ニュースリリース

コンテンツメニュー
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。
2015年09月11日

本体約0.8kgの小型軽量ボディで、手持ち撮影時の機動性と使いやすさを実現

4Kスーパー35mm CMOSセンサー搭載のレンズ交換式XDCAM™メモリーカムコーダー 発売


2015年09月11日発表
2015年09月14日改訂

  • レンズ交換式 XDCAMメモリーカムコーダー
    『PXW-FS5』

  • 手持ち撮影での使用シーン(イメージ)

  • ドローンを活用した使用シーン(イメージ)
ソニーは、4K Exmor® スーパー35mm CMOSイメージセンサー(総画素数約1160万画素、有効画素数約830万画素)を搭載し、4K(3840×2160)の本体記録に対応する、小型軽量のレンズ交換式 XDCAM™メモリーカムコーダー『PXW-FS5』(本体のみ)、『PXW-FS5K』(レンズ付属)を発売します。なお、本機は業界初となる※1独自開発の電子式可変NDフィルターを内蔵し、絞りを固定し被写界深度が一定のままで露出調整を可能にすることで、大判センサーのカメラに求められる映像のぼけ味をより自由に表現できるようになりました。

型名 発売日 メーカー希望小売価格
XDCAMメモリーカムコーダー『PXW-FS5』(本体のみ) 2015年11月18日 680,000円+税
XDCAMメモリーカムコーダー『PXW-FS5K』
(パワーズームレンズ『SELP18105G』付属)
740,000円+税
本機は、本体質量0.8kg※2の小型軽量ボディの実現に加え、着脱式のワンタッチ回転グリップに多種の操作ボタンとダイヤルを配置することでカメラを握った状態で設定変更を可能にし、さらに取付け位置・角度の変更が可能な液晶パネルを搭載するなど、手持ち撮影時の機動性に優れたモデルです。ハンドル・グリップを着脱式にする事でカメラ本体を小型軽量にしているので、ドローン撮影など多様な撮影スタイルにも柔軟に対応します。
高感度かつ、トータル14stopの広いダイナミックレンジ※3に対応しており、明暗差が大きい被写体や低照度な環境下の撮影でも、被写体の持つ魅力を余すことなく写し撮ります。また、100Mbpsのビットレート(4K 30p/24p XAVC)による高画質な収録を実現すると共に、フルHDでは240fpsでのハイフレームレート撮影(最大8秒)による最大10倍のスローモーション映像の記録も可能です。収録フォーマットは、XAVC(Long GOP 4:2:2/Long GOP 4:2:0)、AVCHD Ver.2.0、XAVC Proxyの4種類に対応し多様なお客様の用途に応えます。また将来のファームウェアアップデートでRAW映像出力に対応します(時期未定)。
レンズマウントにはソニーEマウントを採用。Aマウントレンズも含めたαマウントシステムに対応しており、多彩で高性能なαレンズ群を活用できます。
加えて、Wi-Fi機能の内蔵や有線LAN端子の装備により、出先からネットワークを介してのファイル転送やストリーミング送信が行えるなど、多彩な撮影用途に応じた機能も搭載しています。

本機は、ウェディングやイベント、ミュージックビデオなど、機動力や多彩なカメラワークによる表現を求められる現場での撮影に適しています。また、映像撮影に一眼カメラを使用している方にも親和性のあるデザインと操作性を採用しているため、ビデオカメラマンはもちろん、より幅広いお客様に向けてご提案します。

※1:可変NDフィルターを本体内蔵したスーパー35mmカムコーダーとして。
※2:ハンドル・グリップ・液晶パネル・レンズを含まず。
※3:被写体の暗い所から明るい所まで映像の黒つぶれや白とびが無く、撮影ができる範囲を指します。

XDCAMメモリーカムコーダー『PXW-FS5』の主な特長

1. 本体質量0.8kgの小型軽量ボディにより、フレキシブルな手持ち撮影を実現
バランスの良い0.8kgの小型軽量ボディの採用により、機動性が高まり片手での手持ち撮影も快適に行えます。また、ワンタッチで8段階に回転するグリップを採用したことで、ローアングル、ハイアングルでの撮影にも瞬時に対応します。

  • 中央に重心が来るように設計されたグリップ位置
さらに、グリップには録画ボタンをはじめ、ズームレバー、よく使う機能を割り当てられるアサインボタン、マルチセレクターなど主要な機能を集約しており、撮影中にファインダーを覗きながら直感的な設定変更が行えます。

