ニュースリリース

コンテンツメニュー
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。
2016年04月18日

4K・8倍速スーパースロー映像を実現するライブカメラシステム『HDC-4800』など
スポーツ中継や番組制作に適した4K対応ライブ映像制作機器を拡充

4K映像のIP伝送技術ネットワーク・メディア・インターフェースに対応し、ライブ映像制作のIP化を加速



  • 『HDC-4800』
ソニーは、スポーツシーンの決定的瞬間をハイフレームレート撮影で捉え、4K・8倍速スローモーション映像を実現するライブカメラシステム『HDC-4800』・『BPU-4800』や4K対応マルチフォーマットスイッチャー2機種を発売します。4K対応ライブ映像制作機器の拡充により、スポーツ中継や番組制作用途のライブシステムの運用ニーズに幅広くお応えします。
これらは将来の4K放送の動きを見据えて、自社開発によるAV伝送インターフェース「ネットワーク・メディア・インターフェース」にも対応し、4K映像のIP信号入出力を実現しています。ソニーは4K映像のライブ制作インフラのIP化を積極的に推進していきます。
型名 発売日 メーカー希望小売価格
型名 マルチフォーマットポータブルカメラ『HDC-4800』、
ベースバンド・プロセッサユニット『BPU-4800』
発売日 2016年秋 メーカー希望小売価格 参考予定システム価格 40,000,000円+税
(構成*により変化します)
型名 マルチフォーマットプロダクションスイッチャー
『XVS-7000』
発売日 2016年度内 メーカー希望小売価格 参考予定システム価格 45,000,000円+税
(構成**により変化します)
型名 マルチフォーマットプロダクションスイッチャー
『XVS-6000』
発売日 2016年度内 メーカー希望小売価格 参考予定システム価格 35,000,000円+税
(構成**により変化します)
* 本価格は、『HDC-4800』 本体と、ビューファインダー、ベースバンド・プロセッサユニット、カメラコントロールユニット、リモートコントロールパネルで構成した場合の、システム価格の一例です。
** 本価格は、『XVS-7000』または『XVS-6000』本体と、コントロールパネル、システムインターフェースユニットを組んだ場合の、システム価格の一例です。
ネットワーク・メディア・インターフェース対応機器群は、放送局や制作会社での採用が進んでいます。ブラジル最大の民間放送局TV Globoが構築した世界初 4K/IP対応中継車は、ネットワーク・メディア・インターフェースの技術および対応商品を採用しています。この中継車は今年夏に本格的に稼働を開始し、ブラジル国内を中心にスポーツ中継などで活用される予定です。また、ネットワーク・メディア・インターフェースの賛同パートナーは株式会社 朋栄やGrass Valley社が新たに加わり49社に拡大しています。なお、Grass Valley社を初めとした放送機器メーカーなどで構成されるAIMS(Alliance for IP Media Solutionsにソニーも新たに加わり、IPベースのシステムの普及と相互互換性を高めていく活動に寄与してまいります。

ライブカメラシステム『HDC-4800』・『BPU-4800』の主な特長

  • 単板CMOSイメージセンサー
  • 4K・8倍速スーパースローモーション映像を実現
    『HDC-4800』に搭載した新開発 Super 35mm 単板CMOSイメージセンサーによりデータ読み出し処理を高速化し、4K映像(3840×2160)で最大8倍速、フルHD(1920×1080)画質で最大16倍速スローモーション映像を実現します。

  • カメラシステムの一例
    『HDC-4800』(左)、『BPU-4800』(右下)、『HDCU-2500』(右上)
  • 大容量ストレージ機能を新搭載し、制作オペレーションを効率化
    撮影データの画像処理・映像出力を行うベースバンド・プロセッサユニット『BPU-4800』には、新たに大容量ストレージ機能を搭載。4K映像を8倍速で、最大4時間の連続記録できます。
    スローモーション映像制作時に、外部ストレージにデータ転送せずに本体内で編集できるため、制作フロー効率化や運用オペレーターの工数削減が図れます。
  • ネットワーク経由でリアルタイムにプロダクションビデオサーバー『PWS-4500』と素材共有
    ネットワーク(10G)接続により複数サーバー間のファイル共有を実現するShare Play機能に対応。同一ネットワーク上にある『PWS-4500』から『BPU-4800』本体に記録された映像素材のハイライト編集・送出を行うなど、効率的な映像制作を可能にします。
  • ネットワーク・メディア・インターフェース採用により、4K映像などのライブ制作インフラのIP化に対応
    制作システム全体をネットワーク上で一元管理し、運用の大幅な効率化を実現します。なお、既存の周辺機器を活用して、HD運用と同等のオペレーションも可能です。
  • 現行機『HDC-4300』と同等の重量バランスで高画質な撮影を実現
    4K/HD対応のカメラヘッド『HDC-4300』とほぼ同等の重量バランスを実現。肩に担いで撮影する際のカメラマンの負担を軽減し、機動的な動きをサポートします。
  • 広色域での色再現が可能
    従来の映像制作規格ITU-R.BT709に加えて、次世代放送の映像制作規格(ITU-R BT.2020)に対応し、広い色域を使用した色再現システムを実現します。

