ニュースリリース

コンテンツメニュー
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。
2016年04月22日

世界最大規模の写真コンテスト「Sony World Photography Awards 2016*」受賞者を発表

英国・ロンドンにて授賞式を開催、日本の野見山桂氏が一般公募部門の最優秀賞を受賞


*主催:World Photography Organisation (会長 スコット・グレイ氏)

ソニーが支援する世界最大規模の写真コンテスト「Sony World Photography Awards 2016」の授賞式典が4月21日に英国・ロンドンで開催されました。英国有名誌「Time Out London」、「Sunday Times Travel」の元写真編集者であるJ.マーシュナー氏や京都造形芸術大学准教授の竹内万里子氏をはじめとする審査委員会によって選出されたプロフェッショナル部門(14カテゴリー)及び一般公募部門(10カテゴリー)の最優秀賞「フォトグラファー・オブ・ザ・イヤー」と、プロフェッショナル部門の各カテゴリー受賞者が発表されました。そして、一般公募部門の最優秀賞であるフォトグラファー・オブ・ザ・イヤーには、野見山桂氏が日本人として初めて選出されました。
今年で9年目となる「Sony World Photography Awards 2016」には、世界180以上の国と地域のプロフェッショナル及びアマチュアの写真家から過去最高となる23万点(前年比+33%)を超える応募があり、日本人写真家4名も最終候補者に選ばれました。また、一般公募部門に応募した日本人写真家から選出される「日本部門賞」も発表されました。受賞作品に加え、ノミネートされた作品も鑑賞できる作品展は、4月22日(金)から5月8日(日)まで英国・ロンドンのサマーセットハウスにて開催されます。作品展では、これまでの活動を評価するアウトスタンディング・コントリビューション・トゥー・フォトグラフィーを受賞した、中国と日本の写真家ユニット 榮榮&映里(ロンロン・アンド・インリ)夫妻の「Tsunami Story」シリーズ作品も特別展示します。

「Sony World Photography Awards」は、プロフェッショナルおよびアマチュアの枠を超えて、写真家同士が交流できる国際的な機会の提供を目的に、毎年開催されている写真コンテストです。幅広いデジタルイメージング商品を展開しているソニーは、2007年よりスポンサーとしてこの活動を支援してきました。当社は今後もこの支援を通じて、創造性の高い作品を世に広める場を提供し、写真文化の発展に貢献していきます。

「Sony World Photography Awards 2016」受賞者/受賞作品

●プロフェッショナル部門 (応募総数 12万7千点)

全14カテゴリー(Architecture, Candid, Conceptual, Landscape, Portrait, Staged, Still Life, Campaign, Current Affairs, Contemporary Issues, Daily Life, Environment, People, Sport)から、それぞれ最優秀フォトグラファーを選出し、その中からフォトグラファー・オブ・ザ・イヤーが選定されます。
大賞 - フォトグラファー・オブ・ザ・イヤー
(L'Iris d'Or - the 2016 Sony World Photography Awards Photographer of the Year)
“Contemporary Issues” Asghar Khamseh (イラン)賞金25,000USドルほか
  • Fire of Hatred
  • Fire of Hatred
© Asghar Khamseh, courtesy of Sony World Photography Awards 2016
また日本人フォトグラファー3名が“Still Life(静物)”と“Staged(演出作品)”カテゴリーにて最終候補者に選ばれ、渡辺浩氏が“Still Life”の第3位を受賞しました。

  • “Still Life”
    “Still Life” 第3位 渡辺 浩 氏
  • “Staged”
    “Staged” 尾黒 久美 氏
  • “Staged”
    “Staged” ハル 氏

© Hiroshi Watanabe, courtesy of Sony World Photography Awards 2016
© Kumi Oguro, courtesy of Sony World Photography Awards 2016
© Hal, courtesy of Sony World Photography Awards 2016

●一般公募部門 (応募総数  9万5千点)

全10カテゴリー (Architecture, Arts & Culture, Enhanced, Low Light, Nature & Wildlife, Panoramic, People, Smile, Split Second, Travel) からそれぞれ、最優秀フォトグラファーが選出され、その中からフォトグラファー・オブ・ザ・イヤーが選定されます。“Low Light(わずかな光)”のフォトグラファー・オブ・ザ・イヤーは、野見山 桂氏が受賞しました。また「Sony World Photography Awards 2016日本部門賞」(審査員 写真家 ハービー山口氏)には、野見山氏を含めた4名の作品が選ばれました。

最優秀賞 - フォトグラファー・オブ・ザ・イヤー (Open Photographer of the Year)

“Law Light”
“Low Light” 野見山 桂 氏(日本)
賞金 5,000 USドルほか

「Sony World Photography Awards 2016日本部門賞」
最優秀賞

© Kei Nomiyama, courtesy of Sony World Photography Awards 2016
受賞した野見山氏のコメント
「私は、様々な野生生物への環境汚染問題を研究しながら、世界中の美しい風景や動物の写真を撮り続けています。モットーは、非日常的な風景や感動的な動物の様子を切り取って持ち帰ることです。四国に移り住み、ヒメボタルが暗い森の中を短く点滅しながら飛び回り、乱舞する光景を見た時は、とても感動しました。私は、ヒメボタルの光に和の美しさと儚さを感じており、竹林を飛び回る光景に日本的な美しさを見出しました。日本ではヒメボタルの生息場所が毎年減少しており、環境破壊の影響を感じています。
この写真は、わずかな月明かりの下で撮影しました。ヒメボタルは発光量が非常に弱いため撮影が難しいのですが、近年デジタルカメラの高感度性能が発達したことにより、この美しい光景を切り取ることができました。」

Sony World Photography Awards 2016日本部門賞

  • 2016日本部門賞 第2位
    第2位 浦 勇樹 氏
  • 2016日本部門賞 第3位
    第3位 坂上たかお 氏
  • 2016日本部門賞 第4位
    第4位 Shin Noguchi 氏

© Yuuki Ura, courtesy of Sony World Photography Awards 2016
© Takao Sakagami, courtesy of Sony World Photography Awards 2016
© Shin Noguchi, courtesy of Sony World Photography Awards 2016

●スチューデント・フォーカス部門

世界中の400以上の学校から応募があり、最優秀フォトグラファーが選出され、その中から選定されたフォトグラファー・オブ・ザ・イヤーの学校には 30,000ユーロ相当の賞品が授与されます。また、日本の東京綜合写真専門学校も最終候補校に選ばれました。

Mom's Closet
高橋 由衣 氏 東京綜合写真専門学校

© Yui Takahashi, courtesy of Sony World Photography Awards 2016
スチューデント・フォーカス部門、ユース部門を含む各部門の受賞者の詳細は、World Photography Organisationの公式サイトよりご覧いただけます。また、「Sony World Photography Awards 2016」の日本での受賞作品展は、ソニーイメージングギャラリー 銀座にて今秋開催予定です。詳細は、決定次第公式サイトでご案内します。

「Sony World Photography Awards 2017」について

応募期間は、2016年6月1日から翌2017年1月初旬までの予定です。
詳細は、World Photography Organisationの公式サイトをご覧ください。
このページの先頭へ