ニュースリリース

コンテンツメニュー
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。
2014年08月27日

年賀はがきから実写3D映像が飛び出す
ライブアクションAR*技術が2015(平成27)年用年賀葉書ARアプリに採用

~ スマートフォン向けARアプリ作成サービスの外販を開始 ~


ソニー(株)
ソニーデジタルネットワークアプリケーションズ(株)
ソニーデジタルネットワークアプリケーションズ株式会社は、ソニー株式会社が開発した3D実写AR表現技術 LiveAction AR(ライブアクションAR)を使ったスマートフォン向けARアプリ作成サービスの提供を開始し、この度、日本郵便株式会社の2015(平成27)年用年賀葉書ARアプリへの採用が決定しました。
ソニーはこれまで、LiveAction ARをソニーグループのゲームや音楽コンテンツと併せて提供してきましたが、今回初となる他社での採用から、今後は、このアプリケーションを顧客別にカスタマイズしたスマートフォン向けARアプリ作成サービスとして外販をしていきます。
(*AR: Augmented Reality拡張現実感)
© JAPAN POST CO., Ltd.

実写コンテンツをその場にいるかのように表現できる3D実写AR表現技術

LiveAction ARとは、ソニーが開発した統合型拡張現実感技術 SmartAR®(スマートAR)を利用し、人物などの実写コンテンツを、どの方向から見ても、まるでその場にいるかのように表現できる「3D実写AR表現技術」です。
既存のAR技術では、3D CGか2Dの写真やビデオを重畳して表示するものが大半で、人物などの実写コンテンツを表示すると、平面的に見えてしまい、その場にいるかのように立体的かつリアルに表示することが困難でした。
LiveAction AR技術 では、キャラクターやアイドルなどが、あたかもその場にいるかのような臨場感で立体的にスマートフォンの中に登場し、動画で話しかけてきたり、一緒に写真を撮ったりできるアプリを実現できます。

スマートフォン向けARアプリ作成サービスと今後の展開

ソニーは、スマートフォンの普及に加えて、アプリストアから気軽にアプリをダウンロードする習慣が一般化したことや、端末の処理能力の向上・通信速度の高速化などによりARを快適に楽しむための環境が整ってきたことからスマートフォンを用いたAR市場は今後ますます成長していくものと見込んでいます。
ソニーはLiveAction AR技術を、これまで主にソニーグループ内のマーケティング用途で活用してきましたが、今回の日本郵便株式会社による採用を皮切りに、ARアプリ作成サービスを通じて積極的に同技術の外販を推進し、AR市場の活性化とビジネスの拡大を目指していきます。

お客様からのお問い合わせ先


ソニーデジタルネットワークアプリケーションズ株式会社 ビジネス推進室
TEL
050-3750-1895
このページの先頭へ