ニュースリリース

コンテンツメニュー
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。
2016年04月18日

NAB 2016 出展について

4KやHDR、IP伝送、アーカイブなど最新の映像制作ソリューションを提案


ソニーは、米国ラスベガスにて現地時間4月18日(月)から開催される国際放送機器展NAB(National Association of Broadcasters)2016」において、「Beyond Definition」をテーマに出展します。4Kなど次世代放送を見据えた新製品および様々な映像制作ソリューションを提案します。
※:「Beyond Definition」には、これまでの枠組みを超えて映像ビジネスの可能性を追求するチャレンジの意志を込めています。

4K放送を見据えた制作機器の拡充


4K放送や4K映像のネットワーク配信を見据え、4K映像制作の需要が増える昨今、スポーツ中継などの4Kライブ制作へのニーズが高まっています。既にソニーは、2/3型3板式4Kイメージセンサーを搭載した4K/HD両対応のマルチフォーマットポータブルカメラ『HDC-4300』を発売し、数多くのお客さまに導入頂いています。
ソニーは、4Kライブ制作対応機器のラインアップをさらに充実させます。NABでは、4Kで最大8倍速スローモーション映像の撮影が可能なカメラシステム『HDC-4800』と対応ベースバンド・プロセッサユニット『BPU-4800』およびマルチフォーマットスイッチャー『XVS-7000』、『XVS-6000』を発表します。これらは、自社開発のAV伝送インターフェース「ネットワーク・メディア・インターフェース」に対応しており、4K映像のIP信号入出力を実現しています。従来のSDIに代わって機器間の映像/各種信号の伝送にIPを用い、制作システム全体をネットワーク上で一元管理し、運用効率を飛躍的に向上させます。

「ネットワーク・メディア・インターフェース」の賛同パートナーは株式会社 朋栄やGrass Valley社が新たに加わり49社に拡大。なお、Grass Valley社を初めとした放送機器メーカーなどで構成されるAIMS(Alliance for IP Media Solutions)にソニーも新たに加わり、IPベースのシステムの普及と相互互換性を高めていく活動に寄与して参ります。今回のNABでは、同インターフェースに対応した賛同パートナー社製品の拡充や、IPベースのオーディオシステムとの連携を展示します。
ソニーの4K対応製品群は、HDで運用しながらお客様のペースに応じた柔軟な4Kへの移行が可能です。

ソニーは、拡大する4K映像制作市場に向けて、4K対応制作機器の新製品を多数展示します。

ハイダイナミックレンジ映像制作で、4Kをさらに高品位な映像へ


ハイダイナミックレンジ(以下、HDR)で制作された映像は、高輝度と高コントラストを同時に実現し、肉眼により近い視覚効果をもたらし、これまで映像で表現することが難しかった、夜空にきらめく夜景や、燃え上がる炎なども美しく再現します。ソニーは既に、シネアルタ4Kカメラ『F65』、『PMW-F55』と4K 有機ELマスターモニター『BVM-X300』により、広色域、高解像度に加えて、HDR (高輝度、高コントラスト)を兼ね備えた、最高画質のマスタリングプロセスが実現できる環境を整えています。
従来HDRの制作ワークフローでは、時間をかけて編集できるコンテンツ制作での運用が主でしたが、昨今スポーツイベントなどライブ中継においてもニーズが高まっています。1月に開催された2016 ソニー・オープン・イン・ハワイにおいては、HD生放送と4K HDR収録の同時制作の検証を行いました。
ソニーは、業界に先駆けて4K映像制作機器のHDR対応を加速します。NABでは、HDRに対応した
55型の4K(3840×2160ピクセル)有機ELモニター『PVM-X550』を発表します。また、4K/HD両対応のマルチフォーマットポータブルカメラ『HDC-4300』に対応するベースバンド・プロセッサユニット『BPU-4500』/『BPU-4000』もこの夏LIVE-HDRに対応し※1、『HDC-4300』でのHDR映像のライブ伝送を実現します。

アーカイブソリューション


4K・8Kなどによる映像の大容量化やテープ資産のファイル化に備えるとともに、企業や教育・研究機関において膨大なデータを活用するビッグデータの長期保存を実現するため、ソニーは光ディスクの技術と信頼性を継承したオプティカルディスク・アーカイブの第2世代モデルを発表します。ソニーとパナソニックが共同開発した業務用次世代光ディスク規格「アーカイバル・ディスク」※2を採用し、NABではカートリッジ容量3.3TBの大容量記録を第1世代とほぼ同等のコストで実現するオプティカルディスク・アーカイブカートリッジ『ODC3300R』や、8チャンネル光学ドライブユニットの搭載により、最大2Gbps(250MB/s)以上のデータ転送速度の高速化を実現するドライブユニットUSB3.0対応モデル『ODS-D280U』を同時に発売します。小規模から大規模システム運用まで、用途に応じた映像アーカイブソリューションを提案します。

