ニュースリリース

コンテンツメニュー
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。
2016年04月18日

オプティカルディスク・アーカイブ第2世代モデル発売

3.3TB大容量の記録対応メディアと高速転送を実現する8チャンネル光学ドライブユニット



  • オプティカルディスク・アーカイブカートリッジ
    『ODC3300R(追記型)』

  • オプティカルディスク・アーカイブドライブユニット
    『ODS-D280U』
  • Optical Disc Archive
ソニーは、映像制作分野で4K、8Kの将来の運用に伴い大容量化するデータや、企業・教育・研究機関の保有するビッグデータの長期保存に対するソリューションとして、オプティカルディスク・アーカイブ第2世代モデルを発売します。
パナソニック株式会社と共同開発した業務用次世代光ディスク規格「アーカイバル・ディスク※1」を新規に採用し、カートリッジ容量3.3TBの大容量記録を低コストで実現するオプティカルディスク・アーカイブカートリッジ『ODC3300R(追記型)』と、平均2Gbps(250MB/s)以上の高速データ転送を業界に先駆けて実現するソニー独自開発の8チャンネル光学ドライブユニット『ODS-D280U』を同時に発売します。
型名 発売日 メーカー希望小売価格
型名 オプティカルディスク・アーカイブドライブユニット
『ODS-D280U』(USB3.0対応)
発売日 2016年8月末 メーカー希望小売価格 1,200,000円+税
型名 オプティカルディスク・アーカイブカートリッジ(3.3TB)
『ODC3300R(追記型)』
発売日 2016年8月末 メーカー希望小売価格 オープン価格
※ オプティカルディスク・アーカイブドライブユニットとしてPetaSite拡張型ライブラリー用『ODS-D280F』(FC接続モデル)も同時発売を予定しています。
2013年に発売を開始したオプティカルディスク・アーカイブ第1世代モデルは、すでに多数の放送局やプロダクションで採用いただいています。オプティカルディスク・アーカイブにおいてはオープン・プラットフォーム化を推進しており、さまざまなメーカーの協力のもと、トータルシステムとして小・中規模から大規模までお客様のニーズにあったアーカイブソリューションを構築しています。2016年4月現在、オプティカルディスク・アーカイブの賛同企業は42社を数え、各社から対応製品※2が発売されています。
ソニーは、光ディスクの技術と信頼性を継承したオプティカルディスク・アーカイブにより、大切な映像コンテンツ・データ資産を長期保存するシステムソリューションをさらに進化させてまいります。

※1:ソニー株式会社は2013年7月に、業務用次世代光ディスク規格「アーカイバル・ディスク」の共同開発においてパナソニック株式会社と基本合意し開発を進め、1ディスクあたりの記憶容量を300GBとする規格について2015年末に開発を完了いたしました。
※2:メディアアセット管理システム、ミドルウェアなど。

次世代光ディスク規格「アーカイバル・ディスク※1」を新規採用

オプティカルディスク・アーカイブでは、ソニーとパナソニックが共同開発した業務用次世代光ディスク規格「アーカイバル・ディスク※1」を記録メディアとして採用しています。積層記録膜を両面で6層化したことで記録容量を飛躍的に増大させ、さらに記録膜1層あたりの記録容量を最大限に高めるためにランド&グルーブ記録技術※3を用いています。この技術によりディスク1枚あたり300GBの大容量を実現しました。
また、記録膜に酸化物を用いることで耐久性を向上し、ISO加速度試験による保存寿命は100年を超え※4、長期保存ニーズに応える耐久性を保持しています。ソニーは本技術を発展させて、今後需要の増加が予測されているデータセンター向けのシステムにも活用を図ります。

  • アーカイバル・ディスクの構造
  • 左:凸部分(ランド)、右:凹部分(グルーブ)
※3:ランドアンドグルーブ記録:
光ディスクの記録層はレコードの溝のようにらせん状の配列になっており、記録層の溝は凹部分(グルーブ)と凸部分(ランド)で構成されています。アーカイバル・ディスクはグルーブとランド両方に記録し、さらに狭トラックピッチにより、1層当たりの記録密度を増大させています。
2016年3月、ソニー株式会社の100%子会社であるSony Optical Archive Inc.社(米国)は、光ディスクライブラリーシステムソリューション、Everspan Library System※5を発表しました。すでに複数の企業および研究機関での採用検討が始まっており、IT、金融、エネルギー産業(石油・ガス)などさまざまな業界での活用を見込んでいます。

