ニュースリリース

コンテンツメニュー
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。
2014年09月16日

世界最大規模の写真・映像関連の展示会 「Photokina2014」出展のご案内

- 最新のデジタルカメラ商品群と拡充するα™レンズ群を展示-


ソニーは、ドイツ・ケルンで現地時間9月16日(火)から開催されている世界最大規模の写真・映像関連の展示会「Photokina2014」(フォトキナ2014)において、レンズ交換式デジタル一眼カメラα™やレンズ交換式 XDCAM™メモリーカムコーダー『PXW-FS7』、35mmフルサイズに対応した高性能αレンズの新商品を含むαレンズ群など、αマウントシステムをはじめとするソニーのデジタルイメージング商品を一堂に展示します。またこの度、『α6000』などに搭載している縦横のカバーエリアの広さと高速オートフォーカス(AF)、高い予測精度を実現した独自のオートフォーカスシステムを「4D FOCUS」という名称で括り、ソニーのカメラならではの先進技術の一つとして訴求を開始しています。
なお、2007年よりソニーが支援する世界最大規模の写真コンテスト「Sony World Photography Awards 2014」の受賞作品なども紹介しています。

主な展示内容

<レンズ交換式デジタル一眼カメラ α>

Eマウントシリーズ
小型・軽量ボディに35mmフルサイズCMOSセンサーを搭載したレンズ交換式デジタル一眼カメラα7シリーズや『α6000』などを展示しています。
『α7S』:
有効約1220万画素の Exmor®(エクスモア)CMOSセンサーを搭載し、画像処理エンジンBIONZ X™(ビオンズ エックス)との組み合わせにより、静止画・動画ともに圧倒的に広い感度域による高感度・低ノイズ撮影が可能。全感度域で広いダイナミックレンジを実現。
『α7S』プレスリリース
『α5100』:
有効約2430万画素 Exmor CMOSセンサー搭載。画面ほぼ全域をカバーする179点像面位相差AFセンサーを搭載し、進化したファストハイブリッドAFを採用することで優れた動体追従性と0.07秒※1の高速AFを実現。
『α5100』プレスリリース
※1:CIPAガイドライン準拠、内部測定方法、プリAFオフ時。E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS装着時。

Aマウントシリーズ
先進技術と豊富な高性能交換レンズ群により、写真を撮る感動と表現の追求が楽しめるラインアップを一堂に展示しています。
『α77 II(マークツー)』:
シリーズ最新機種で、有効約2430万画素のExmor CMOSセンサーと、世界最多※2 79点位相差AFセンサー(15点クロス)※3を搭載し、高画質に加えて新AFアルゴリズムを採用した優れたAFの精度と追従性能を実現。動きのある被写体も、AFが被写体を追従し続ける高速連続撮影(最高約12コマ/秒※4、最大60コマ※5)で、狙った瞬間を捉えます。
『α77 II』プレスリリース
※2:専用位相差AFセンサー搭載のレンズ交換式デジタルカメラにおいて。(2014年5月16日広報発表時点、ソニー調べ)。
※3:レンズにより、対応する測距点数は異なります。
※4:連続撮影優先AEモードにおいて。連続撮影を優先するため絞りはF3.5、開放絞りがF3.5より小さいレンズでは開放値に制御されます。
※5:画質FINE、画像サイズL設定時。

<レンズ交換式 XDCAM™メモリーカムコーダー>

『PXW-FS7』:
αマウントシステムに対応したEマウントを採用し、4K Exmor Super35㎜CMOSセンサー(総画素数約1160万画素、有効画素数約880万画素)を搭載し、4K XAVCでの本体記録に対応※6。撮影シーンに応じて肩乗せ・ハンディ・ローポジションなど、あらゆる撮影スタイルでワンマンオペレーションが可能な高い機動性を実現する新しいエルゴノミックデザイン※7を採用。
『PXW-FS7』プレスリリース
※6:発売時は、QFHD(3840×2160)解像度に対応します。4096×2160解像度の記録は、本体ファームアップデートにより対応します。
本体ファームアップデートは、2014年度第4四半期を予定。
※7:エルゴノミックデザイン:人間工学(エルゴノミクス)と呼ばれる研究分野に基づき、人がより自然に・無理なく・効率的に扱えるよう最適化された設計・意匠・デザイン。

<αレンズ>

ZEISS®(ツァイス)広角ズームレンズ Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS 『SEL1635Z』(Eマウント)※8
レンズ交換式デジタル一眼カメラα用の交換レンズで、画面周辺の隅々までシャープに描写する高い解像度と、歪曲収差や像面湾曲を極限まで低減。さらにED (特殊低分散)ガラスの使用により色収差も抑制。ZEISS T*(ティースター)コーティングの採用により、レンズ表面での光の反射を抑えた高コントラストな描写性能。高い光学性能により、広角を生かした本格的な風景撮影に最適。
電動ズーム Gレンズ™ FE PZ 28-135mm F4 G OSS 『SELP28135G』(Eマウント)※8
α7シリーズや、国際放送機器展 「IBC 2014」にて発表した業務用カムコーダー『PXW-FS7』に対応する、高画質動画撮影に最適な操作性と光学性能を追求した世界初※9 35㎜フルサイズ対応の電動ズーム搭載標準レンズ。静かでスムーズな操作を実現するSSM(Super Sonicwave Motor)をズームレンズ駆動に採用。αレンズとして初めて「ズーム・フォーカス・絞り」の3つの操作リングを搭載し、幅広いズーム速度の制御や、回転方向の反転が可能※10
※8:欧州で発表したモデルです。
※9:レンズ交換式デジタルカメラ用のレンズとして。広報発表時点。ソニー調べ。
※10:『α7S』や『PXW-FS7』に装着時は、ボディの設定により。

