ニュースリリース

コンテンツメニュー
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。
2015年02月17日

透過式メガネ型端末『SmartEyeglass Developer Edition』を発売

- ソフトウェア開発キット提供と合わせて幅広いアプリ開発を促進 -


2015年2月17日発表
2015年3月6日改訂
2015年3月17日改訂
ソニーは、対応スマートフォン※1と連携し、テキスト、シンボル、画像等の情報を視界に重ねて表示する、透過式メガネ型端末 『SmartEyeglass(スマートアイグラス)』を開発※2し、商品化に向けた取り組みを進めています。さらなるアプリケーションの探索と充実のため、『SmartEyeglass Developer Edition(スマートアイグラス・デベロッパーエディション)』「SED-E1」を、日本、アメリカ、イギリス、ドイツにおいて、アプリ開発者に向けて本年3月より発売します。さらに産業用途のアプリ開発を促進するために、法人顧客に向けては、フランス、イタリア、スペイン、ベルギー、オランダ、スウェーデンでも購入が可能です。本製品は、アプリケーション開発支援サイト「Sony Developer World」のSmartEyeglass専用ページを通じて販売します。
さらにハードウェアの提供開始と合わせて、昨年9月より先行リリース版として提供をしているソフトウェア開発キット(SDK)を更新して、正式リリース版のソフトウェア提供を開始することにより、一層のアプリ開発を促進します。ソニーはウェアラブル端末の使用用途の拡がりを見据え、開発者に向けて本製品を発売することにより、開発者のユニークな発想と多様なアプリ開発を促進し、SmartEyeglassの提供する体験を向上していきます。
またソニーは、2016年内に一般ユーザーや法人顧客に幅広く『SmartEyeglass』を提供することを目指し、商品化に向けて今後開発を加速して参ります。

  • アプリ開発者向けモデル『SmartEyeglass Developer Edition』

  • ユーザー体験のイメージ
製品名 SmartEyeglass Developer Edition
(スマートアイグラス・デベロッパーエディション)
型番 「SED-E1」 発売日 2015年3月10日 3月下旬※1
3月27日※2
価格 100,000円+税(日本)
840 USドル+税(アメリカ)
520 UKポンド+税(イギリス)
670 ユーロ+税(その他)
SmartEyeglass Developer Edition
(スマートアイグラス・デベロッパーエディション)
「SED-E1」 2015年3月10日
3月下旬※1
3月27日※2
100,000円+税(日本)
840 USドル+税(アメリカ)
520 UKポンド+税(イギリス)
670 ユーロ+税(その他)
(※1 2015年3月6日改訂)
(※2 2015年3月17日改訂)

“Sony Developer World” SmartEyeglass専用ページでは、本製品の購入手続きやSDKの入手が可能なほか、詳細な製品仕様、SmartEyeglass用アプリケーションや活用シーンの事例紹介など、アプリ開発に有用な情報を提供していきます。
SmartEyeglassは連携するスマートフォンのアプリケーション次第で、様々な活用シーン※3が期待できる端末です。本機の特徴である、視認中の対象物から視線を逸らすことなく情報を確認できる重畳表示方式を活かして現実世界に情報を付加するAR(拡張現実)は、例えば製造現場での作業指示や警備現場での事故情報表示など、業務用途でも活用が期待できます。2015年1月に米国・ラスベガスで開催されたCES 2015での自社ブースでは、SAPのクラウドシステムを利用した倉庫での部品ピックアップや整備工場でのエンジンメンテナンス等の支援用アプリ(APX Labs社 開発)により、現場の作業指示に関する業務用途の活用例が展示されました。また民生用途の活用シーンでは、スポーツ観戦中に選手情報を得ることや、イベント会場での関連するSNSメッセージの表示、観光地でのガイド情報表示などにより、より便利に楽しくする情報が入手できます。

ソニーは、有益な情報を手軽に入手して業務領域や民生用途で活動の利便性を高めるウェアラブル端末の機能向上に向けて、様々なアプリケーションが提供される環境を構築していきます。

※1 動作環境:Android 4.4以降。
※2 2014年9月19日に発表。

※3 本製品の使用用途については、アプリ開発や市場調査、本機を用いた実証実験等を通して検討中です。記載する事例は現時点で検討されているものの一例であり、実際の使用に向けて安全性が確認されているものではございません。

『SmartEyeglass Developer Edition (SED-E1)」 の実機展示について

「SmartEyeglass Developer Edition」の装着感や表示、アプリのデモンストレーションをご体験いただける実機展示を行います。
※ 混雑時はご要望に沿えない場合があります。予めご了承ください。