※1:ファームウェアアップデートで対応します。
※2:ソニー株式会社は2013年7月に、業務用次世代光ディスク規格「アーカイバル・ディスク」の共同開発においてパナソニック株式会社と基本合意し開発を進め、1ディスクあたりの記憶容量を300GBとする規格について2015年末に開発を完了いたしました。

主な新商品展示

  • 『HDC-4800』
4Kスーパースローモーションカメラシステム『HDC-4800』、『BPU-4800』
新開発 Super 35mm 単板CMOSイメージセンサーによりデータ読み出し処理を高速化し、4K映像(3840×2160)で最大8倍速、フルHD (1920×1080)画質で最大16倍速スローモーション映像を実現しました。
※ 詳しくはこちらをご覧ください。
4K・8倍速スーパースロー映像を実現する『HDC-4800』など4K対応ライブ映像制作機器を拡充

  • 『XVS-7000』
4K対応マルチフォーマットプロダクションスイッチャー『XVS-7000』、『XVS-6000』
4Kライブ制作をサポートするための豊富なリソースを搭載した中型及び小型のスイッチャーです。SDIに加えてネットワークで接続した各種映像機器との間で、IP信号での入出力に対応します。
※詳しくはこちらをご覧ください。
4K・8倍速スーパースロー映像を実現する『HDC-4800』など4K対応ライブ映像制作機器を拡充
  • 『PVM-X550』
55型 業務用4K有機ELモニター『PVM-X550』
業務用有機ELモニターとして55型の大型モニターを実現し、HDR表示にも対応。
4分割表示した映像ごとに個別の設定ができる新機能「独立設定Quad View表示」も搭載しました。
※ 詳しくはこちらをご覧ください。
55型 業務用4K有機ELモニターを発売
  • 『AXS-R7』
『PMW-F55』用ポータブルメモリーレコーダー『AXS-R7』
4K 120fpsのハイフレームレート撮影や、4K 30秒(24p時)のキャッシュレックを実現するCineAlta 4Kカメラ『PMW-F55』専用のレコーダーです。
※ 詳しくはこちらをご覧ください。
4K 120fpsのハイフレームレート撮影やキャッシュレック機能を実現するCineAlta™ 4Kカメラ『PMW-F55』専用レコーダー『AXS-R7』発売
2/3型4K CMOSイメージセンサー搭載 4K XDCAMメモリーカムコーダー『PXW-Z450』
2/3型B4レンズマウントに対応し4K CMOSイメージセンサーを搭載したショルダーカムコーダーです。XAVC Intra・XAVC Longコーデックにより4K(3840×2160)60p記録に対応し、MPEG HD422などのHD記録にも対応します。
※ 米国で発表した商品です。国内では後日発表を予定しています。
オプティカルディスク・アーカイブ第二世代新製品
アーカイブカートリッジ『ODC-3300R』、ドライブユニット『ODS-D280U』
『ODC-3300R』は、カートリッジ容量3.3TBの大容量記録を従来比低コストで実現。『ODS-D280U』は、8チャンネル光学ドライブユニットの搭載により、平均2Gbps(250MB/s)以上のデータ転送速度の高速化を実現しています。
※ 詳しくはこちらをご覧ください。
オプティカルディスク・アーカイブ第2世代モデル発売
  • 『HXC-FB75』
HDポータブルカメラ『HXC-FB75』
2/3型3CMOSセンサーを搭載し、高画質でコストパフォーマンスに優れたHDライブ制作カメラです。1080/59.94i、29.97PsFなどマルチフォーマット対応になっており、スタジオカメラ、スポーツ、音楽ライブなど、さまざまなライブ制作用途にご使用いただけます。
※ 詳しくはこちらをご覧ください。
2/3型3CMOSセンサーを搭載したHDポータブルカメラ『HXC-FB75』を発売
ワイヤレス・クラウドサービス『XDCAM Air』(参考展示)
クラウドベースのENG (Electronic News Gathering)サービスで、XDCAMカムコーダーを中心として展開しているワイヤレスソリューションを更に強化するサービスのコンセプト展示を行います。

※:別紙で関連製品のプレスリリースがあります。
※:その他記載されている会社および商品名は、各社の商標または登録商標です。
このページの先頭へ