なお、35㎜フルサイズ対応の開発中のレンズ4本(FE 24-240mm F3.5-6.3 OSS、FE 28mm F2、Distagon T* FE 35mm F1.4 ZA、FE 90mm F2.8 Macro G OSS)と、コンバーター2本(FEウルトラワイドコンバーター、FE フィッシュアイコンバーター)の参考展示をします。
これらのレンズを含め、2016年には計20本以上のα[Eマウント]レンズのラインアップの構築を目指した開発ロードマップも紹介します。

<デジタルスチルカメラ“サイバーショット”>

35mmのフルサイズExmorや1.0型裏面照射型Exmor R CMOSセンサーを搭載し、コンパクトでも妥協のない高画質を追求し続けるRXシリーズなどを展示しています。
『RX100 III(マークスリー)』:
ポケットに収まる小型サイズながら、1.0型の裏面照射型Exmor R CMOSセンサーや、新開発24-70mmの※11大口径ZEISS®(ツァイス)バリオ・ゾナーT*(ティースター)レンズ、明るく見やすい収納式の高精細ファインダー OLED Tru-Finder™(トゥルーファインダー)を搭載し、高い解像力と優れた質感描写力を実現。
『RX100 III(マークスリー)』プレスリリース
※11:35mm判換算。

<レンズスタイルカメラ>

スマートフォン※12とWi-Fi接続し、スマートフォンに装着して撮影を楽しんだり、スマートフォンと離して、手持ちで自分撮りや自由な角度からの静止画や動画※13の撮影を楽しんだりできるレンズスタイルカメラシリーズを展示します。
『ILCE-QX1』:
シリーズ初のレンズ交換式モデルで、搭載するCMOSセンサーもレンズ交換式デジタル一眼カメラと同等の大型APS-C サイズ。高画質で美しいボケ味を楽しんだり、高感度・低ノイズでクリアな夜景撮影をしたり、α™ マウントシステム※14のレンズを付け替えることで多彩な表現が可能。
『DSC-QX30』:
光学30倍ズームのソニーGレンズや光学式手ブレ補正を搭載。スマートフォンの内蔵カメラでは捉えきれない遠くの被写体でも、ブレを抑えた撮影が可能。
『DSC-QX30』プレスリリース
※12:専用アプリケーション“PlayMemories Mobile”に対応するスマートフォンやタブレットが必要です。
詳細については、こちらをご覧ください。“PlayMemories Mobile” サポートサイト
※13:動画や連写など一部の撮影には、本機においてメモリーカードを使用する必要があります。
※14:Aマウントレンズを装着するにはアダプターが必要です。アダプターを装着すると一部の機能が制約される場合があります。

<アクションカム>

アクションカムミニ『HDR-AZ1VR』:
本体質量約63g※15。スノーボード、マウンテンバイク、サーフィンなどのスポーツのシーンにおいて、身体や自転車のハンドル等に装着して手軽に撮影が可能。同梱の新ライブビューリモコンにGPS記録機能を搭載することで、現行機(HDR-AS100V)と比べ、約2/3へ小型・軽量化を実現。スポーツシーンに加えて、旅行などレジャーまで、一層幅広いシーンで高画質かつ迫力ある体感映像の撮影が可能。
※15:バッテリーを含んだ質量です。(バッテリーを除いた質量は約48g)

<デジタルハイビジョンビデオカメラ“ハンディカム”>

『FDR-AX100』:
高精細な4K映像の撮影に最適なイメージセンサー、画像処理エンジン、新開発レンズを搭載。見たままの質感や高精細で遠近感のある描写を実現。『FDR-AX1』に比べ、体積で約1/4、質量で約1/3に小型・軽量化し、手軽に4K※16/30p※17映像の撮影が可能。
『FDR-AX100』プレスリリース
※16:QFHD(3840×2160)
※17:29.97p

<RAW現像ソフトウェア “Capture One Express (for Sony)” >

フェーズワン社のRAW現像ソフトウェア“Capture One(キャプチャーワン)”が、新たにソニー向け対応となる。レンズ交換式デジタル一眼カメラαとデジタルスチルカメラ“サイバーショット”RXシリーズの購入者に無償で“Capture One Express (for Sony)”を提供。高度なRAW画像処理エンジンを採用した画像処理ツールで、高品位で精緻な画像に仕上げることが可能。
詳細は専用サイトをご覧ください。

※ その他記載されている会社および商品名は、各社の商標または登録商標です。
このページの先頭へ