報道資料
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。

2013年4月26日

ソニーがスポンサーとして支援する 世界規模の写真コンテスト

〜「 Sony World Photography Awards 2013*」授賞式開催 〜

 「Sony World Photography Awards 2013受賞作品展」が、4月26日(金)から5月12日(日)までイギリス・ロンドンにて開催されます。会場では、世界170カ国のフォトグラファーから寄せられた約122,000点の応募作品の内、最終選考に残った190点の作品が公開されます。
 現地時間4月25日(木)には、以下部門の受賞者への授賞式が行われました。

*主催:World Photography Organization (会長 スコット・グレイ氏)

 「Sony World Photography Awards」とは、プロフェッショナルおよびアマチュアの枠を超えてフォトグラファー同士が交流できる国際的な機会を提供することを目的として、毎年1回開催している写真コンテストです。ソニーは、2007年よりスポンサーとしてこの活動を支援してきました。

 デジタル一眼カメラ“α”シリーズやデジタルスチルカメラ“サイバーショット”など幅広いデジタルイメージング商品を展開しているソニーは、「Sony World Photography Awards」の活動をスポンサーとして支援し、世界のプロフェッショナルおよびアマチュアフォトグラファーの創造性の高い作品を世に広める場を提供することで、写真文化の発展に貢献していきます。

「Sony World Photography Awards 2013」受賞者/受賞作品

・プロフェッショナル部門(応募総数 6万点以上)

<Architecture>, <Arts &Culture>, <Campaign>, <Conceptual>, <Current Affairs>, <Contemporary Issues>, <Fashion & Beauty>, <Landscape>, <Lifestyle>, <Nature & Wildlife>, <People>, <Portraiture>, <Sport>, <Still Life>, <Travel>の15部門からそれぞれ、最優秀フォトグラファーを選出し、その中からフォトグラファー・オブ・ザ・イヤーを決定しています。

フォトグラファー・オブ・ザ・イヤー (プロフェッショナル部門)
L'Iris d'Or - the 2013 Sony World Photography Awards Photographer of the Year

♦<People>部門 Andrea Gjestvang (ノルウェー) 賞金 25,000 USドルほか

また、以下2名の日本人フォトグラファーが、プロフェッショナル部門の各部門賞を受賞しました。

・一般公募部門(応募総数 6万点以上)

<Architecture>, <Arts &Culture>, <Enhanced>, <Low Light>, <Nature & Wildlife>, <Panoramic>, <People>, <Smile>, <Sport>, <Split Second>, <Travel>の各部門から、最優秀フォトグラファー11名を選出し、その中から、フォトグラファー・オブ・ザ・イヤーを決定しています。

フォトグラファー・オブ・ザ・イヤー(一般公募部門)
Open Photographer of the Year

♦<Enhanced>部門 Hoang Hiep Nguyen (ベトナム) 賞金 5,000 USDドルほか

また、日本人フォトグラファー1名が一般公募部門<People>部門の最優秀賞を受賞しました。
♦<People>部門 久富忠彦 氏

<日本部門賞> Sony World Photography Awards 2013より新設された日本部門賞(審査委員長 写真家 三好和義氏) には、以下3名の作品が受賞しました。

その他のYouth部門や3D部門を含む各部門の受賞者の詳細は、以下サイトよりご覧いただけます。

World Photography Organizationのオフィシャルサイト(受賞作品と原文リリース)

「Sony World Photography Awards 2014」について
次回の「Sony World Photography Awards 2014」の応募期間は、2013年6月初旬に受付を開始し、翌2014年1月初旬までの予定です。
詳細に関しては、World Photography Organizationのオフィシャルサイトをご覧ください。

このページの先頭へ