ニュースリリース

コンテンツメニュー
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。
2015年01月06日

2015 International CES出展について

4Kとハイレゾリューション・オーディオによる高品位な視聴体験と、
ライフログを活用し多彩なスタイルで広がるスマートウェアの世界を推進


ソニーは、米国ネバダ州ラスベガスにて現地時間2015年1月6日(火)より開催される「2015 International CES」(国際家電ショー)において、2015年発売予定の新商品群を紹介します。

「世界中の人々の好奇心を刺激し感動をもたらす」というフィロソフィーに基づき、ソニーブースでは、4K、ハイレゾリューション・オーディオ(以下、ハイレゾ)、スマートウェアを基軸に新商品および参考展示品を展示します。

  • ソニーブース展示イメージ
4Kについては、新たに独自開発した4KプロセッサーX1の搭載により、さらなる高画質を実現した4K液晶テレビ ブラビア®を発表します。世界最薄※1約4.9mm(最薄部)を実現したシリーズや世界で初めて※2ハイレゾ対応スピーカーを搭載したシリーズを含む計3シリーズ11機種を展開します。また、モバイル機器とテレビの連携を深めたGoogle社の最新のAndroid™を4K、フルHDの幅広いシリーズに採用。タッチパッドリモコンのフリック操作で多様なコンテンツに直感的にアクセスできるソニー独自のユーザーインターフェース ワンフリックエンタテインメントとAndroidの組み合わせを通じて、様々なコンテンツやサービス、アプリケーションを手軽に利用できる新しい視聴体験を提案します。
デジタルイメージングの領域では、新たに4K撮影に対応したアクションカムを発表し、ウェアラブルな撮影スタイルが可能なアクションカムならではの臨場感ある4K動画撮影を提案します。併せて、現行機比※3で体積約30%、質量約20%減の小型・軽量化を実現し、独自の空間光学手ブレ補正機能を搭載した4Kハンディカム™を展示します。撮影からご家庭での視聴までトータルに展開するソニーならではの4K映像視聴体験をより一層推進していきます。

オーディオにおいては、様々なハイレゾ対応商品を通じて家の中でも外でも、より快適に高音質再生を楽しめる音楽体験をお届けすべく、ワイヤレス再生に関わる技術や機能を進化させました。新商品としては、ハイレゾ対応ウォークマン®の最上位機種から、ヘッドホン、ワイヤレススピーカー、ホームシアターシステム、マルチチャンネルインテグレートアンプに至るまで計10機種を取り揃え、あらゆるシーンでの音楽の楽しみ方をご提案します※4
新開発の音声圧縮技術LDAC™(エルダック)は、既存の技術※5に比べて約3倍の情報量で音源を伝送できるため、より高音質なワイヤレス音楽再生を実現します。また、スマートフォンで操作して、複数の機器で同時に音楽再生できる機能SongPal Link™に新たに対応※6。会場内では、SongPal Linkで複数の機器を連携させたデモンストレーションを行っており、部屋の制限を越えた新しい音楽空間を生む体験をお楽しみいただけます。

加えて、ソニーは、スマートウェアを通じて新たな感動体験の創出を推進します。2014年1月のCESにてコンセプトを発表したスマートウェア商品群は、体に装着した本体を通じて記録されたライフログ(日常の記録)の活用により、ユーザーが自身の行動パターンを発見し、翌日以降の過ごし方のヒントを得るライフツールとして、新たな体験をお届けしてきました。2015年は、ファッション、ライフスタイルブランドとの連携をより一層強化しながら、従来の腕装着型に加えて、ヘッドセット、アイウェアなどの多彩な装着スタイルを新たに提案します。また、ソフトウェア面においても、自社および各社から提供されるアプリケーション、サービスの充実により、ご家族、友人とのコミュニケーションからランニングやゴルフ、フィットネスの記録向上まで、幅広い用途での楽しみ方を提供します。

展示ブースの一般公開に先立ち、現地時間1月5日(月)に開催する記者会見においては、ソニー株式会社 社長 兼 CEOの平井一夫およびSony Electronics (SEL) プレジデント 兼 COOのMichael Fasulo他が登壇し、上記商品を含む今年の展開予定商品を披露します。この模様は、以下のURLからストリーミング視聴いただけます。
  • Sony CES 2015, Ustream.TV ※現在はアクセスできません
※ 米国市場向けの各商品発表文の原文(英文のみ)は、http://blog.sony.com/をご参照ください。
※1:20インチ以上の家庭用液晶テレビとして。日本時間1月6日広報発表時点。
※2:家庭用テレビとして。日本時間1月6日広報発表時点。
※3:現行機『FDR-AX100』との比較。
※4:SEL販売対象エリアの米国市場において。
※5:既存の技術とは、SBC(328kbps, 44.1kHz)を指します。
※6:ハイレゾ対応のワイヤレススピーカー、ホームシアターシステムおよびマルチチャンネルインテグレートアンプにおいて、SongPal Linkに対応しています。

