ニュースリリース

コンテンツメニュー
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。
2015年12月08日

4Kの高精細な映像記録・伝送・再生に対応した幅広い医療用映像機器を発売

~IPを活用した※1、院内映像伝送ソリューションをトータルで提案~



  • メディカル4K液晶モニター
    左:31型『LMD-X310MD』、
    右:55型『LMD-X550MD』

  • メディカル4Kレコーダー
    『HVO-4000MT』

  • (開発発表)
    IPコンバーターのイメージ

  • コンテンツマネジメントシステムによる画像管理画面のイメージ
ソニーは、新たに4K解像度の高精細な映像記録・伝送・再生に対応した医療用映像機器として、手術現場で映像を確認する4K液晶モニター、映像を記録する4Kレコーダー、ネットワーク経由でデータを管理するコンテンツマネジメントシステム※2を発売します。
医療技術が進化を遂げる中、高精細な映像で精度の高い手術を実現し、医療技術の更なる向上を目指したい、という医療現場からのご要望が高まっております。従来のハイビジョン映像を超える高精細な4K映像機器も登場し、医療用途への応用も始まりました。ソニーは、この度の新商品を通じ、4Kの高精細な映像でスムーズな手術進行をサポートするシステムをトータルでご提案します。
さらに、4Kの映像伝送システムをIPケーブルのシンプルな配線で構築し、またリアルタイムでの院内での共有を可能にする提案として、IPコンバーターの開発を行っています。
医療機器や医療周辺機器の4K対応により、各機器を接続するHD-SDIビデオケーブルが従来のHD機器に比べ4倍に増えるため、設計施工の煩雑さなどが課題です。開発中のIPコンバーターにより、高精細な映像伝送システムをシンプルな配線で実現します。IP技術を活用し、手術室内の周辺機器のシステム構築のスリム化や、リアルタイムで手術室から院内への共有を可能にします。
型番 発売日 価格
型番 メディカル4K液晶モニター
(55型4K液晶モニター)『LMD-X550MD』
(31型4K液晶モニター)『LMD-X310MD』
発売日 2015年12月14日 価格 オープン価格
型番 メディカル4Kレコーダー『HVO-4000MT』 発売日 2016年2月1日 価格 オープン価格
型番 コンテンツマネジメントシステム『CMDS-MS20MD』 発売日 2016年1月21日 価格 ※インストールする対応サーバーの構成により異なります。
※1:4K映像のIP伝送をリアルタイムで行うには、開発中のIPコンバーターが必要です。また、メディカル4Kモニターは、開発中のIPコンバーターと組み合わせることで、IPを活用したソリューションが可能となります。
※2:ソフトウェア『CMDS-MS20MD』を、対応サーバーにプリインストールして、お客様にご提供いたします。
メディカル4Kモニター『LMD-X550MD』は、内視鏡や手術顕微鏡を用いた手術現場にて、医師や助手が手術映像などを確認するためのモニターです。4Kの高精細な映像を細部までクリアに、モニターで大きく表示でき、手術時の繊細な操作をサポートします。
メディカル4Kレコーダー『HVO-4000MT』は、手術部位を撮影する術野カメラの鮮明な映像を、長時間記録できます。またネットワーク経由でアップロードもでき、術者以外の関係者への情報共有、映像データの利活用が可能です。
ソニーとして初めて発売するコンテンツマネジメントシステム『CMDS-MS20MD』は、4K映像記録に対応し、ネットワーク経由での映像データ管理・検索ができるシステムです※2
ソニーは、4K映像のIP化を活用した商品提案を通じ※1、医療現場での映像活用に対するニーズに、より幅広く対応していきます。

