ニュースリリース

コンテンツメニュー
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。
2013年09月13日

HDや4K等の映像音声信号、制御信号をネットワーク上で同期伝送・同期切り替えできる「リアルタイムIPプロダクション技術」を開発

‐ スポーツ中継などのライブ制作において、IPを活用した効率的な映像制作環境を提案 -



  • 写真:SDI/IPコンバーター ※最終デザインではありません。
  • リアルタイムIPプロダクション技術
 ソニーは、プロフェッショナル事業領域で映像制作におけるIP技術の活用に取り組んでおり、この度、主にスポーツ中継などのライブ制作における効率化とシステムコスト低減に繋げる「リアルタイムIPプロダクション技術」を開発しました。
 「リアルタイムIPプロダクション技術」とは、HD映像伝送の標準規格であるHD-SDIとIPネットワーク技術を融合させたもので、従来複数のケーブルで行っていた機器間の映像・音声・制御・同期信号の伝送を、ネットワークケーブル1本で実現する技術です。HD、4Kを始めとした複数の高画質映像や音声をネットワーク経由で多地点に同期伝送し、切り替えノイズ無くスムーズにソース映像切り替えができるため、撮影現場と放送局間の映像伝送において、大幅な効率化を実現します。

 ライブ制作などの現場ではHD映像伝送においても複数のケーブル設備が必要な上、4K高画質映像制作においては、HDの4倍の情報量を伝送するため4倍のケーブルが必要で、入力・出力双方向の場合はHD制作時の8倍量のケーブルが必要です。
 本技術を用いると、4K映像もネットワークケーブル1本で伝送できるため、従来と比較して、1/8以下のケーブル敷設でシンプルにシステム構築ができ、設置コスト、スペース、ケーブル重量が大幅に低減できます。
  • 複数のケーブルで行っていた機器間の映像・音声・制御・同期信号の伝送を、 ネットワークケーブル1本で実現
 また本技術は、異なる複数のビデオフォーマットも同時に1本のネットワークケーブルで伝送できます。さらに、IPスイッチの追加により接続機器を容易に拡張することが可能です。
全ての機器がネットワークで繋がるため、ネットワーク経由で遠隔からの操作や、機器監視・保守も可能となり、制作のみならず機器メンテナンスの効率化も図れます。
 ソニーは、本技術を搭載した「IPインターフェースモジュール」、「SDI/IPコンバーター」、「ネットワークマネージャー」ソフトウェアの開発に加え、本技術を組み込んだ放送機器製品を2014年度以降に発売することを目指します。
※:ケーブル数はシステム構成により異なります。

・「IPインターフェースモジュール」
 映像・音声・制御・同期信号をパケット変換し、リアルタイムにネットワーク伝送するためのプロセスを組み込んだ基板です。小型・軽量で様々な機器の内部に組み込めます。それにより各機器よりネットワークケーブルでの映像伝送が可能になります。

・「SDI/IPコンバーター」
 SDIのインターフェースのみの従来の放送業務用機器に対して、外付けでSDI-IP変換を行い、IPインターフェース機能を追加する変換器です。IPインターフェース導入の過渡期において、既存のSDI製品のネットワーク接続用途に使えます。

・「ネットワークマネージャー」
 機器間の通信を管理するソフトウェアです。IPを用いた映像伝送では、放送品質の映像を安定して伝送することが課題です。本ソフトウェアは、ソニー独自のアルゴリズムにより、最適なネットワークリソース管理を行うとともに、QoS(Quality of Service)と呼ばれる技術を活用し、優先的に映像データを伝送したり、必要なネットワーク帯域を予約するなどして、求められる通信速度を常時安定して提供できます。
※:QoSとは、ネットワーク上でデータの種類に応じた優先順位に従ってデータを伝送したり、特定の伝送用ネットワーク帯域を予約するなどして、一定の通信速度を保証する技術です。

■「リアルタイムIPプロダクション技術」は様々なアプリケーションに応用が可能です。
<IPベースAVルーティングシステムの応用例>
 カメラやモニターなどの既存のSDI機器に「SDI-IPコンバーター」を繋ぐか、もしくは「IPインターフェースモジュール」を内部に組み込んだ機器を繋ぎ、汎用的なIPスイッチを介してネットワーク接続したシステムにより、現行のSDIルーターを置き換える「IPベースAVルーティングシステム」を実現します。(下図参照)
 HD、4Kを始めとした高画質の映像や音声をネットワーク経由で多地点に同期伝送し、切り替えノイズ無くスムーズにソース映像切り替えができます。

  • <IPベースAVルーティングシステム>
    ※IBC2013では、このシステムをベースとして、技術参考展示を行います。
<リモート制作システムの応用例>
 遠隔地の機器同士をネットワークでつなぎ、双方向の映像、音声、制御、同期の伝送と遠隔操作を行う「リモート制作システム」に展開していくことが可能です。(下図参照) これまで現場に多くの機材と人員を派遣していた制作コストの大幅な削減が期待できます。
  • リモート制作システム
 ソニーは、「リアルタイムIPプロダクション技術」を活用したIPベースの様々なAVシステムを提案するとともに、IPモジュール、SDI/IPコンバーター、ネットワークマネージャー、及びIPモジュールを搭載した製品開発を進め、広くこの技術の普及促進のための環境構築に努めてまいります。
このページの先頭へ