ニュースリリース

コンテンツメニュー
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。
2013年04月08日

XDCAM HD422フォーマットに加え、XAVC HDフォーマット記録にも対応する
XDCAM HD422レコーダーを発売

-放送局からプロダクションまで幅広い映像制作をサポート-



  • XDCAM HD422レコーダー「PMW-1000」
ソニーは、XDCAM HD422シリーズの新しいラインアップとして、XDCAM HD422(50Mbps)に加え、XAVC HDフォーマットの記録にも対応したXDCAM HD422レコーダー「PMW-1000」を発売します。
型名 発売日 メーカー希望小売価格
XDCAM HD422レコーダー「PMW-1000」 2013年6月末 1,260,000円
(税抜価格 1,200,000円)
 XDCAM HD422シリーズは、高画質記録とファイルベースワークフローの効率性を兼ね備えたMPEG HD422(50Mbps)収録に対応し、放送局や映像プロダクションなどの高品位な映像制作の現場で広く採用されています。シリーズとして、2008年発売以来プロフェッショナルディスク用のスタジオレコーダーやショルダーカムコーダー、SxSメモリー用のハンディーカムコーダーなど幅広い商品群を展開しています。

 本機は、SxSメモリーカードへMPEG HD422(50Mbps)コーデックに加え、XAVC HD(MPEG-4 AVC/H.264 100Mbps)コーデックでの記録もでき、様々な映像制作現場のワークフローをサポートします。また、フロントパネルにジョグ/シャトルダイヤルを搭載しているため、広く普及しているVTR機器と同様にフレーム精度での画さがしが可能です。さらに、バッテリー駆動が可能なポータブルタイプのレコーダーで、ロケ先での収録映像の確認や、カムコーダーにHD-SDIで接続してカムコーダーと同時に収録することにより、バックアップ収録用として活用できます。

 現在、映像制作の現場では、HD映像の普及により高画質な映像制作が不可欠になってきている一方で、更に効率的なファイルベースワークフローが求められています。
 ソニーは、SxSメモリーに対応した本機をXDCAM HD422シリーズに加えることで、ノンリニアとの親和性と機動力に優れたSxSメモリーメディアでの効率的な映像制作を可能とし、さらに、本機と既存の保存性と可搬性に優れた安価なプロフェッショナルディスクメディア対応商品との使い分けにより、お客様の運用に合わせた最適なソリューションを提案します。

XDCAM HD422レコーダー「PMW-1000」の主な特長

1.マルチコーデック対応。フルHD、MPEG HD422、XAVCの再生記録に対応

 MPEG HD422(50Mpbs)、MPEG HD420(35Mbps)などプロフェッショナルディスクと同じXDCAMフォーマットに加え、新しく追加された“XAVC”フォーマット、MPEG-4 AVC/H.264 100Mbpsにも対応しており、目的に合わせて柔軟な運用が可能です。
※:フレームレートは1080/29.97P、25P、23.98P、59.94i、50iに対応しています。EXフォーマットは再生のみ対応します。

2.リニアライクなオペレーションが可能

 本機は広く普及しているVTR機器と同様の、ジョグ/シャトルダイヤルを装備し、-1~+1倍速(JOG)/-2~+2倍速(VAR)でフレーム精度での画さがしが可能です。
 また、RS-422 9pin端子に対応することにより、従来のリニア編集環境でプレーヤーとして、ノンリニア編集機へのSDIインジェストも可能です。
さらに、4.3型カラー液晶ディスプレイやモニタースピーカーを搭載し、ロケ先などでも別途モニターを用意することなく、収録映像を確認することができます。

3.外部ストレージへの素材バックアップコピーが可能

 本機のUSB端子に、HDDやフラッシュメモリーなどのUSBインターフェースを備えた外部ストレージを直接接続することで、PCを経由せず、SxSメモリーカードに収録された素材をコピーできます。
素材を外部ストレージにコピーすることで、SxSメディアを次の収録に循環運用することが可能です。