マルチフォーマットプロダクションスイッチャー『XVS-7000』、『XVS-6000』 2機種の主な特長

昨秋発表した4K対応マルチフォーマットプロダクションスイッチャー『XVS-8000』は、今年夏の発売を前に多数の先行予約をいただいています。この度、本機種と同じXVSシリーズの中・小型モデル『XVS-7000』、『XVS-6000』 2機種を新たに発売することで、放送局・制作プロダクションのライブシステム運用のニーズにより幅広く応えます。これらは、HD映像制作を中心に運用しながら、将来の4K映像制作システムへ移行が可能です。

  • マルチフォーマットプロダクションスイッチャー『XVS-7000』(左)・『XVS-6000』(右)
  • 4Kライブ制作システムの運用スタイルに合わせて機能や構成を選択可能
    3Gbps信号をネイティブにサポートし、4K映像にもHDと同等数のM/E列で動作可能です。『XVS-7000』では、4K時最大 3M/E (スプリットモードで HD時は 最大6M/E)、『XVS-6000』では4K時最大 2M/E (スプリットモードで HD時は 最大4M/E)での映像制作ができます。新たに4K映像制作時も、スポーツ中継などで多用されるCGワイプ機能を簡単な設定で実行できます。
  • IPインターフェースに対応
    SDIに加えてネットワーク・メディア・インターフェースなどのIPインターフェースに対応。フレームディレイ機能により、映像信号を入力するタイミングを同期させてからスイッチングを行えるため、SDIとIPを複合したシステム運用にも柔軟に対応し、IP化に向けたスムーズなシステム移行が可能です。

IP伝送技術「ネットワーク・メディア・インターフェース」を中心とした、ライブ制作インフラのIP化の普及推進

ソニーは、IPを用いて効率的にライブ制作システムを構築するIP Live Production Systemを普及推進しています。従来のSDIに代わり、機器間の映像/音声などの信号伝送にIPを用いることで、制作システム全体をネットワーク上で一元管理し、運用の大幅な効率化を実現します。

IP Live Production Systemの中核を担うAV伝送インターフェースであるネットワーク・メディア・インターフェースに対応した機器は、放送局や制作会社での採用が進んでいます。ブラジル最大の民間放送局TV Globoが構築した世界初 4K IP対応中継車では、ネットワーク・メディア・インターフェースの技術や対応商品を採用しています。今年夏稼働を開始し、ブラジル国内を中心にスポーツ中継などで活用される予定です。なお、本中継車には、4Kカメラシステム『HDC-4300』・『BPU-4500』、今回発表したカメラシステム『HDC-4800』・『BPU-4800』、マルチフォーマットAVサーバー『PWS-4500』、マルチフォーマットスイッチャー『XVS-8000』を含むライブ制作システムが導入されています。

また、NABでは16社の技術賛同パートナーから、IP Live Production System と互換性を持つ多様な製品が展示されます。具体的には、リーダ電子株式会社の波形モニター『LV-5490』のネットワーク・メディア・インターフェースオプションや、Imagine Communications社のアップコン・ダウンコン内蔵 SDI-IPコンバーター、Advantech社、AJA Video Systems社, DELTACAST社、Matrox社のPCIeボード、Vizrt社、ChyronHego社のCGシステム等があります。
さらに、ソニーは、ネットワーク・メディア・インターフェースの普及を推進するため、技術情報を公開しています。低遅延ビデオコーデック(LLVC)圧縮方式が、SMPTEのRDD34として登録された他、ネットワークデバイスコントロールプロトコルについてもRDD38として申請を行っています。また、メディアトランスポートフォーマットについてもRDD※1登録に向けて準備を進めています。

※1: Registered Disclosure Document

※ 記載されている会社および商品名は、各社の商標または登録商標です。

お客様からのお問い合わせ先


ソニービジネスソリューション(株) 業務用商品相談窓口
TEL
0120-788-333(フリーダイヤル)
050-3754-9550(携帯電話・PHS・一部のIP電話などフリーダイヤルがご利用になれない場合)
受付時間
9:00~18:00(土・日・祝日、および弊社休業日は除く)
このページの先頭へ