新商品の主な特長


  • 左から『LMD-X310MD』、『LMD-X550MD』

メディカル4K液晶モニター『LMD-X550MD』『LMD-X310MD』

  • 4Kの高精細・広色域での映像表現
    HDのみならず4Kの高精細な映像を、細部までクリアに表示でき、手術用の視認性向上に貢献します。
    4Kの次世代放送規格であるITU-R BT.2020信号に対応し、従来のハイビジョン映像と比べ色域の表現領域も広がりました。
  • ソニー独自の「オプティコントラストパネル」構造を採用
    液晶画面と画面保護パネル間の空気層を樹脂で充填したソニー独自の「オプティコントラストパネル」構造を採用。空気層をなくすことで画面に当たる光の反射と拡散が低減されるため、光の乱反射による画像のゆがみやコントラスト感の低下を防ぎ、鮮明で視認性の高い映像を再現します。
  • ソニー独自画像強調機能「A.I.M.E.™」搭載
    ソニーの独自技術A.I.M.E.(Advanced Image Multiple Enhancer)搭載により、内視鏡や手術顕微鏡などからの映像の輪郭や色を調整することも可能です。
  • 55インチと31インチの2モデルを展開
    大画面のモニターで高精細な映像を物理的に大きく表示し、手術時の繊細な操作をサポートします。

  • 『HVO-4000MT』

メディカル4Kレコーダー『HVO-4000MT』

医療映像の4K化に対応したメディカル用途専用の4Kレコーダーです。
4K映像の記録・再生・外部メディアへの書き出し・コンテンツマネジメントシステムへの転送が可能です。

  • 4K解像度での長時間録画に対応
    大容量4TBのHDDを内蔵し、4K映像の長時間記録可能です。
    長時間になりがちな手術映像の記録に適しています。
  • ネットワーク経由でのアップロードを実現
    コンテンツマネジメントシステムへ本体に記録済みの4K映像ファイルのアップロードが可能です※3
    ※3:Windowsファイル共有用のプロトロコルCIFSでデータ転送が可能です。
  • 外部メディアに同時保存可能
    内蔵HDDに加えて、内蔵Blu-rayドライブでのBlu-rayディスクへの映像書き出しや、USBメモリー、USB HDDへの映像書き出しも可能です。手術映像の学会などでの使用時も容易にお使いいただけます。

コンテンツマネジメントシステム『CMDS-MS20MD』

医療映像の4K化に対応し、メディカル4Kレコーダーなどで記録されたHD映像や4K映像を一元管理できるサーバーシステムです。4K映像を含む様々な映像の収集・保存・検索・編集・配信が可能です。

  • 4K映像を一元管理
    複数の4Kレコーダーからの4K映像を収集し、一元的に管理できます。複数の手術室の映像などの整理・保存に有用にお使いいただけます。また、映像保存の際には患者情報などを合わせて登録可能です。医療での映像活用をサポートします。
  • シンプルな操作画面で4K映像の検索・編集が可能
    収集した4K映像を、シンプルな操作画面で検索できます。また、検索した映像ファイルから、確認したい場面を直観的操作で選び、目的の部分から再生できるので、長時間になりがちな手術の重要な一場面にも短時間でアクセス可能です。
    さらに、記録した映像の一部切り出しなどの編集を、クライアントのPCを介して行えます。
  • ネットワーク経由で、外部からの閲覧・操作が可能
    コンテンツマネジメントシステムのサーバーに収集・管理されたデータを、ネットワーク接続したPCまたはiPad※4からアクセスして視聴できます。病院内で広く映像を共有することが可能です。

  • シンプルな操作画面で、手術の動画・画像で確認し、編集を行える

※4:iPadを用いた映像の閲覧は、Appstoreにて無償のアプリケーションMedicalCMSViewerをインストールすることで可能です。


  • IPコンバーターのイメージ

【開発発表】IPコンバーター

IPコンバーターは、医療用4K映像機器と接続して、煩雑なケーブル配線をシンプルにでき、入力から出力まで映像伝送システムのIP化を可能にします。
アナログ映像からHD、4K映像まで様々な映像信号のIPへの変換・出力に対応します。

*)記載されている会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。
*)本発表製品は、医療機器ではありません。
*)製品の販売価格は販売店により決定されます。販売店にお問い合わせください。

お客様からのお問い合わせ先


ソニービジネスソリューション(株) 業務用商品相談窓口
TEL
0120-788-333(フリーダイヤル)
050-3754-9550(携帯電話・PHS・一部のIP電話などフリーダイヤルがご利用になれない場合)
受付時間
9:00~18:00(土・日・祝日、および弊社休業日は除く)
このページの先頭へ