  • 主要な機能をグリップに集約
2. 独自技術により最高クラスの映像表現力を実現

業界初※1、独自開発の電子式可変NDフィルター内蔵により被写界深度を変化させずに様々な撮影シーンに対応可能

スーパー35mmCMOSイメージセンサー搭載のカメラとして業界で初めて電子式可変NDフィルターを内蔵しました。このNDフィルターは、電子制御により1/4~1/128まで連続的に濃度の微調整が可能なため、絞りを固定したままNDフィルターで露出を調整していけば、シネマカメラにとって重要な被写界深度を変化させずに、様々な撮影シーンに対応することが可能です。なお、NDフィルターの操作は本体左側面のダイヤルに加え、グリップに搭載されたアサイナブルダイヤルからも出来るので、撮影中の微妙な調整も簡単に行えます。

4K動画撮影や240fpsハイスピード撮影などの映像表現に対応

総画素数約1160万画素、トータルラチチュード14stop※4、基準ISO感度3200※4の高感度スーパー35㎜CMOSイメージセンサーを搭載し、4K(3840×2160)の高精細映像撮影を実現しました。フルHD撮影時には10bit4:2:2記録が可能なので、階調表現豊かに記録することが出来ます。また、240fpsのハイフレームレート撮影(最大8秒)に対応し、最大10倍のスローモーション表現が可能です。なお、ハイフレームレート撮影には、録画ボタンを押してから既定時間まで撮影するスタートトリガー、録画ボタンを押してから既定時間まで遡るエンドトリガー、遡る時間が半分に設定されたエンドトリガーハーフの3種類の記録開始方法から選択できます。

さらに、S-Log2、S-Log3※5、S-Gamut、S-Gamut3、S-Gamut3.Cineという、ソニーのデジタルイメージング機器で広く使用されているガンマ・色域をサポートし、複数のカメラ映像を編集する際の色合わせが容易に行えます。2種類のS-Logを搭載することで、カメラ本体が持つダイナミックレンジを余す所なく収録できます。また、ソニーが定義するワイドカラースペースS-Gamutを搭載することで、映画など複数のカメラの映像を編集する制作シーンで利用できます。

※4:S-log3ガンマ選択時ビデオガンマ、23.98p時
※5:S-Log2およびS-Log3とは、広い輝度ダイナミックレンジを記録するためのソニー独自の輝度特性カーブです。白とびや黒つぶれしやすいシーンでも、ディテールを引き出す編集を可能にします。

超解像ズームを搭載

解像度の落ちないデジタルズーム「超解像ズーム」を搭載しています。単焦点レンズにズーム効果を加えるほか、広角ズームレンズを使用時に焦点距離が足りない場合に超解像ズームと組み合わせることで、フルHD撮影時に最大2倍まで焦点距離を伸ばせます。付属の『SELP18105』を使用した場合、光学約5.8倍ズームに加えて超解像ズームを入れる事で最大約12倍までズーム倍率を拡大可能です。

3. 多様な撮影用途に対応し、ネットワーク機能も充実

多様な撮影スタイルに対応する本体機構

回転グリップと液晶パネルは着脱式を採用し、ドローンやクレーン、ハウジングなどコンパクトな筐体が求められる撮影スタイルに対応します。また、液晶パネルはフレキシブルに回転でき、取り付け位置も9か所あるので、幅広い撮影ポジションに柔軟に対応します。

  • 撮影スタイルに合わせやすい着脱式ボディ

  • フレキシブルに回転する液晶パネル


    9箇所に液晶パネルが取り付け可能
    (内3箇所はハンドル部)

ネットワーク機能の充実

本体内蔵のWi-Fiを通じて、各種機能を使えます。モバイルアプリケーションContent Browser Mobileを使用するとモバイル端末でカメラ操作や撮影映像の確認を行えます。市販のモバイルルーター等を介したストリーミング映像出力や収録済みクリップのファイル転送にも対応しています。また、カメラ本体にイーサネット端子も備えており、ストリーミングとファイル転送機能は有線LANを介して行うことも可能です。

4. その他の機能
  • センタースキャン機能(×2エクステンダー、スーパー16mmレンズの画角に対応)を搭載
  • 2スロット同時記録・バックアップ記録(4K+4KまたはHD+HD)に対応※6
  • 3G-SDIや4K HDMI出力など充実したインターフェイス
  • マルチインターフェース(MI)シューに対応
※6:同時記録、リレー記録に対応しますが、同時にProxy記録は行えません。

