ニュースリリース

コンテンツメニュー
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。
2014年12月18日

新会社 ソニー・グローバルエデュケーションを設立

~ネットワークを活用した新たな教育サービス事業を国内外で展開~

ソニー株式会社(以下、ソニー)と株式会社ソニーコンピュータサイエンス研究所(以下、ソニーCSL)はネットワークを活用して国内外に新たな教育サービス事業を展開する株式会社ソニー・グローバルエデュケーションを設立します。
新会社の設立は2015年4月1日を予定しています。

幅広い領域の基礎研究を行うソニーCSLでは、ソニーとのコラボレーションのもと、ネットワークサービスの研究、開発を迅速に行い、事業化まで進めることを目的としたネットワークサービスプロジェクトを2012年に立ち上げました。
その取り組みの一つとして、近年世界各国で大きな転換期にある教育に焦点を当てたプロジェクトを発足し、新事業のインキュベーションに向けて、業界初となるストーリー提供型の多言語対応算数クイズアプリケーション「MathNative(マスネイティブ)」や、ネット上のグローバルな算数大会「世界算数(英語名称:Global Math Challenge)」などのアプリケーションサービスを提供してきました。
これらのアプリケーションサービスは新会社設立に伴い、ソニーCSLから株式会社ソニー・グローバルエデュケーションへ事業移管されます。

MathNativeや世界算数などのアプリケーションサービスは、新会社で事業のコアとなるソニーCSLが独自開発したプラットフォーム上で機能しています。このプラットフォームは算数以外にも様々な科目への拡張を前提に設計しているため、将来的には近年世界各国が教育、人材育成の分野で注力しているSTEM科目(科学技術教育)サービスへも幅広く展開していく予定です。※Science, Technology, Engineering, Mathematics

また、新会社は国内外で幅広く企業や団体とのオープンなパートナーシップを通じた新たな教育事業モデルの構築を目指していることから、この自社プラットフォームを法人、個人を問わず柔軟に提供していくことを考えています。

新会社は「創造的な人材の育成に向け、グローバル統一基準の教育を世界中のユーザーに提供すること」をそのミッションとしています。国や地域の文化、社会との関連性が高い教育分野で、幅広い年代へ向けて、既存の科目別学習カリキュラムにとらわれることなく、様々な学習要素を組み込み、知力、思考力を高める、進化した教育サービスと、それらを通じた新しい学習体験を提供してまいります。

株式会社ソニー・グローバルエデュケーション 概要

社名:
株式会社ソニー・グローバルエデュケーション / Sony Global Education, Inc.
本社所在地:
東京都品川区東五反田3-14-13
資本金:
1,000万円
役員構成:
代表取締役
礒津 政明
取締役
北野 宏明
取締役
齋藤 真
監査役
郡司 恒次郎
事業開始:
2015年4月1日(予定)
株主:
ソニー(株) 90%、 (株)ソニーコンピュータサイエンス研究所 10%
事業内容:
国内・海外向けの教育サービス事業
このページの先頭へ