ニュースリリース

コンテンツメニュー
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。
2015年07月02日

高解像度と高感度の両立を実現した
広範囲の監視に最適な4K対応ネットワークカメラを発売

~1.0型Exmor R® CMOSイメージセンサー搭載~


2015年07月02日発表
2015年08月19日改訂
2015年10月06日改訂

  • 4K対応ネットワークカメラ「SNC-VM772R」
ソニーは、1.0型裏面照射型Exmor R® CMOSイメージセンサーを搭載し、高解像度と高感度の両立を実現した、自社初となる4K対応の屋外型ネットワークカメラ「SNC-VM772R」を発売します。4Kの高精細な映像で広範囲を全体俯瞰しながら、顔やナンバープレートなどの細部まで1台でとらえることができるため、監視の精度および設置の柔軟性の向上に貢献します。
製品名 発売日 メーカー希望小売価格
製品名 4Kネットワークカメラ「SNC-VM772R」 発売日 2015年8月20日
12月中旬

10月20日※※
メーカー希望小売価格 358,000円+税
(※ 2015年8月19日改訂)
(※※ 2015年10月6日改訂)
本機では、従来課題となっていた高解像度化にともない低下する感度を改善するため、高感度・低ノイズなどの撮像特性を大幅に向上させる裏面照射型のイメージセンサーを搭載しました。4K解像度のネットワークカメラとして業界最高水準※1の最低被写体照度0.06ルクスを実現し、夜間など照度が低い環境でも鮮明な映像を記録します。また、4Kの膨大なデータ量を効果的に活用して、高精度の画像情報を記録しながらも帯域への負担を抑制する、多彩な出力モードを搭載します。
※1:ソニー調べ(2015年7月2日時点)

ソニーは、自社開発のCMOSイメージセンサーや信号処理エンジンなどを搭載し、高画質モデルから普及価格帯モデルまで幅広いネットワークカメラを展開しています。今回、4Kに対応した製品を導入することで、ますますニーズが広がるセキュリティー市場に向けて新たなソリューションを提案してまいります。

主な特長

1. 4Kの高解像度と高感度の両立を実現
4K(3840x2160ピクセル)の高解像度の映像を最大30fpsで出力できます。さらに従来課題となっていた高解像度化にともない低下する感度を改善するため、低照度環境での撮像特性を大幅に向上させる裏面照射方式の1.0型大型イメージセンサーを搭載することにより、最低被写体照度0.06ルクスの高感度を実現しました。また20メガピクセルのイメージセンサーに対応した独自開発のレンズを採用しており、通常のレンズでは解像感が落ちやすい周縁部の隅々までくっきりと映し出すことができます。4Kの高解像度と高感度の両立を実現し、独自の画像処理技術により、歪みやノイズが少ない高画質な映像で広範囲を監視できます。

2. 目的に合わせて有用な情報を引き出せる多彩な出力モード
4K(3840x2160ピクセル)の高解像度映像から得られる、膨大な情報量から必要な情報を効果的に取得できます。
4K映像をそのまま記録して広範囲を網羅する全体監視だけでなく、用途に合わせ有用な情報を引き出す多彩な出力モードを用意しました。

●注目領域を切り出してデータ量を抑制する「インテリジェントクロッピング」

4K画面の中から特に注目したい領域を指定し、フルHD(1920×1080ピクセル)サイズで2箇所の映像を、VGA(640×480ピクセル)サイズで最大4箇所の映像を、元の4K解像度の精細さのままに切り出すことができます。領域を指定するだけでなく、動体検知に連動して注目したい被写体を追尾する動的領域の設定も可能です。
例えば、俯瞰映像としてはフルHDの解像度で十分でも、その中の一部領域を切り出すと解像度が足りずにぼやけてしまいます。本機能では、4Kの俯瞰映像をそのまま保存するのではなく、俯瞰映像はフルHDに軽減して、注視する領域のみを元の4K解像度の精細さで保存することにより、必要な情報は確保しながらもデータ量を軽減することができるため、4K映像監視の課題である膨大な帯域使用の抑制や記憶容量の削減に貢献します。

  • インテリジェントクロッピング(イメージ図)

●領域によって圧縮率を変え、ネットワーク帯域を抑制する「インテリジェントコーディング」

本機能では、画角内のすべての領域を鮮明に見る必要がない場合に、領域によって圧縮率を変えて記録します。4Kの高精細な映像で確認したい注視点は低圧縮率でエンコードして鮮明に記録し、それ以外の領域は高圧縮率でエンコードすることにより、ネットワーク帯域を最大で約50%※3抑制することができます。また領域の指定は「インテリジェントクロッピング」と同様に、動体を追尾する動的領域の設定も可能です。
※3:4K30fps映像で、注視点領域を30%に設定した場合。

