ニュースリリース

コンテンツメニュー
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。
2014年02月20日

高精細なHD解像度でフォーカスフリーの映像投影が可能なピコプロジェクターモジュールを開発


 ソニーは、レーザー走査方式※1を採用した独自開発の映像処理システムにより、高精細なHD解像度※2で、投影面との距離や角度に関わらず焦点が合う「フォーカスフリー」の、鮮やかで美しい映像投影を可能にしたピコプロジェクターモジュールを開発しました。
 本モジュールは、Wi-Fi部品やバッテリーなどと組み合わせることで、スマートフォンやタブレットなどの映像をより高解像度で、手軽に壁や机などの平面や曲面にフォーカスフリーで投影して楽しむことができる、ポケットサイズの小型プロジェクターの実現を可能とします。

※1 光源には半導体レーザーを使用し、そのレーザー光線をMEMS(マイクロ・エレクトロ・メカニカル・システム)ミラーで反射、制御することで走査し、映像を投影する方式。
※2 解像度は1920×720、アスペクト比は16:9です。

  • ピコプロジェクターモジュール

  • フォーカスフリーのイメージ
 現在、バッテリーで駆動するピコプロジェクターに搭載されているモジュールは、パネル方式でVGA(640×480)やWVGA(800×480)の解像度が主流です。また、それらの多くは、投影距離によって焦点が合わない場合があるため、フォーカスを合わせたり、正面から投影する必要があるなど、使用上の制約があります。

 今回開発したモジュールは、主に、半導体レーザー、MEMS(マイクロ・エレクトロ・メカニカル・システム) ミラー※3、それぞれのドライバー、およびビデオ信号処理や映像出力を制御するビデオプロセッサーから構成されています。
 光源には半導体レーザーを使用し、そのレーザー光線をMEMSミラーで反射、制御することで走査し、映像を投影する、レーザー走査方式を採用しています。半導体レーザーとMEMSミラーを高度に制御するビデオプロセッサーを開発したことで、現在、バッテリー駆動のピコプロジェクターで主流のVGAやWVGAを上回る、高精細なHD解像度を実現しました。さらに、レーザー光線は、集光性が高く直進性に優れていることから、投影面との距離や角度に関わらず焦点が合うフォーカスフリーの映像投影が可能です。本モジュールは、投影距離1メートルの場合は約40インチ、3メートルでは約120インチの大画面で美しい映像を投影します。
 また、ソニー独自の光学技術により、レーザー走査方式の課題であるレーザースペックルノイズ(映像の斑点状のノイズ)の低減を実現しました。さらに、従来のパネル方式と比べて、より広色域、高コントラストな鮮やかで美しい映像の投影を可能にしました。加えて、独自に開発した斜め画像歪補正回路の搭載により、投影面に対して斜めから投影すると台形などに歪む映像を、本来の長方形画面に補正することも可能です。※4

 ソニーは、本モジュールのさらなる小型化や高輝度化などの開発を進め、ピコプロジェクターやプロジェクター機能を搭載した機器向けに商品化を目指します。

※3 MicroVision Inc.のPicoP技術を採用しています。
※4 本モジュールのみで斜め投影を自動で検出して補正することはできません。斜め補正をする場合、投影された映像の解像度は1920×720にならない場合があります。

  • ピコプロジェクターモジュールの主な構成

主な特長

1) 高精細なHD解像度を実現※2

2) レーザー走査方式を採用した独自開発の映像処理システムにより、鮮やかで美しい映像の投影が可能
  • 投影面との距離や角度に関わらず焦点が合うフォーカスフリーのため、手軽に壁や机などの平面や曲面に投影
  • 広色域、高コントラスト
  • 動きの速い動画でも残像感の無い映像

3) 斜め画像歪補正回路の搭載により、斜めから投影した台形などに歪む映像を、長方形画面に補正※4

4) 小型モジュール(縦52.5mm×横63.0mm×高さ7.2mm)

※記載されている会社および商品名は、各社の商標または登録商標です。
なお、本文中では™、®マークは明記していません。
このページの先頭へ