4. XDCAMメモリーカムコーダーと連携したワークフローをサポート

 本機は、XDCAMメモリーカムコーダーと連携したワークフローをサポートしています。例えば、XDCAMメモリーカムコーダーで記録された素材の再生機として運用いただけます。
また、「PMW-F55/ F5」でハイフレームレート撮影された素材をスローモーションで再生することも可能です。
※:“XAVC” HD 29.97p, 25p, 23.98p, 59.94i, 50i、MPEG HD422 再生のみ対応しています。

5. ネットワークオペレーション

 Gigabit Ethernet(1000BASE-T)を搭載。FTPによるファイル転送が可能です。またFTPだけでなくCIFSプロトコルにも対応しているため、ノンリニア編集機などパソコンにネットワークドライブとして直接マウントすることも可能です。

6. 3つの電源に対応、ハーフラックサイズ

 AC / DC /バッテリーの3電源に対応しています。ハーフラックサイズ(約W210xH約132xD約418mm)という小型軽量モデルの為、フィールドでの運用にも対応します。

XDCAM HD422レコーダー「PMW-1000」の主な仕様

■システム
記録・再生フォーマット
(UDFモード/MXF)
ビデオ MPEG HD422MPEG-2 422P@HL、50Mbps
MPEG HDMPEG-2 MP@HL 35/25(*1)/18Mbps(*1)
MPEG IMXMPEG-2 422P@ML 50(*1)/40(*1)/30Mbps(*1)
DVCAMDVCAM 25Mbps
オーディオ MPEG HD42224bit 48kHz 8ch
MPEG HD16bit 48kHz 4ch
MPEG IMX16bit 48kHz 8ch or 24bit 48kHz 4ch(*1)
DVCAM16bit 48kHz 4ch
プロキシビデオ MPEG-4
プロキシオーディオ A-Law、8ビット、8kHz、8ch
記録・再生フォーマット
(exFATモード/MXF)
ビデオ XAVC MPEG-4 AVC/H.264 100Mbps
オーディオ 24bit 48kHz 8ch
再生フォーマット
(FATモード/MP4)
ビデオ MPEG HD MPEG-2 MP@HL 35Mbps(*1)/MPEG-2 MP@ H14 25Mbps(*1)
DVCAM DVCAM 25Mbps(*1)
オーディオ MPEG HD 16bit 48kHz 4ch(*1)
DVCAM16bit 48kHz 4ch(*1)
記録・再生時間
(UDFモード/MXF)
MPEG HD422 ビットレート50Mbps:約240分(128GB)、約120分(64GB)、約60分(32GB)
MPEG HD 35Mbps:約360分(128GB)、約180分(64GB)、約90分(32GB)
25Mbps、再生のみ:約400分(128GB)、約200分(64GB)、約100分(32GB)
18Mbps、再生のみ:約560分(128GB)、約280分(64GB)、約140分(32GB)
MPEG IMX 50Mbps、再生のみ:約240分(128GB)、約120分(64GB)、約60分(32GB)
DVCAM 25Mbps:約440分(128GB)、約220分(64GB)、約110分(32GB)
記録・再生時間
(exFATモード/MXF)
XAVC 100Mbps:約120分(128GB)、約60分(64GB)、約30分(32GB)
再生時間
(FATモード/MP4)
MPEG HD 35Mbps、再生のみ:約400分(128GB)、約200分(64GB)、約100分(32GB)
25Mbps、再生のみ:約560分(128GB)、約280分(64GB)、約140分(32GB)
DVCAM 25Mbps再生のみ:約520分(128GB)、約260分(64GB)、約130分(32GB)
サーチスピード JOGモード-1~+1倍速
VARモード-2~+2倍速
SHUTTLE-20~+20倍速
FF/REWモード-35~+35倍速(*2)
■ビデオ特性
サンプリング周波数 Y:74.25MHz、R-Y/B-Y:37.125MHz
量子化特性 MPEG HD422、MPEG HD、MPEG IMX、DVCAM 8bit/サンプル
XAVC 10bit/サンプル
■プロセッサー調整範囲
ビデオレベル-∞~+3dB
クロマレベル-∞~+3dB
