます。
このページの先頭へ