ニュースリリース

コンテンツメニュー
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。
2014年09月12日

IBC 2014 出展概要

4Kなど最新の映像制作ソリューションを提案


ソニーは、オランダ・アムステルダムで、9月12日(金)から開催される国際放送機器展 「IBC 2014」において、「Beyond Definition」をテーマに、普及が加速する4Kをはじめとした高画質映像による感動体験の創出や、映像制作領域におけるワークフローの利便性を追求した最新の映像ソリューション及び新製品を紹介します。
※:「Beyond Definition」には、これまでの枠組みを超えて映像ビジネスの可能性を追求するソニーのチャレンジの意味を込めています。

  • <IBC2014 ソニーブース イメージ>
ソニーは、映像制作に関わるお客様との継続的かつ緊密な連携を基盤として、革新的な技術や商品を提案しながら、映像ビジネスの新しい価値の創出を目指しています。IBC2014では、4Kライブ制作やIPライブプロダクションなど、システムや技術とともにお客様との連携で実現したプロジェクト事例も紹介します。

4K映像制作は映画の世界から番組制作、スポーツライブ、ドキュメンタリーまで急速に拡大しています。
ソニーはCineAlta 4Kカメラ「F65」から「PMW-F55」「PMW-F5」、「NEX-FS700R」、「PXW-Z100」まで4Kカメラのラインアップを強化してきました。最新のハリウッド映画「Annie」、「LUCY」、「Dolphin Tale 2」、「No Good Deed」もソニーの4Kカメラで撮影されています。

また、4Kを超える高解像度・高画質で、圧倒的な臨場感と感動体験を提供する「ビジュアルエンタテインメント」も業界に先駆けて提案しています。本展示会ではその一例として、2台の「F65」で撮影した4K映像を、3台の4Kプロジェクターを使用して、12K(横)×2K(縦)の大画面にて投写します。

ソニーブースでは、「4Kライブ制作」、「IPライブプロダクション」、「4Kドキュメンタリー制作」「XDCAMワークフロー」、「ネットワークプロダクション」、「アーカイブ」の6つのソリューション軸でコーナーを設けた展示を行います。

●4Kライブ制作
2014年FIFAワールドカップにおいて、ソニーはFIFAと共同でFIFA 4K映像オフィシャル・フィルムを制作しました。ソニーは、機材の提供および4Kライブ制作システムの構築と技術支援を行いました。
本展示会では、4K/120pの映像表現を実現する業界最高画質のCineAlta 4Kカメラ「F65」と、4K/HDライブサーバー「PWS-4400」を組み合わせたシステムや、HD撮影時には最大360pのハイスピード撮影(60p出力時で6倍速)が可能でスポーツのハイライトシーンを印象的に再現する、「F55」をベースとしたシステム等を展示し、映像制作業界で4Kによるライブ制作ソリューションを加速します。
なお「PWS-4400」は、2014年11月にバージョン1.2をリリースし、オプションコーデック「PWA-CD401」の追加でAvid® DNxHD®に対応の予定です。

●IPライブプロダクション
ライブ制作における映像伝送を効率化し、システムコスト低減につながるシステム「IPライブプロダクション」を用いて、ルクセンブルグのBCE(Broadcasting Center Europe)とIBC展示会場をリアルタイムで4K中継し、低遅延の映像伝送の実用性を提案します。
ソニーは今後、この技術に賛同したメーカーと共に、最適な仕様やシステムの構成などを含めたハードウェア、ソフトウェア環境を整備していきます。

※:Altera Corporation、Cisco、Evertz、Imagine Communications、Juniper Networks、Macnica Americas、Matrox Electronics Systems、Rohde & Schwarz DVS、Vizrt、Xilinx, Inc.

