ニュースリリース

コンテンツメニュー
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。
2015年10月06日

デバイス分野の更なる強化に向けて

~半導体事業会社「ソニーセミコンダクタソリューションズ株式会社」を設立~


ソニー株式会社は、ソニーグループの成長牽引領域の一つであるデバイス分野の主力事業である半導体事業、バッテリー事業、ストレージメディア事業において、それぞれが事業環境の変化に迅速に対応し、発展していくために、担当執行役である副社長 鈴木智行のもと、以下の変革を実施します。

イメージセンサーを主力とする半導体事業については、一層の強化と持続的な成長を目的として、「ソニーセミコンダクタソリューションズ株式会社」(以下、ソニーセミコンダクタソリューションズ)を設立し、2016年4月1日の営業開始を目指して、同社に現在ソニー株式会社内の事業部門や研究開発部門に存在する半導体の研究開発、事業管理、営業等の事業機能を移管していきます。ソニーは2015年2月に発表した中期経営方針において、株主視点に立った結果責任・説明責任の明確化、持続的な利益創出を念頭においた経営、意志決定の迅速化と事業競争力の強化を徹底するため、従来からグループ会社で運営している事業に加え、ソニー株式会社内の事業部門で運営してきた事業についても、順次分社化していく方針を示しています。今回決定したソニーセミコンダクタソリューションズの設立も、その方針に基づくものです。

ソニーセミコンダクタソリューションズの社長には、現在ソニー株式会社 デバイスソリューション事業本部 副本部長の清水照士が就任する予定です。また、半導体の製造を担うソニーセミコンダクタ株式会社(代表取締役社長:上田康弘)、及び設計事業会社であるソニーLSIデザイン株式会社(代表取締役社長:石井真)は、ソニーセミコンダクタソリューションズの子会社となる予定です。

バッテリー事業については、ソニーエナジー・デバイス株式会社(代表取締役社長:江連淑人)における事業と製造の一体運営を継続し、オペレーションと商品力の強化により、拡大するバッテリー市場における成長機会の取り込みと収益力の改善に取り組んでいきます。また、ストレージメディア事業については、2016年4月を目処に、現在ソニー株式会社内にある事業機能を、現在製造を行っているソニーストレージメディア・アンド・デバイス株式会社(代表取締役社長:斎藤光信)に集約し、事業と製造の一体運営により安定的な収益創出の維持を目指します。
このページの先頭へ