ニュースリリース

コンテンツメニュー
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。
2013年03月14日

液晶テレビ<ブラビア>「KDL-40V5 / KDL-46V5」
移動式(台車付)スタンド及び壁掛け・吊り下げ等で設置したテレビの
リアキャビネット(背面部)無償交換について

 ソニー株式会社が2009年2月に日本国内で発売した液晶テレビ〈ブラビア〉「KDL-40V5 / KDL-46V5(40V型および46V型)」において、リアキャビネット(背面部)の壁掛け用取り付け部を用いて移動式(台車付)スタンドに設置したテレビが移動中に落下した事例が発生しました。その後の調査により、該当製品の本体色がブラックの一部(下記対象製造番号参照)において、リアキャビネットの樹脂材料が想定以上に劣化して柔軟性が低下し、外力が加わった際に、まれに破損に至る場合があることが判明しました。
 対象製造番号の製品をお持ちで、リアキャビネットの壁掛け用取り付け部を用いて移動式(台車付)スタンドに設置されているお客様や、壁に掛ける、天井から吊り下げる等の方法で該当テレビを設置(下記該当設置例参照)されているお客様に対して、無償にてリアキャビネットの交換をさせていただく旨を、本日より当社ホームページおよび新聞告知(準備が整い次第順次)にて案内させていただきます。また、ご購入情報を登録していただいている方など連絡可能なお客様に対しては、販売店様のご協力もいただきながら無償交換の案内を行なってまいります。

 本原因により移動式(台車付)スタンドからテレビが落下した事例が2012年11月以降、本日に至るまでに、3件確認されています。これら3件の事例においてテレビ以外の物損やお客様がケガをされたとの報告は受けておりません。該当製品は2009年5月から同年12月までに生産された約10万9千台です。
 なお、該当製品においても、テレビに付属されているテーブルトップスタンドでの設置など、リアキャビネットの壁掛け用取り付け部を用いずに設置している場合は、リアキャビネットの破損には至りません。また、対象機種以外において同事象の報告は確認されておりません。

 お客様からのお問い合わせやご相談については下記の専用窓口にてお受けします。お申込みいただきましたお客様には、日程を調整の上、お客様宅を訪問してリアキャビネットの交換を行います。上記に該当するお客様には、リアキャビネット交換をお待ちいただく間、テレビを移動したり、角度を変えたりしないようにご使用いただくようお願いしております。
 なお、今後、壁に掛ける、天井から吊り下げる等の設置を予定されているお客様やご不明な点があるお客様についても、同窓口にてご連絡をお受けします。

【該当製品および対象製造番号(本体色:ブラック)】 
型名:KDL-40V5  製造番号: 1000001~1088965 (88,965台)
型名:KDL-46V5  製造番号: 1000001~1019732 (19,732台)

※ 合計 108,697台 (上記対象製造番号に該当しないテレビは対象外です)


【対象製品の確認方法】
機種名確認方法
テレビを正面から見て右下もしくは右側面、背面(下図の囲み部分)に機種名が表示されています。
製造番号確認方法
テレビを正面から見て右側面もしくは背面(下図の囲み部分)に製造番号が表示されています。

【該当する設置例】
① 他社製各種移動式(台車付)スタンドへの設置
② 壁掛けユニット(SU-WL500等)による壁への設置
③ 天井からの吊り下げによる設置
④ 壁よせフロアスタンド(SU-FL71シリーズ等)への設置
⑤ 上記以外でリアキャビネットの壁掛け用取り付け部を用いたテレビの設置

①他社製各種移動式(台車付)スタンドへの設置

②壁掛けユニット(SU-WL500等)による壁への設置


③天井からの吊り下げによる設置

④ 壁よせフロアスタンド(SU-FL71シリーズ等)への設置


【該当しない設置例】
 【連絡先】
ソニーテレビ受付センター
電話番号
0120-335-855  (専用フリーダイヤル)
(PHS・携帯電話からもご利用可能です。)
受付時間
月~金曜日  9:00~18:00
土・日・祝日  9:00~17:00
このページの先頭へ