ニュースリリース

コンテンツメニュー
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。
2015年11月18日

Inter BEE 2015 出展について

4Kなど最新の映像制作ソリューションを提案


ソニー株式会社
ソニービジネスソリューション株式会社
ソニーは、11月18日(水)から幕張メッセで開催される「2015国際放送機器展(「Inter BEE 2015」)」において、「Beyond Definitionその先へ、ソニーとともに」をテーマに出展します。
ソニーブースでは、主に、加速する4Kコンテンツ制作に向けた4K/HD高画質映像制作ソリューションと、報道制作のみならず番組制作にも広がりを見せているファイルベースでの映像制作ソリューションをご提案します。
※:「Beyond Definition」には、これまでの枠組みを超えて映像ビジネスの可能性を追求するチャレンジの意志を込めています。

4K/HD高画質映像制作ソリューション

●「ハイダイナミックレンジ映像制作」で、4Kをさらに高品位な映像へ
ハイダイナミックレンジ(以下、HDR)で制作された映像は、高輝度と高コントラストを同時に実現し、肉眼により近い視覚効果をもたらし、これまで映像で表現することが難しかった、夜空にきらめく夜景や、燃え上がる炎なども美しく再現します。ソニーは既に、シネアルタ4Kカメラ『F65』、『PMW-F55』と4K 有機ELマスターモニター『BVM-X300』により、広色域、高解像度に加えて、HDR (高輝度、高コントラスト)を兼ね備えた、最高画質のマスタリングプロセスが実現できる環境を整えています。
今回新たにライブ中継におけるHDR映像制作の可能性を提案します。
従来HDRの制作ワークフローでは、編集に時間が取られるコンテンツ制作での運用が主でしたが、スポーツイベントなどライブ中継でのニーズが高まりを見せています。従来の制作手法では映像表現が限られていたフィールドの明部と観客席の暗部などの様子が、HDRによりバランスよく再現できるようになります。スタジアムで見た風景などをなるべくそのまま映像コンテンツとして届けたいというコンテンツホルダーのニーズにお応えすべく、ソニーはHDRのライブ中継に向けた映像制作機器の開発に取り組んでいます。
ソニーブースでは、HDRライブ中継映像の一例として、4K/HDシステムカメラ『HDC-4300』を用いて4K・HDRで撮影した2015年イギリスMotoGP(オートバイレース)の映像を放映します。また、スカパーJSAT株式会社様が4K・HDR映像のライブ映像伝送を実施。スカパー!のスタジオに設置した『F55』で撮影した4K映像を、ソニーブースでもご覧いただけます。
さらに、映像評価コーナーも設け、HDRと従来の映像の違いをご体験いただきます。

●4K放送を見据えた制作機器の拡充と映像インフラ「ネットワーク・メディア・インターフェース」の提案
2014年のCS 4K試験放送開始以降、BSの4K実用放送や4Kコンテンツのネットワーク配信を見据え、4Kコンテンツ制作需要が増える昨今、4Kライブ制作の機会も増えています。これに対して、ソニーは2/3型3板式4KCMOSイメージセンサーを搭載した4K/HDシステムカメラ『HDC-4300』を発売し、既に数多くのお客さまに導入頂いています。この4K制作環境をさらに充実すべく4K映像のIP信号入出力を実現したマルチフォーマットスイッチャープロセッサー『XVS-8000』も発表。広がる4K番組制作に応えます。なお、『HDC-4300』と『XVS-8000』は、テレビ東京様と中京テレビ様の新社屋設備での採用が決定しています。
一方、制作現場では、4K制作インフラを従来の同軸ケーブルで構築する際、配線やルーターの規模などがHDの4倍以上必要となり、コスト、スペース、重量が大きな課題となります。そこでソニーは、4K・8K、ハイフレームレートなど付加価値の高い映像コンテンツの制作環境を効率的に構築するIP Live Production Systemを推進しています。このシステムでは従来のSDIに代わって機器間の映像/各種信号の伝送にIPを用い、制作システム全体をネットワーク上で一元管理し、運用効率を飛躍的に向上させます。
ソニーブースでは、IP Live Production Systemのコア技術であるAV伝送インターフェース「ネットワーク・メディア・インターフェース」に対応した新商品である、4Kシステムカメラ用のベースバンド・プロセッサユニット『BPU-4500』、4K/HD対応マルチポートAVストレージユニット『PWS-4500』および4K映像のIP信号入出力を実現したマルチフォーマットスイッチャープロセッサー『XVS-8000』などを展示します。4K映像制作の基幹となる商品に本技術を搭載し、4K映像伝送のIP化をさらに加速します。
「ネットワーク・メディア・インターフェース」に賛同するパートナーは2015年11月現在で42社にのぼります。
次世代のIP映像制作を支えるインフラとしてご活用いただくべく、より一層のご提案を広げてまいります。
※:「ネットワーク・メディア・インターフェース」対応の新製品およびご提案について、詳しくはこちらをご覧ください。
4K映像のライブ制作インフラのIP化を推進 対応機器6機種発売
その他にも、拡大する4K映像制作市場に向けて、4K対応レンズ交換式XDCAMメモリーカムコーダー『PXW-FS5』など4K大判センサーを搭載したカメラも多数展示します。また、4K/HDシステムカメラ『HDC-4300』による高画質HD8倍スローのご提案などを通じて、4K/HDの混在運用およびHD制作から4K制作への円滑な移行をご提案します。

