ニュースリリース

コンテンツメニュー
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。
2015年04月13日

世界初※1 2/3型3板式4Kイメージセンサー搭載
スポーツ中継やスタジオ番組制作に最適な、4K/HDシステムカメラを発売

- HDで8倍の高精細なスーパースロー映像も実現 -


ソニーは、世界中の放送現場で20年以上活用されているシステムカメラ「HDCシリーズ」の設計ノウハウを集結し、スポーツ中継やスタジオ番組制作に最適な、シリーズ最高峰の4K/HD対応システムカメラ『HDC-4300』を発売します。
  • HDC-4300
型名 発売予定 メーカー希望小売価格
マルチフォーマットポータブルカメラ『HDC-4300』 2015年7月1日 約1,400万円
(システム構成により価格が異なります)
*本価格は、『HDC-4300』 本体と、ビューファインダー、ベースバンドプロセッサーユニット、カメラコントロールユニット、リモートコントロールパネルで組んだ場合の、システム価格の一例です。
本機は、世界初となる2/3型3板式4Kイメージセンサーを搭載し、高精細かつ幅広い色域での色再現が可能です。また4K対応カメラでありながら、放送現場で広く使われているHD用B4マウントレンズを直接本体へ装着でき、使い慣れたHDカメラの操作性を維持したまま4K撮影を行えます。大型レンズアダプター「HDLA-1500シリーズ」を使うことで、高倍率な大型レンズの使用も可能となり、被写界深度が求められるスポーツなどの映像も隅々までとらえることができます。例えば、奥行きのある競技場等では、画面中央の選手だけでなく、後方の選手達の動きも鮮明に映し出します。
さらに、別売のソフトウェアをインストールすることで、最大8倍速のHDスロー撮影も可能。選手の筋肉の動きや、汗までも鮮明に映し出します。

システム運用面では、世界中の放送局や制作現場で活用されている「HDCシリーズ」のカメラシステムを活用しながら、『HDC-4300』を追加することにより、4K/HDの混在運用ができ、HD制作から4K制作への円滑な移行を実現します。
また、既存の『PMW-F55』や『F65』による4Kライブカメラシステムと同等のシステム構成を採用しており、撮影シーンに応じてカメラ部を『HDC-4300』に変えるなど、両シリーズの混在運用も可能です。

ソニーは、スポーツ中継など4Kライブ制作に適した本機の導入を通じ、4K制作環境の拡大を推し進めながら、さらなる4K関連機器の市場での普及・拡大に取り組んでいきます。

※1:2015年4月13日現在。ソニー調べ。

主な特長


  • 2/3型3板式4Kイメージセンサー
1. 世界初2/3型3板式4Kイメージセンサー搭載
2/3型3板式4Kイメージセンサーブロックは、新規開発の4K CMOSイメージセンサーと、新規開発のプリズムを含む光学システムに3枚の4Kイメージセンサーを正確に貼り合わせる超高精度な独自の固着技術をもって実現しました。このプリズムを搭載した『HDC-4300』は、次世代放送の映像制作規格(ITU-R BT.2020※2)に対応し、高精細で幅の広い色域での色再現が可能です。被写界深度が求められるスポーツなどの映像を隅々までとらえることができ、奥行きのある競技場では、画面中央の選手だけでなく、その後方にいる選手達の動きも鮮明に映し出します。
※2:ITU-R BT.2020とは、ITU-Rで定められた映像フォーマットの規格です。
2.既存B4マウントレンズをダイレクト装着可能
既に全世界の放送局やプロダクションなどで使用されているHD用B4マウントレンズを、カメラ本体に直接装着できます。HDカメラの操作性及び運用性を維持したまま、4K/HD映像の撮影が可能です。
3. HD8倍速のスーパースローモーションの実現
別売のソフトウェア『SZC-4002』をインストールすることにより、1920 x 1080のフルHD映像を、最大で479.52/400 fpsのフレームレートで撮影できます。超高速で撮影した映像はマルチポートAVストレージユニット『PWS-4400』で記録することにより、8倍速のスーパースローモーション映像を再生できます。

4. HDから4Kへの円滑な移行を実現するシステム構成
『HDC-4300』に、ベースバンドプロセッサーユニット『BPU-4000』とカメラコントロールユニット『HDCU-2000/HDCU-2500』を接続することで、カメラヘッドへの電源供給やインターカム、タリー、リターン映像など、ライブ中継やスタジオ番組制作に必要な機能を備えることができます。
また、『HDC-4300』システムは、「HDCシリーズ」の周辺機器を活用することにより、HD運用と同等のオペレーションを提供します。
さらに、既存の『PMW-F55』や『F65』との混在システムも構築可能で、様々な撮影シーンに対応したシステムを構築できます。

  • 4Kライブカメラシステム例
    (左)『HDC-4300』『HDVF-20A』(右)『BPU-4000(上、既発売)』『HDCU-2000」(下、既発売)

主な仕様

型名 HDC-4300
一般 外形寸法(幅×高さ×奥行) 約156×197×363mm(突起部含まず)
質量 約5kg(カメラ本体のみ)
動作温度 -20~+45℃
保存温度 -20~+60℃
カメラ部 撮像素子 2/3型 4K 3CMOS
分光系 F1.4プリズム方式
内蔵フィルター ND 1:素通し、2:1/4ND、3:1/8ND、4:1/16ND、5:1/64ND
CC A:クロスフィルター、B:3200K、 C:4300K、D:6300K
サーボフィルターコントロール 有り

※記載されている会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。

お客様からのお問い合わせ先


ソニービジネスソリューション(株) 業務用商品相談窓口
TEL
0120-788-333(フリーダイヤル)
050-3754-9550(携帯電話・PHS・一部のIP電話などフリーダイヤルがご利用になれない場合)
受付時間
9:00~18:00(土・日・祝日、および弊社休業日は除く)
このページの先頭へ