ニュースリリース

コンテンツメニュー
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。
2014年01月08日

「オープンエネルギーシステム(OES)」を実現する
分散型DC*電力制御に関する実証的研究の取り組みについて

~ 1月14日より 第1回「オープンエネルギーシステム」国際シンポジウム開催(於:OIST) ~


株式会社ソニーコンピュータサイエンス研究所
沖縄科学技術大学院大学 (OIST)

 株式会社ソニーコンピュータサイエンス研究所(本社:東京都品川区、社長:北野宏明、以下、ソニーCSL)は、2012年度より沖縄科学技術大学院大学(OIST)、株式会社沖創工とソニーグループとの共同で、「オープンエネルギーシステム(OES)を実現する分散型DC*電力制御に関する実証的研究」に取り組んできました。
 このたび、本研究テーマの進捗報告を兼ねて第1回オープンエネルギーシステム国際シンポジウム(1月14日~15日、於 沖縄科学技術大学院大学(沖縄県国頭郡恩納村字谷茶1919-1) を開催しますので、ご案内致します。

 本シンポジウムでは、OESの実現のための技術的課題の解決に向けた取り組みを紹介するとともに、都市部や離島、電力供給が不安定な地域、さらには電力供給の無い僻地など、さまざまな社会的、地理的状況におけるOESの適用をめぐる課題を取り上げ、政府指導者やビジネスリーダー、技術専門家が議論します。Sony CSL-OISTオープンエネルギーシステム・プロジェクトの見学会や、最終日には気候変動に関する政府間パネル(IPCC)のラジェンドラ・パチャウリ議長による特別基調講演(生中継)も予定しています。
*DC:Direct Current 直流

「オープンエネルギーシステム」とは:

地球温暖化や石油など化石燃料の枯渇リスクなどから、自然エネルギーの有効利用に対する期待はますます高まっています。しかし、薄く分散し、時間的な変動が激しい自然エネルギーからの電力を既存の送電網に統合することには技術的な困難があることも知られています。ソニーCSLでは、自然エネルギーの最大限の活用、さらには自然エネルギーを主電力源とする安定的な電力システムの実現を目指し、既存の送電システムに替わるものとして超分散型でダイナミックに再構成可能なオープンエネルギーシステムに関する研究を2010年より行なっています。

沖縄科学技術大学院大学(OIST)とソニーCSLの共同研究について:

 ソニーCSLは、2011年度より独立行政法人沖縄科学技術研究基盤整備機構と共同で、沖縄科学技術大学院大学(OIST)のキャンパスにおいて自然エネルギー(太陽光発電と風力発電)エナジーストレージシステムを用いた「オープンエネルギーシステム」の実証実験を開始しました。
 そして、2012年度からは、亜熱帯・島しょ型エネルギー基盤技術研究事業(沖縄県)の採択・補助を受け、沖縄科学技術大学院大学(OIST)、㈱沖創工の3社共同で、「オープンエネルギーシステム(OES)を実現する分散型DC*電力制御に関する実証的研究」に取り組んでいます。
本研究においては、太陽光発電、風力発電などの再生可能エネルギー源を全面的に活用するとともに、OISTキャンパス内の個人宅に設置されたソニー製のリチウムイオンベースのエネルギーサーバー・ユニットを使用して蓄電を行い、各個人宅が自然エネルギーを主電源とした電力を使用するとともに、DC*送電網により相互に融通しあえるようなDC*マイクログリッドの開発を行っています。

第1回オープンエネルギーシステム国際シンポジウム

主催:沖縄科学技術大学院大学(OIST)
共同主催:ソニーコンピュータサイエンス研究所(ソニーCSL)

1月14日(火)

9:30-9:40
開会の挨拶
◆ジョナサン・ドーファン: OIST学長
9:40-9:50
共同組織委員長の挨拶
◆パトリック・ヴィンセント: OIST副学長(財務・事業開発担当)
9:50-10:10
オープンエネルギーシステムとは何か?
◆北野 宏明: OIST教授/ソニーCSL代表取締役社長
 
