ニュースリリース

コンテンツメニュー
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。
2016年05月23日

ソニーグループによる平成28年熊本地震における被災地・被災者への追加支援について

“For the Next Generation” 緊急支援から中長期の復興支援へ

熊本地震により被災されました方々に、心よりお見舞い申し上げます。

ソニーグループでは、前震発生後の4月15日に緊急支援としてソニー株式会社からの災害義捐金、ラジオなどの製品寄贈、グループ社員による募金とそれへのマッチングギフトなどで約3,000万円相当の寄付を実施することを発表しましたが、その後もグループ各社からの義捐金や寄付プログラム、またグループ社員による募金の輪などが広がっており、ソニーグループからの支援総額は約1億円相当となりました。

この中には、既に発表されているソニー生命株式会社からの義捐金、ソネット株式会社によるソネットポイント寄付プログラムへのマッチングギフトに加え、ソニー株式会社からの、当初の予定を上回る約2,000台のラジオの製品寄贈も含まれています。

また、日本および海外のソニーグループ各社の社員を対象とした募金は、多くの社員の協力もあり、既に3,000万円を上回る規模に達しています。

ソニーは、被災地の一日も早い復興を心より祈念するとともに、”For the Next Generation“の精神のもと、被災地域の子どもたちが希望を持てる社会の復興を目指し、今後、現地の復興状況やニーズを踏まえた中長期での復興支援を実施してまいります。社員募金へのマッチングギフトとして、ソニー株式会社から追加拠出する支援金は、この中長期での復興支援活動の基金とする予定です。
このページの先頭へ