ニュースリリース

コンテンツメニュー
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。
2015年11月04日

ソニー、「CDPジャパン500」において気候変動対応に関する
パフォーマンスと情報開示の双方で最高評価を獲得


ソニー株式会社(以下、ソニー)は、2015年度の「CDP(旧名称:カーボン・ディスクロージャー・プロジェクト)ジャパン500」において、製品の省電力化や事業所から排出される温室効果ガスの削減活動、再生可能エネルギーの導入といった取り組みが評価され、気候変動戦略や気候変動に配慮した環境施策とその成果を認める「Aリスト※1」に選定されました。
また、透明性の高い情報開示も評価され、気候変動に関する情報開示先進企業として「クライメート・ディスクロージャー・リーダーシップ・インデックス(以下、CDLI)※2」にも選定されました。

CDPは、2000年の英国での発足以来、民間企業を対象とした気候変動に関する調査をしています。本年度の調査は、運用資産総額が95兆ドルに達する822の機関投資家を代表して行われ、3つのセクション(ガバナンスや排出削減目標などを問う気候変動管理、リスクと機会、排出量)から成る質問書をベースに全世界で5,000社以上、日本では大手企業500社に対して実施されました。

ソニーは気候変動対応のパフォーマンス評価において上位5パーセントに入る最高評価のAと評価されると共に、CDLIでは満点(100点)を獲得し、パフォーマンスと情報開示の双方で優秀企業として選定されました。パフォーマンスでAと評価されたのは今回で2度目、またCDLIの選定は3度目になります。これは、これまで取り組んできた製品の省エネルギー化や、生産や物流、オフィスなどでの徹底したエネルギー効率化などの環境対策の成果、及び温室効果ガス排出量削減についての戦略や削減進捗の状況、バリューチェーンの段階ごとでの排出量を開示するなど、包括的な情報開示をしていることが高く評価された結果であると考えております。

ソニーは、2050年までに環境負荷ゼロを目指す環境計画「Road to Zero」に向けた次の展開として、来年度から2020年度までの新環境中期目標「Green Management 2020」を今年の6月に発表しました。
この目標では、製品の年間消費電力平均30%削減※3、事業所から排出する温室効果ガスの5%削減※4、ソニーのエンタテインメントコンテンツを活かした施策、さらに主要な製造委託先や取引先にまでスコープを広げた取り組み等を重点項目に掲げています。

今後もソニーは、環境負荷ゼロを実現するため、環境に配慮した製品・サービスの創出やバリューチェーン全体での環境負荷低減活動をさらに加速させてまいります。
※1:気候変動についての活動実績をA、A-、B、C、D、Eの6段階で評価し、最高ランクのAを獲得した企業が選定されます。
※2:全回答企業の上位10%以内の情報開示スコアを獲得した企業が選定されます。
※3:2013年度比
※4:2015年度比
このページの先頭へ