  • インテリジェントコーディング(イメージ図)

●最大20MPの静止画を記録する「エビデンスショット」

動画を1440x960ピクセル(最大5fps)で撮影しながら、詳細を確認したい場面では4Kを超える高解像度でJPEG静止画を記録する、「エビデンスショット」を搭載しました。動画撮影の解像度を抑えることにより、静止画では4K(約8.2メガピクセル)画素の2.4倍に相当する5472x3648(約20メガピクセル)の高解像度で記録できます。監視対象が発見されるなど詳細を確認したい瞬間の静止画を高解像度で取得することにより、対象領域を拡大して細部まで確認できます。

3. インテリジェントシーンキャプチャー
天候・時間・光条件などの環境にあわせて撮影設定を最適に切り替える機能を搭載します。シャッタースピードやゲインなどの各種パラメータを環境に応じて自動的に切り替えます。また、あらかじめパラメータをプリセットし、センサー入力による操作や設定したスケジュールに応じて切り替えることができます。

また本機は、専用アプリをダウンロードしたWi-Fi対応スマートフォンなどで設置時に画角の確認ができる画角調整機能にも対応しています※4。照度0ルクス環境下でも赤外線照射範囲でのモノクロ撮影が可能な赤外線照射機能や、明部/暗部の視認性を飛躍的に向上させ逆光状態でも映像の白とびや黒つぶれを抑えて撮影できるソニー独自のワイドダイナミックレンジ機能「View-DR(ビューディーアール)※5」など、充実した従来機能も搭載します。
※4:設置調整時のみ使用可能な機能です。Wi-Fi通信には専用治具が必要です。
※5:View-DRは出力モードが4Kマルチストリーミングの時のみ使用可能です。

主な仕様

撮像素子 1.0型プログレッシブスキャン Exmor R® CMOSイメージセンサー
有効画素数 約2000万画素
レンズタイプ 2.9倍ズームレンズ
ズーム比 光学2.9倍
焦点距離 f=8.8mm~25.7mm
F値 F1.8(ワイド端)~F2.8(テレ端)
水平画角 70.7度(ワイド端)~27.5度(テレ端)
最短撮影距離 300mm
ワイドダイナミックレンジ機能 View-DR(90dB相当)*1
最低被写体照度 0.06ルクス(F1.8、1/30秒、30IRE[IP])*2
0ルクス(Nightモード[ON]、モノクロ、赤外線照射[ON])
映像圧縮方式 H.264/JPEG(JPEGはエビデンスショット時のみ)*3
音声圧縮方式 G.711、G.726、AAC-LC(16kHz、48kHz)
画像サイズ H.264時:3840×2160、2880×2160、1920×1080、1440×1080、1440×960、1280×720、960×720、640×480、640×360、320×240、320×180
JPEG時(エビデンスショット時):5472×3648
最大フレームレート*4
(シングルコーデック時)
H.264時:30fps(3840×2160、2880×2160)/10fps(左記以外の解像度の場合)
JPEG時(エビデンスショット時):2.5fps(5472×3648)
外部インターフェース LAN端子(RJ-45)×1、HDMI×1*5、音声入力端子×1、センサー入力×2、アラーム出力×2
本体質量 約1.9kg(ブラケット含まず)
本体外形寸法
(幅×高さ×奥行)
約φ190mm×146.7mm(突起部含まず)
電源 DC12V、AC24V(50/60Hz)、PoE(IEEE802.3af準拠)
防塵・防水規格 IP66
標準機能 Day&Night機能(IRカットフィルター方式)、動体検知機能*6、エッジストレージ機能、赤外線照射機能(赤外線照射距離約50m(30IRE時))

*1:View-DRは4Kマルチストリーミングモード時のみ使用可能。また、View-DRがONの場合、最大フレームレートは5fpsとなります。
*2:50IRE[IP]の場合0.1ルクス(F1.8、1/30秒)
*3:設定可能な解像度やビットレートの組み合わせには制限があります。
*4:絵柄や画質設定、ビットレート設定などの影響によって、最大フレームレートが低下する場合があります。
*5:HDMI出力とネットワーク経由での映像出力は併用できません。
*6:4K 30fpsモードおよびHDMI出力モードの場合動体検知機能は動作しません。

お客様からのお問い合わせ先


ソニービジネスソリューション(株) 業務用商品相談窓口
TEL
0120-788-333(フリーダイヤル)
050-3754-9550(携帯電話・PHS・一部のIP電話などフリーダイヤルがご利用になれない場合)
受付時間
9:00~18:00(土・日・祝日、および弊社休業日は除く)
このページの先頭へ