●4Kドキュメンタリー制作
ソニーは加速する4Kでのドキュメンタリー制作に向けて、ラインアップを強化します。「PMW-F55」「PMW-F5」でワンマンオペレーション運用を可能とするビルドアップキット「CBK-55BK」を展示します。Apple ProRes、Avid® DNxHD®での記録を可能とする「PMW-F55」「PMW-F5」専用のオプションボードも併せて展示します。
さらに、新商品のレンズ交換式XDCAMメモリーカムコーダー「PXW-FS7」により、ドキュメンタリー制作に代表されるカメラワークに機動力を求められる現場にも4K大判センサーによる制作機会を拡げます。

●XDCAMワークフロー
XDCAMシリーズは世界中の放送の現場で活用され、MPEG-2 HD 422をはじめ様々なフォーマットの記録再生、MXFファイルオペレーションの効率的なワークフローに高い評価を頂いています。
本展示会では、XAVCフォーマット対応の新商品群を展示。制作から報道・ドキュメンタリーまで、XDCAMをマルチユースにお使い頂ける環境を整えていきます。
さらに、ワイヤレスネットワークを活用した効率的なワークフローにより、撮影現場での利便性向上、編集作業の効率化、オンエアーまでの時間短縮に貢献します。なお、2015年初頭には、各種XDCAMカムコーダーへライブストリーミング機能も追加すべく開発中です。

※:全てのXDCAMカムコーダーが対象ではありません。

●ネットワークプロダクション
ネットワーク制作システムSonapsの活用事例を紹介します。
Sonapsは、スイスの公共放送局グループ tpc(Technology and Production Center Switzerland AG)に各種スポーツイベントで、現場と各放送拠点をネットワークで繋いだ効率的な制作オペレーションとして活用頂いています。このシステムを展示し、報道・スポーツ制作のファイル化及びネットワーク化を提案します。

●アーカイブ
ソニーは、2012年にオプティカルディスク・アーカイブシステムを発売し、ファイルベース時代の映像アーカイブシステムとしてラインナップを強化してきました。さらに今年、テープベースの映像資産を効率的にデジタイズするテープデジタイズステーション「PWS-100TD1」を発売し、過去の映像資産を有効に活用して頂くための取り組みを開始しました。さらに、2014年8月よりMedia Lifecycle Service (MLS)を欧州で導入し、長年放送機器を開発する中でソニーが蓄積してきたストレージ、アーカイブ、デジタルコンテンツのノウハウを統合して映像資産の効率的な保管、運用、活用を提案します。

主な新商品

レンズ交換式 XDCAMメモリーカムコーダー「PXW-FS7」
4K Exmor® Super35㎜CMOSイメージセンサー(総画素数約1160万画素、有効画素数約880万画素)を搭載し4K XAVCでの本体記録に対応※1すると共に多様な撮影スタイルに本体のみでフレキシブルに対応する全く新しいエルゴノミックデザイン※2を採用した「PXW-FS7K」(レンズ付属)、「PXW-FS7」(本体のみ)を発売します。なお本機は、αマウントシステムに対応し、Eマウントを採用しています。本機の導入により、ドキュメンタリー制作など、カメラワークに機動力を求められる現場にも4K大判センサーによる制作機会を拡げます。
※1:発売時は、QFHD(3840×2160)解像度に対応します。4096×2160解像度の記録は、本体ファームウェア・アップデートにより対応します。
本体ファームウェア・アップデートは、2014年度第4四半期を予定。
※2:エルゴノミックデザイン:人間工学(エルゴノミクス)と呼ばれる研究分野に基づき、人がより自然に・無理なく・効率的に扱えるよう最適化された設計・意匠・デザイン。
※ 詳しくはこちらをご覧ください。 www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/201409/14-086/
「PMW-F55」「PMW-F5」用ビルドアップキット「CBK-55BK」
「PMW-F55」「PMW-F5」で機動力溢れるシューティングスタイルを実現するビルドアップキットです。従来のショルダーカムコーダー同様の手元操作が可能なインターフェース、バランス調整のためにスライド可能なショルダーパッドなど、フィールドでの軽快な運用を可能とします。
また、「PMW-F55/F5」で従来のXAVCをはじめとするフォーマットに加え、Apple ProResやAvid® DNxHD®での記録も可能となるオプションボード「CBK-55PD」も同時発売します。
※:欧州で発表したモデルです。国内では後日発表します。
XDCAMメモリーカムコーダー「PXW-X200」
機動性の高い小型サイズの本体に、新開発の大型1/2型 Exmor 3CMOSイメージセンサーを搭載し、フルHD(有効画素1920×1080ドット)による高い解像力に加え、F12の高感度、58dBの低ノイズなど、上位シリーズであるショルダーカムコーダーに迫る高画質撮影が可能なハンディタイプのカムコーダーです。
※詳しくはこちらをご覧ください。
 http://www.sony.jp/professional/News/info/pb20140912_2.html
XDCAMメモリーカムコーダー「PXW-X500」
2/3型プログレッシブCCDを搭載し、XAVC HDフォーマットによる高画質記録に対応しています。XAVC HD収録時には最大120fpsで撮像でき、1080/23.98p記録であれば、最大5倍のスローモーション撮影が可能です。※1
機動力に優れたショルダースタイルのカムコーダーでありながら、印象的なスローモーション映像を手軽に収録できます。※1
※1:本機能には、2014年11月発売予定のXAVCスロー&クイックオプション「PXWK-503」が必要です。
※:詳しくはこちらをご覧ください。 http://www.sony.jp/professional/News/info/pb20140912_1.html
4K映像制作を支援するCATALYST BROWSE(カタリスト ブラウズ)
4K制作において、従来のRAWと共にXAVCでの制作が急速に進んでいます。
そこでソニーは、従来の RAW ViewerとContent Browserの機能を統合したソフトウェア、「CATALYST BROWSE™」を開発しました。今後「PMW-F55」をはじめとするCineAltaラインアップ、「PXW-FS7」、「PXW-X500」、「PXW-X200」等のXDCAMラインアップ、さらにNXCAMのラインナップに対応し、RAW、HDCAM-SR、XAVC、MPEG-2、AVCHDなど各種フォーマットに対応しています。
※:欧州で発表したソフトウェアです。国内では後日発表します。