ソニーストア名古屋5周年イベントコーナー 参考出品

期間:
2月27日(金)~3月8日(日)
会場:
ソニーストア 名古屋
URL:
http://store.sony.jp/store/nagoya/

ソニーストア 常設展示

期間:
3月11日(水)より約二ヶ月間(予定)
会場:
ソニーストア 直営店舗
(銀座ソニーショールーム、ソニーストア 大阪、ソニーストア 名古屋)
URL:
http://www.sonybuilding.jp/
http://store.sony.jp/store/event/spring-fair2015/index.html ※現在はアクセスできません

SmartEyeglass Developer Editionの概要

本機はCMOSイメージセンサー、加速度センサー、ジャイロスコープ、電子コンパス、照度センサー、マイクなどの多彩なセンシング機能と、連携したスマートフォンのGPSによる位置情報などを活用して、ユーザーの状況に応じた情報を提供できる端末です。ソニー独自のホログラム光学技術により、視野を遮るハーフミラーを使わず、85%の高い透過性を持った厚さ3.0mmの薄型レンズを実現しました。また、単色表示のためカラーよりも低消費電力でありながら輝度が高く(最大1,000cd/m2)、両眼表示により様々な環境でもテキストが読みやすく視認性の高い表示が可能となります。
無線接続した本機とスマートフォンが相互にセンシングデータや画像データなど情報をやりとりすることにより、スマートフォンのアプリケーション次第で、多彩な活用シーンが期待されます。

SmartEyeglass Developer Edition (SED-E1)の主な構成要素

  • アイウェア:左右のバランスがとれた重さわずか77gの両眼ディスプレイ カメラ、センサー:有効素数約300万画素のカメラ、加速度センサー、ジャイロスコープ、電子コンパス、照度センサーを搭載 レンズ:厚さ3mm、透過率85%、明るさ1,000cd/m2(最大)で高い視認性を実現 コントローラー:タッチセンサー、各種ボタン、スピーカー、マイクを搭載。NFC対応。リチウムイオン充電池内臓

ソニー独自ホログラム光学技術による軽量・薄型ディスプレイモジュール

ソニー独自のホログラム導光板方式光学技術を用いた、透過式メガネ型端末専用の軽量・薄型のディスプレイモジュールを搭載しました。
ホログラム導光板技術とは、ガラス板の両端にホログラム光学素子を組み込むことで、光学エンジンから出射した映像光を、厚さ1mmの非常に薄いガラス板の中を伝搬して、目まで届ける技術です。これにより、透過率85%という高い透明率を持つ厚さ3mm※4のレンズを実現しています。

※4 導光板前後の保護プレートを含む。

  • ソニー独自ホログラム導光板技術

SmartEyeglass Developer Edition (SED-E1) の主な仕様

項目 仕様
ディスプレイ形式 別体コントローラー付き 両眼透過式メガネ型ディスプレイ
解像度 419(水平)× 138(垂直) ピクセル
画角 対角20°(水平19°× 垂直6°)
表示色 緑単色 256階調
フレームレート 15 fps
ディスプレイ輝度(最大) 1,000 cd/m2
シースルー透過率 85%以上
搭載センサー 加速度センサー、ジャイロスコープ、電子コンパス、照度センサー、マイク、ノイズキャンセリング用マイク
カメラ 静止画: 有効画素数 約300万画素、
動画(音声なし): JPEG Stream: QVGA相当 15fps (camera APIを使用する必要があります。詳しくは、ソフトウェア開発キットをご参照ください。 )
音声出力 スピーカー(コントローラー部)
電源 内蔵型リチウムイオンバッテリー
電池持続時間 カメラ未使用時:連続使用で約150分
カメラ使用時:連続使用で約80分
*1 数値は以下の条件で使用した場合です。
 (画面表示は常時オン、画面の明るさはお買い上げ時の設定)
*2 周囲の温度やアプリケーションの使用状況により、上記の時間と異なる場合があります。
*3 カメラ未使用時であっても、無線LANを使う場合は持続時間が短くなります。
Android端末との接続 Bluetooth v3.0、IEEE802.11b/g
Android端末OS必須条件 Android 4.4 以上
最大外形寸法 アイウェア:折りたたみ時:約180 mm × 39 mm × 72 mm(幅/高さ/奥行き)、
展開時:約180 mm × 39 mm × 182 mm(幅/高さ/奥行き)
コントローラー:約54 mm × 21 mm × 60 mm (突起含まず)
ケーブル:約63㎝(長さ)
重量 約77g(ケーブル除くメガネ部)、約44g(コントローラー部)
使用温度範囲 5℃~ 35℃
保存温度範囲 -15℃~50℃
このページの先頭へ