「PXW-FS5」の主な仕様

一般仕様 質量 約0.83kg (本体のみ)
約2.2kg
(レンズ「SELP18105G」、レンズフード、バッテリーパック BP-U30、アイカップ、液晶パネル、ハンドル、グリップ(グリップベルトなし)を含む)
外形寸法
(幅/高さ/奥行き)*1
約111.3 x 128.7 x 172.4 mm (本体のみ、突起部を含む)
約185.2 x 218.3 x 369.5 mm ( レンズ「SELP18105G」、レンズフード、大型アイカップ、液晶パネル、ハンドル、グリップ(グリップベルト含まず)、突起部を含む)
電源電圧 DC 14.4V (バッテリーパック使用時)
DC 12.0V (ACアダプター使用時)
消費電力 約11.8W (記録時、液晶パネルOff、EVF On、映像出力使用せず)
約12.6W (記録時、液晶パネルOn、EVF On、映像出力使用時)
動作温度 0°C ~ 40°C
保存温度 -20°C ~ 60°C
記録フォーマット
(ビデオ)
XAVC QFHD : MPEG-4 AVC/H.264 4:2:0 Long profile
XAVC HD : MPEG-4 AVC/H.264 4:2:2 Long profile
AVCHD : MPEG-4 AVC/H.264 AVCHD 2.0規格対応
記録フォーマット
(オーディオ)
XAVC : リニアPCM 2ch, 24bit, 48kHz
AVCHD : リニアPCM 2ch, 16bit, 48kHz / Dolby Digital 2ch, 16bit, 48kHz
記録フレームレート
記録ビットレート
XAVC QFHD (3840 x 2160) @29.97p, 25p, 23.98p
100Mbps/60Mbps
XAVC HD (1920 x 1080) @59.94p, 50p,
50Mbps/35Mbps
XAVC HD (1920 x 1080)@59.94i, 50i,
50Mbps/35Mbps/25Mbps
XAVC HD (1920 x 1080)@29.97p, 25p, 23.98p,
50Mbps/35Mbps
XAVC HD (1280 x 720)@59.94p, 50p,
50Mbps
AVCHD (1920 x 1080)@59.94p, 50p,
28Mbps
AVCHD (1920 x 1080)@59.94i/50i/29.97p/25p/23.98p,
24Mbps/17Mbps
AVCHD (1280 x 720)@59.94p, 50p,
24Mbps/17Mbps/9Mbps
レンズ レンズマウント Eマウント
付属レンズ
(PXW-FS5Kのみ)
SELP18105G
カメラ部 撮像素子 "Exmor" Super35 CMOSセンサー
有効画素数 3840(H) x 2160(V)
内蔵フィルター 電子式可変NDフィルター (1/4ND~1/128ND)
OFF: クリアー
1: 1/4ND
2: 1/16ND
3: 1/64ND
※ No.1~3に任意の濃度を設定可能
基準ISO感度 S-Log3ガンマ ISO3200
シャッタースピード 1/8~1/10000秒(60i)
1/6~1/10000秒(50i/24p)
スロー&クイックモーション [30p]:2160p: フレームレート選択式
1.2.4.8.15.30 fps
[60i]:1080p: フレームレート選択式
1.2.4.8.15.30,60 fps
スーパースローモーション
(時間制限あり)
[60i] フレームレート選択式
120, 240, 480, 960 fps
ホワイトバランス プリセット(3200K)、メモリーA、メモリーB/ATW
ゲイン 0,3,6,9,12,15,18,24,27,30dB,AGC切り替え可能
入出力 オーディオ入力 XLR-type 3ピン(メス) (x2)
ビデオ出力 マルチ/マイクロUSBジャック組み込み
コンポジット
オーディオ出力 マルチ/マイクロUSBジャック組み込み
SDI出力 BNC端子 (x1)
SD/HD/3G 選択式
USB マルチ/マイクロUSBジャック (x1)
イヤホン出力 ステレオミニミニジャック (x1)
スピーカー出力 モノラル(×1)
DC入力 DCジャック(×1)
リモート ステレオミニミニジャック (Φ2.5 mm)
HDMI出力 HDMIコネクタ (タイプA)
表示部 ビューファインダー 1.0cm(0.39型) OLED
約144万画素
液晶パネル 3.5型
約156万画素
内蔵マイク 無指向性ステレオ エレクトレットコンデンサーマイクロフォン
メディアスロット タイプ SDカード/メモリースティック兼用(×1)
SDカード(×1)
無線通信 方式 Wi-Fi/NFC搭載
*1 寸法は概算値です。

※ “XAVC”および“XAVC”ロゴは、ソニー株式会社の登録商標です。
※ “Exmor ”は、ソニー株式会社の商標です。
※ その他記載されている会社および商品名は、各社の商標または登録商標です。なお、本文中では™、®マークは明記していません。

お客様からのお問い合わせ先


ソニービジネスソリューション(株) 業務用商品相談窓口
TEL
0120-788-333(フリーダイヤル)
050-3754-9550(携帯電話・PHS・一部のIP電話などフリーダイヤルがご利用になれない場合)
受付時間
9:00~18:00(土・日・祝日、および弊社休業日は除く)
このページの先頭へ