ファイルベースでの映像制作ソリューション

●ワイヤレスソリューションを中心とした報道ファイルベースシステム
速報性が求められるニュース制作に向けて、ワイヤレスアダプターや、ワイヤレス機能を内蔵したカムコーダーなどを通じ、高品質のライブストリーミングを低予算で実現するワイヤレスソリューションを提案します。これにより、現場からの緊急生中継など、撮影現場での利便性向上や編集作業の効率化、オンエアまでの時間短縮に貢献します。
ソニーブースでは、4G/LTEやワイヤレスネットワークを活用し、カムコーダーからダイレクトに映像・音声をワイヤレス送信するライブストリーミングソリューションを提案します。ライブストリーミング機能を搭載したXDCAMカムコーダー『PXW-X200』などの映像を送信し、受信機のネットワークRXステーション『PWS-100RX1』を通じて、ソニー独自のQoS技術により安定したライブストリーミングを行います。
なお、ソニーは国内の報道ファイルベースシステムを数多く手掛けており、これまで培ってきた経験をもとに、ワイヤレスソリューションと連携して速報性を高める、報道制作向けファイルベースシステムの開発に取り組んでおり、その内容を展示します。さらに、ニュース番組制作において少人数でのOAを実現する「オートメーションサブシステム」も展示します。このオートメーションサブシステムは既に山陰中央テレビ様での採用が決定しております。

●番組制作のファイルベース化に向けた提案
映像制作のファイルベース化は報道制作だけでなく、番組制作においても拡がりつつあります。
番組制作においては、制作が複数の会社にまたがり、メディアの受け渡しが介在するため、ファイル化が遅れていました。また、「白完*1」と言われる映像編集はノンリニアで行われていますが、最終のテロップインサートやMAは、テープベースのリニア編集が主流です。そこで、ソニーはXDCAM制作機器のファイルベースリニア編集機能を強化し、新製品を拡充することで、既存のリニア編集システムの段階的なファイル化を促進し、番組制作のフローにおいて従来のテープと同等のオペレーションを実現する新たなソリューションをご提供します。
ソニーブースでは、ファイルベース番組編集からファイルメディア搬入までの番組制作プロダクションにおけるトータルワークフローを実現する、ファイルベースリニア編集ソリューションをご提案します。
*1:編集が終了したが、MA、テロップが入っていない映像のこと(白完パケの略)
※:XDCAMによる番組制作のファイルベースに向けたご提案について、詳しくはこちらをご覧ください。
HD番組制作のファイル化を促進するファイルベースリニア編集ソリューションを提案

●アーカイブソリューション
映像の大容量化やテープ資産のファイル化に備えて、ソニーは光ディスクの技術と信頼性を継承したオプティカルディスク・アーカイブを中心に、小規模から大規模システム運用まで、用途に応じた映像アーカイブソリューションを提案します。ソニーブースでは、記録容量3.6TB、転送速度最大2Gbpsの高速転送を実現した、オプティカルディスク・アーカイブの第2世代機(2016年発売予定)を参考展示します。
また、お客さまのVTRテープ資産のスムーズなファイル化をサポートするために、カセットローダーを使いテープのファイル化を省力化できる「ライブラリーシステム」や、お客さまからVTRテープを弊社がお預かりし自社の業務用記録メディアの生産拠点にてファイル化を行う「ファイル化サポートプログラム」などをご紹介します。

主な新商品展示


  • 4Kシステムカメラ『HDC-4300』と『BPU-4500』の接続例
ネットワーク・メディア・インターフェース対応:4Kシステムカメラ用ベースバンド・プロセッサユニット『BPU-4500』
マルチフォーマットポータブルカメラ『HDC-4300』などと組み合わせて4Kカメラシステムとしてお使いいただく製品です。
※ 詳しくはこちらをご覧ください。
4K映像のライブ制作インフラのIP化を推進 対応機器6機種発売

