ニュースリリース

コンテンツメニュー
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。
2013年07月08日

英国のバイクレース「マン島TTレース2013」※1がアクションカムを公式カメラとして採用

- スポーツアプリケーションなどに最適な小型・軽量のアクションカムで、高画質な迫力ある体感映像を –



 ソニーのデジタルHDビデオカメラレコーダー アクションカムは、このたび英国のマン島で行われている伝統的なバイクレース「マン島TTレース2013」※1において、公式カメラとして採用されました。本レースでは、合計47台のアクションカムをバイクなどに取り付けて、迫力ある体感映像が高画質で撮影されました。ソニーは、このマン島でのレースの様子を、本日よりアクションカム公式Youtubeチャンネル「Action Cam by Sony」にて、公開しました。

 ソニーは、アクションカム デジタルHDビデオカメラレコーダー 『HDR-AS15』を昨年10月に発売して以来、迫力ある高画質な体感映像の撮り方や楽しみ方を提案すべく、「Action Cam by Sony」を今年5月に立ち上げ、マウンテンバイクやカヤックに取り付けたり、ラジコンのヘリコプターから撮影した軍艦島(長崎県・端島)など、様々な映像を公開しています。
 また今回、アクションカムで撮影された公式映像は、マン島TTレースを放送したNorth One TV(ノースワンティービー)に使用および世界中へ配信され、プロジェクトプロデューサーであるクリストファー・クート氏が以下のように述べています。

“ソニーのアクションカムは、小型にも関わらず、電子式手ブレ補正機能による安定した映像が得られ、前方に配置されたステレオマイクによりしっかり音を拾える、といった点を評価し、採用を決定しました。”

  • アクションカム
    デジタルHDビデオカメラレコーダー『HDR-AS15』
 このアクションカムは、本体重量90g※2と小型・軽量で、バイクだけでなく、スキーやスノーボード、自転車、スカイダイビングなどのさまざまなスポーツシーンにおいて、暗所や振動の多い条件下などでも専用のアクセサリーと組み合わせてハンズフリーで撮影を楽しめるビデオカメラです。ソニー独自の総画素数約1680万 裏面照射型 “Exmor R(エクスモア アール)”CMOSイメージセンサーとカールツァイス テッサーレンズを搭載し、暗いシーンでもフルHDの高画質撮影が可能です。また、動きながらでも滑らかな撮影ができる手ブレ補正機能※3を搭載しています。
 『HDR-AS15』は、HD画質(1280×720, 30p)で、2倍、4倍のスローモーション撮影ができるため、アクティブなスポーツシーンは2倍スロー、ゴルフや野球などのスイングフォームには4倍スローなど、様々な撮影に対応します。

 ソニーは、これまでビデオカメラで培った技術を活かし、自由なスタイルで迫力のある体感映像を高画質に撮影できるアクションカメラの楽しみを広げていきます。

※1: 本年5月25日から6月7日の2週間にわたって英国王室属領マン島で開催された。100年以上前から開催されている伝統的かつ世界で最も過酷な公道バイクレース。
※2: 同梱バッテリーNP-BX1使用時。
※3: 電子式手ブレ補正。手ブレ補正は、広角120度のみ有効。
※ 記載されている会社名および商品名などは、各社の商標または登録商標です。
このページの先頭へ