主な新商品、参考展示について


  • X9000Cシリーズ

【4K】

新開発4KプロセッサーX1の搭載により、高精細、広色域、高輝度・高コントラスト比など、さらなる高画質を実現した4K液晶テレビ ブラビア3シリーズ11機種を発表。世界最薄※1の約4.9mm(最薄部)を実現し新たなデザインコンセプトFloating Styleを提案する『X9000Cシリーズ』や、放送などの圧縮音源をハイレゾ相当※7の音質にアップスケールする独自技術、DSEE HX™およびハイレゾ対応スピーカーを搭載した世界初※2のハイレゾ対応テレビ『X9300Cシリーズ』などを展示します。また、4K対応動画圧縮規格については、H.265/ HEVC(High Efficiency Video Coding)やWebM VP9にも対応しており、様々な4K配信・4K放送サービスへの対応が可能です。なお、YouTube™はVP9を世界中で採用しており、4K対応アクションカムなどで撮影し、YouTubeを通じてストリーミング配信される様々なパーソナル4Kコンテンツなどを対応ブラビアで手軽に楽しめるようになります。

  • FDR-X1000V
アクションカムとして初めて4K※8に対応した『FDR-X1000V』は、高画質かつ高精細な4K/30p 100Mbpsのハイビットレート撮影に対応。また、進化した電子式手ブレ補正機能も搭載※9。さらに風音低減機能も初搭載し、アクションカムならではの臨場感ある4K動画撮影が楽しめます。また、4K※8ハンディカム『FDR-AX33』は、現行機比※3で体積約30%、質量約20%減の小型・軽量化を実現。広角から望遠までの全範囲でブレを抑える空間光学手ブレ補正機能を4Kハンディカムとして初搭載し、ブレを抑えた4K高画質撮影を実現します。

※7:最大192kHz/24bit相当まで拡張。
※8:QFHD(3840×2160)
※9:HD撮影時のみ。

  • NW-ZX2

【ハイレゾリューション・オーディオ】

家の中でも外でも、より快適で手軽に高音質再生を楽しめる音楽体験を、多彩なラインアップのオーディオ商品を通じてお届けします。新たに、Bluetooth経由で高音質なワイヤレス音楽再生や、スマートフォンで操作し複数の機器を同時に音楽再生できる機能SongPal Linkに対応しました※6
ハイレゾ対応ウォークマン®『NW-ZX2』は、2013年秋の発売以降ご好評いただいているフラッグシップモデル『NW-ZX1』をさらに高音質化した同シリーズの上位機種で、高音質かつ高剛性を実現するシャーシ構造を新たに採用しています。最大約33時間のハイレゾ音源再生(192kHz/24bitの場合)が可能です。今回発表するヘッドホン『MDR-1ABT』とつなぐと、Bluetooth経由で手軽により高音質な音楽再生をお楽しみいただけます。
ご家庭内でお楽しみいただくハイレゾ対応商品としては、ワイヤレススピーカー『SRS-X99』『SRS-X88』、ホームシアターシステム『HT-ST9』『HT-NT3』『HT-XT3』やマルチチャンネルインテグレートアンプ『STR-DN1060』『STR-DN860』を展開し、ラインアップを広げます。これらのモデルは、全てSongPal Linkに対応。スマートフォンで操作し、部屋にある複数の対応機器で同じ楽曲を同時再生し、または部屋ごとに楽曲を選択して再生することもできます。
また、ハイレゾ対応の車載オーディオプレーヤーを参考展示し、車中にも、高音質なハイレゾ音源による楽しみをお届けします。

  • Smart B-Trainer

【スマートウェア】

参考展示品として、小型軽量のヘッドセット形状に、ランニングに必要なセンサーと音楽再生機能を搭載した、ランニング向けの一体型デバイス『Smart B-Trainer』を紹介します。ランニング中の心拍数に合わせて最適なテンポの音楽を自動選曲する機能や、目的別トレーニングプランの音声ガイダンスによって、ランニングの継続、上達をサポートします。また2014年12月に発表したメガネ装着型片眼用ディスプレイモジュールのスポーツ向けコンセプトモデル『SmartEyeglass Attach!』を参考展示品としてソニーブースで初公開します。ソニー独自の有機EL技術を搭載した高画質の同モジュールを、連携するサードパーティーが展開するアイウェア製品に組み込みユーザーにお使いいただくことで、手を煩わせることなく、必要な情報を高画質なカラー表示を通じて視覚で確認できるなど、屋内外のアクティブなシーンで活用できます。2014年度内に開発者を対象として発売予定の透過式メガネ型端末『SmartEyeglass』に加えて、使用用途に合わせたスタイルを提案することで、今後もスマートウェアの世界を広げていきます。

  • シンフォニックライト

【Life Space UX (ライフ スペース ユーエックス)】

2014年1月のCESにて新たなコンセプトとして発表した、空間そのものを活用して体験を創出するLife Space UXにおいては、各種コンセプトモデルの商品化に向けて取り組んでいきます。本コンセプト初めての製品であり、本体を壁際に置くだけでリビングルームの壁に大画面高精細の映像を出現させる『4K超短焦点プロジェクター』は、昨年9月にアメリカで発売を開始しました。2015年内もLED電球とスピーカーを融合し、住空間に溶け込みながらワイヤレスで音楽を楽しみ、パーソナルな空間を演出する『LED電球スピーカー』や、約10cm四方の小型サイズながらテーブルやお部屋、バスルームの壁などに設置することで、最大約50インチの映像を投写し、映画などを鑑賞できる『ポータブル超短焦点プロジェクター』などのラインアップをお届けする予定です。また、透き通るような光と音で部屋を満たす音響照明『シンフォニックライト』3モデルを世界で初めて参考展示し、Life Space UXを通じて豊かなライフスタイルを提案します。

※ 記載されている商品名などはソニーおよび各社の登録商標あるいは商標です。
このページの先頭へ