  • 『PWS-4500』
ネットワーク・メディア・インターフェース対応:マルチポートAVストレージユニット『PWS-4500』
記録方式としてXAVCフォーマットを採用し、4Kの高画質でのデジタル記録・再生が可能なサーバーです。
※ 詳しくはこちらをご覧ください。
4K映像のライブ制作インフラのIP化を推進 対応機器6機種発売

ネットワーク・メディア・インターフェース対応:マルチフォーマットスイッチャープロセッサー『XVS-8000』
4Kライブ制作をサポートするための豊富なリソースを搭載し、SDIに加えてネットワーク接続した各種AV機器との間で、新たにIP信号で入出力に対応します。
また、当スイッチャ—プロセッサーに用いるコントロールパネル『ICP-X7000』シリーズを2016年1月に発売します。
※ 詳しくはこちらをご覧ください。
4K映像のライブ制作インフラのIP化を推進 対応機器6機種発売

  • 『PWS-100NM1』
IPライブシステムマネージャー『PWS-100NM1』
ネットワーク・メディア・インターフェースを通じ、ネットワーク接続したシステムの中核として、各接続機器のルーティング・集中管理を行います。
※ 詳しくはこちらをご覧ください。
4K映像のライブ制作インフラのIP化を推進 対応機器6機種発売

  • 『NXLK-IP40F』
SDI-IPコンバーターボード『NXLK-IP40F』、シグナルプロセッシングユニット『NXL-FR318』
SDI対応機器をネットワーク・メディア・インターフェースのシステムで利用する場合にSDI-IPコンバーターボード『NXLK-IP40F』でSDI信号からIPのデータに変換を行います。
※ 詳しくはこちらをご覧ください。
4K映像のライブ制作インフラのIP化を推進 対応機器6機種発売

  • 『PXW-X400』
2/3型3CMOSイメージセンサー搭載 XDCAMメモリーカムコーダー『PXW-X400』
2/3型3CMOSイメージセンサーと新しい信号処理回路の搭載により、F12の高感度、S/N 62 dBの高S/Nを実現しています。肩担ぎの状態で最適な重量バランスを実現するために、本体の軽量化およびレンズ装着時の重心位置の最適化を行うとともに、約22Wという低消費電力化により、カメラマンの負荷を軽減しつつ長時間撮影を可能にしました。
※ 詳しくはこちらをご覧ください。
2/3型3CMOSセンサーを搭載し、高画質と低消費電力を実現したXDCAMメモリーカムコーダーを発売

  • 『HXC-P70』
2/3型3CMOSイメージセンサー搭載 マルチパーパスカメラ『HXC-P70』
小型筐体に2/3型3CMOSイメージセンサーを搭載し、F12の高感度やノイズの少ない高S/Nなど、高画質を実現しています。幅86㎜のスリムボディ、重さ約1.5㎏の小型・軽量設計により、高所やスペースの限られた場所への設置にも柔軟に対応できます。
※ 詳しくはこちらをご覧ください。
2/3型3CMOSセンサーを搭載したマルチパーパスカメラ『HXC-P70』を発売

  • 『SRG-360SHE』
旋回型リモートカメラ『SRG-360SHE』
旋回型カメラSRGシリーズのフラッグシップモデルです。フルHD(1920×1080)かつ60フレーム/秒での映像出力に対応し、動きのある被写体を高画質でなめらかに撮影できます。
※ 詳しくはこちらをご覧ください。
旋回型リモートカメラSRGシリーズのフラッグシップモデルを発売


  • マイクロホンカプセルユニット
新A型周波数帯域に対応するワイヤレスマイクロホンシステムのアクセサリーを拡充
マイクロホンカプセルユニット『CU-C37A』、ミューティングスイッチアダプター『K-1524』、1.2GHz帯無指向性アンテナ『AN-820/G』、UHF帯 5素子 八木アンテナ『K-1517』を発売します。
※ 詳しくはこちらをご覧ください。
新A型周波数帯域に対応したワイヤレスマイクロホンシステムのアクセサリーを拡充

開催概要

会期:
2015年11月18日(水)~22日(金)
場所:
幕張メッセ
ソニー/ソニービジネスソリューションブース:
展示ホール4、ブースNo.4414/国際会議場201会議室

※:別紙で関連製品のプレスリリースがあります。
※:その他記載されている会社および商品名は、各社の商標または登録商標です。
このページの先頭へ