--------------------グローバルな課題-------(北野 宏明)-----------------------
10:10~10:55
基調講演1 : “持続可能な発展を支えるエネルギーの役割”
◆デーブ・グリッグス: Climate Works Australia CEO兼 モナシュ大学教授
サステナビリティ研究所理事 (オーストラリア)
10:55-11:40
基調講演2 : “スマートシティー構築に不可欠な統合的挑戦”
◆ローナン・ステファン博士: ALSTOM社最高イノベーション責任者(CIO)
11:40-11:55
休憩
11:55-12:40
基調講演3 : “日本の再生可能エネルギー政策と分散型エネルギー次世代電力網の構築に向けて”
◆島津 裕紀: 経済産業省 資源エネルギー庁 新エネルギー対策課 課長補佐
12:40-14:15
昼食 および Sony CSL-OISTオープンエネルギーシステム・プロジェクト見学
14:15-15:00
基調講演4 : “アフリカ諸国における地方電化促進の阻害要因と技術的革新の必要性”
◆林 俊行 国際協力専門員: (独)国際協力機構(JICA)
15:00-15:45
基調講演5 : “オープンエネルギーシステムと革新的クリーンテクノロジーの役割:ハワイに於けるケーススタディー”
◆デニス・テラニシ:太平洋ハイテクセンター(PICHTR)CEO、ハワイ
15:45-16:15
ミニパネル 1 : “グローバルアジェンダとしてのオープンエネルギーシステム”
◆モデレータ: 北野 宏明
パネリスト: デーブ・グリッグス、ローナン・ステファン、島津 裕紀、林 俊行、デニス・テラニシ
16:15-16:30
休憩
 
-------------------- テクノロジー-----------(所 眞理雄)-------------------------
16:30-17:00
“沖縄における新エネルギーへの取組み”
◆堤 純一郎: 琉球大学教授
17:00-17:20
“シーホースプロジェクト 海洋エネルギー開発”
◆新竹 積:OIST教授
17:20-17:35
“エネルギー材料と有機エレクトロニクス”
◆ヤビン・チー:OIST准教授
17:35-18:00
“SonyCSL-OISTオープンエネルギーシステム・プロジェクトについて”
◆所 眞理雄: ソニーCSLエグゼクティブ・アドバイザー/ファウンダー
18:00-18:30
ミニパネル 2 : “オープンエネルギーシステムの現状と展望”
◆モデレータ: 所 眞理雄
パネリスト: 堤 純一郎、新竹 積、ヤビン・チー
藤田 真人(株)地球快適化インスティテュート チーフアナリスト
太田 勇: ミサワホーム総合研究所環境エネルギー研究室室長

1月15日(水)

 
-------------持続的社会構築の課題 / ビジネス機会 -----(パトリック・ヴィンセント)----
9:00- 9:45
基調講演6 : “再生可能エネルギーによる持続可能な地域発展に向けて”
◆諸富 徹: 京都大学教授
9:45-10:30
基調講演7 : “低電力通信機器のための太陽電池: Orange社の新たなビジネス機会”
◆トーマス・リベラ博士: Orange Labs Networks社
10:30-10:45
休憩
10:45-11:30
基調講演8 : “沖縄グリーンアイランド計画におけるEV導入プロジェクト”
◆田中 謙司: 東京大学特任准教授
11:30-12:15
基調講演9 : “東日本大震災後のエネルギー産業のパラダイムシフト- エネルギー産業のベストミックスの創造にむけて”
◆藤原洋: 株式会社ブロードバンドタワー代表取締役会長兼社長CEO
12:15-13:15
昼食
13:15-13:45
ミニパネル 3 : “持続的社会構築の課題とビジネス機会”
◆モデレータ: パトリック・ヴィンセント
パネリスト 諸富 徹、トーマス・リベラ、田中 謙司、藤原 洋
山口 勝洋: サステナジー株式会社代表取締役社長
13:45-14:15
最終討論 : “沖縄から世界へ”
◆モデレータ: 北野宏明
パネリスト: 未定
 
--------------------特別基調講演 -----(ジョナサン・ドーファン)--------------------
14:15-15:15
特別基調講演 : “気候変動とエネルギーの選択” (デリーからの生中継)
◆ラージェーンドラ・クマール・パチャウリー博士:IPCC議長
15:15
閉会の挨拶
◆ジョナサン・ドーファント
このページの先頭へ