セットアップ/ブラックレベル±30 IRE/±210mV
クロマ位相±30°
システム位相SYNC…±15μs〈マイクロ秒〉、SC…0~+400ns
■オーディオ特性
サンプリング周波数48kHz
量子化特性24bit
周波数特性20Hz~20kHz +0.5/-1.0dB(0dB、1kHz)
ダイナミックレンジ90dB以上
ひずみ率0.05%以下(1kHz)
■入/出力端子
デジタル入力 HD/SD-SDI INPUT BNC ×1(HD/SD切換式) HD:SMPTE-292M準拠/SD:SMPTE-259M準拠
アナログビデオ入力 REF BNC×2(ループスルー)、HD3値シンク(0.6Vp-p/75Ω〈オーム〉/同期負)
またはSDブラックバースト/コンポジットシンク(0.286Vp-p/75Ω〈オーム〉/同期負)
アナログオーディオ入力 ANALOG AUDIO INPUT 1、2 XLR3ピン 凹x2、+4/0/−3/−6dBu 選択式
ハイインピーダンス、平衡デジタルオーディオ入力
タイムコード入力 TIME CODE IN BNC×1 SMPTEタイムコード、0.5~18Vp-p/3.3kΩ〈キロオーム〉/不平衡
DC入力 DC12V XLR4ピン 凹×1
デジタル出力 HD-SDI OUTPUT BNCx2(HD SDI2出力のみスーパーのON/OFFが可能)、
SMPTE-292M準拠
SD-SDI OUTPUT BNCx2(SD SDI2出力のみスーパーのON/OFFが可能)、
SMPTE-259M準拠
HDMI OUTPUT Type A 19ピン×1
映像;1080i,720P,480i,480P,576i,576P、音声;2ch/16bit/48kHz
アナログビデオ出力 COMPOSITE OUTPUT 1、2
(MONITOR)
BNC×2 1.0Vp-p/75Ω〈オーム〉/同期負 SMPTE-170M準拠
アナログオーディオ出力 ANALOG AUDIO OUTPUT XLR3ピン 凸×2、+4/0/−3/−6dBu 選択式、600Ω負荷、ローインピーダンス、平衡
AUDIO MONITOR OUTPUT XLR3ピン 凸×2、+4dBu、600Ω負荷、ローインピーダンス、平衡
PHONES ステレオ標準ジャック×1 -∞~-13dBu/8Ω〈オーム〉/不平衡
タイムコード出力 TIME CODE OUT BNC×1 SMPTEタイムコード、1.0Vp-p/75Ω〈オーム〉/不平衡
USB USB フロント USB3.0×1 TypeA端子
■コントロール端子
REMOTE(9P) D-sub 9ピン(凹)×1 RS-422A準拠
ネットワーク RJ-45型×1 1000BASE-T:IEEE802.3ab準拠、100BASE-TX:IEEE802.3u準拠、10BASE-T:IEEE802.3準拠
■その他
MAINTENANCE端子 リア USB2.0×2 TypeA型
LDCモニター 4.3型Color LCD
SxSメモリーカードドライブ ExpressCard/34×2ドライブ
■一般
電源 AC100V~240V、50/60Hz、DC 12V
消費電力 AC 約80W DC 約12V 約5.7A
動作温度 5~40℃
外形寸法
(幅×高さ×奥行)
約210x約132x約418mm(最大突起含まず)
質量 約5.0kg(本体)

*1:(UDFモード時)MPEG HD 25Mbps/18Mbps、MPEG IMX、(FATモード時)MPEG HD 35Mbps/25Mbps、DVCAMは再生のみ。
*2:最高速度は約±50倍速ですが、クリップの記録状態や再生位置によってかわることがあります。
※記録・再生時間は目安であり、クリップやオーディオチャンネル数によって異なります。仕様は変更される場合があります。

注:XDCAM、XDCAM EX、MPEG HD422、SxSとそのロゴは、ソニー株式会社の商標です。なお、本文中ではTM、®マークは明記していません。

お客様からのお問い合わせ先


ソニービジネスソリューション(株) 業務用商品相談窓口
TEL
0120-788-333 (フリーダイヤル)
0466-31-2588(携帯電話・PHS・一部のIP電話などフリーダイヤルがご利用になれない場合)
受付時間
9:00~18:00(土・日・祝日、および年末年始は除く)
ソニー製品情報 URL
sony.jp/pro/
“XDCAM”オフィシャルサイト URL
sony.jp/xdcam
このページの先頭へ