【技術展示】4K SxSプレーヤー
4K撮影環境の整備が進む中、ソニーはSxSメモリーカードに収録された4K 60pのXAVC映像を手軽に再生できるプレーヤーの開発を進めています。操作性はシンプルで使いやすく、SDI, HDMI対応のモニターやプロジェクターと簡単に接続できます。2015年春の商品化を目指して開発中です。

30型4K有機ELマスターモニター
4K映像のリファレンスモニターとして、30型4K有機ELマスターモニターを開発しています。 4096×2160ピクセルの高解像度とソニー独自の「スーパートップエミッション」方式による高色域を実現させ、ITU-R BT.2020規格の表示に対応。ネオンが輝く夜景など、暗部と明部の対比による映像美を追求するハイダイナミックレンジでの映像制作にも使えるリファレンスモニターです。2014年度中の発売を目指して開発しています。
なお、ソニーの業務用有機ELモニターは映像制作業界を中心に高い支持を受けており、累計出荷台数は35,000台を超えました。
※:欧州で発表したモデルです。国内では後日発表予定です。

スーパーレゾリューション・デモザイキングプロセッサー
スーパーレゾリューション・デモザイキングプロセッサーは、4Kを超えるビジュアルエンタテインメント映像制作を実現するための現像システムです。「F65」で収録したRAWデータから最大8K×4K解像度の高画質映像の現像をはじめ、8K×2Kのパノラマ映像や、縦長の映像などフリーレイアウトで切り出す事が可能です。4Kプロジェクターを複数台並べ、出力した映像を巨大なスクリーンに投影する事で、博物館やテーマパーク、スポーツバーやイベント等で圧倒的な没入感、臨場感をもたらします。
※:欧州で発表したモデルです。国内では後日発表予定です。
ビジョンプレゼンター Ver 2.0
ビジョンプレゼンターは、4Kディスプレイ技術やプロジェクターのエッジブレンディングを活用し、複数の映像素材を高画質で多彩なレイアウトで表示し、効果的なプレゼンテーションやディスカッションの活性化を実現するシステムです。
今回のバージョンアップによりグループディスカッションや大規模会議等での利便性が向上します。Wi-Fi経由で参加者のPCに表示しているコンテンツをビジョンプレゼンターのディスプレイに表示したり、逆にビジョンプレゼンターのディスプレイに表示されているコンテンツをウェブブラウザー経由で参加者のPCに表示できるため、参加者と発表者(プレゼンター)の情報共有がよりスムーズに行えます。
※:欧州で発表したモデルです。国内では後日発表予定です。

開催概要

日時:
2014年9月12日(金)~16日(火)
場所:
RAI Amsterdamソニーブース: Elicium・Hall 12

※:その他記載されている会社および商品名は、各社の商標または登録商標です。
このページの先頭へ