※4:ISO標準に基づいた弊社加速試験結果による推定値です。使用環境により異なる場合があります。
※5:本システムは海外向けシステムとしてご提案しており、国内展開は未定です。

オプティカルディスク・アーカイブカートリッジ『ODC3300R(追記型)』の主な特長

業務用次世代光ディスク規格 「アーカイバル・ディスク※1」を採用し、カートリッジ容量3.3TBの大容量記録を低コストで実現します。XAVC 4Kフォーマットで最大約9時間の収録が可能です。
なお、本アーカイブカートリッジは、ドライブユニット『ODS-D280U』、『ODS-D280F』に加えて、PetaSite拡張型ライブラリーマスターユニット『ODS-L30M』でも利用可能です。無通電で管理可能なため、最大1.7PBのオンラインストレージを約700Wの低消費電力で構築できます。

オプティカルディスク・アーカイブドライブユニット『ODS-D280U』の主な特長

1.8チャンネルレーザーを搭載したソニー独自開発の光学ドライブ
レーザーヘッドを2個搭載したヘッドアセンブリをドライブの上下に各2台ずつ搭載し、計8個のレーザーヘッドで、ディスク一枚の両面を同時に読み書きします。このソニー独自の高速化技術により、平均2Gbps(250MB/s)の読み出し、ベリファイ込み(記録時)で平均1Gbps(125MB/s)の書き込み速度を確保し、データの確実性を維持しながら高速なデータ処理を実現しました。
2.豊富なアプリケーションを提供
  • Windows®、Mac OS®、Linux®など幅広いOSに標準対応
    クライアントOS、サーバーOSの両方に対応し、PCに接続するスタンドアロン運用からライブラリーシステムを利用したマルチクライアント運用まで、幅広いニーズに応えます。専用Explorerにより可搬型ハードディスク、光ディスク、Linear Tape File System (LTFS)と同様に扱えます。
  • 無償ソフトウェアCatalyst Browseを用いた映像ファイルの直接再生・閲覧
    映像制作における4KやHD映像は、無償提供するソフトウェアCatalyst Browseを用いることで、オプティカルディスク・アーカイブとPCを直接接続し、データ再生や閲覧が可能です。さらに、ダイレクトに部分転送(パーシャルリトリーブ)することが可能で、大容量アーカイブメディアの利便性がさらに向上します。
  • 幅広いメディアアセット管理アプリケーション、アーカイブシステムに対応
    ソニーがご提供するアプリケーションはもちろんのこと、賛同パートナーが提供するメディアアセット管理システムやミドルウェアなど、さまざまなアプリケーションでオプティカルディスク・アーカイブが活用されています。
本システムは「第18回データストレージEXPO」(2016年5月11日~13日・東京ビッグサイト)に出展予定です。詳細は下記をご覧ください。

商品の主な仕様

オプティカルディスク・アーカイブドライブユニット
『ODS-D280U』

平均転送速度 (読出再生)2Gbps
(Verify記録)1Gbps
接続I/F USB3.0
消費電力 約110W
動作温度 5℃~40℃
保存温度 -20℃~60℃
質量 約4.8kg
外形寸法 146 × 95.5 × 414.4 (mm)

オプティカルディスク・アーカイブカートリッジ
『ODC3300R(追記型)』

総記憶容量 3.3TB
動作温度 5℃~55℃
保存温度湿度 (短期)-10℃~55℃/3%~90%RH
(長期)10℃~30℃/30%~70%RH
保存寿命 100年以上
※ ISO標準に基づいた弊社加速試験結果による推定値。

市場推定価格(消費税を含みません):
オプティカルディスク・アーカイブカートリッジ『ODC3300R(追記型)』
18,000円前後

※ 「市場推定価格」は、発売前の製品について、市場での販売価格売価格を当社が推定したものです。
なお、製品の実際の販売価格は、各販売店により決定されます。
※ 記載されている会社および商品名は、各社の商標または登録商標です。

お客様からのお問い合わせ先


ソニービジネスソリューション(株) 業務用商品相談窓口
TEL
0120-788-333(フリーダイヤル)
050-3754-9550(携帯電話・PHS・一部のIP電話などフリーダイヤルがご利用になれない場合)
受付時間
9:00~18:00(土・日・祝日、および弊社休業日は除く)
このページの先頭へ