ニュースリリース

コンテンツメニュー
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。
2016年07月26日

医療・健康情報連携プラットフォームを事業化
電子お薬手帳サービスharmoを医療機関・調剤薬局にむけて開始


ソニーは、非接触ICカード技術FeliCaと個人情報に配慮したクラウドシステムを用いて、利用者を起点として機能するセキュリティレベルの高い(注1)(図1)医療・健康情報連携プラットフォームを事業化します。このプラットフォームは短期間で導入することができ、導入施設は個人を起点とした健康情報の連携を容易に行うことが可能となります。
FeliCaは交通系や電子マネーで実績のある非接触ICカード技術です。利用者は専用のカードを施設の端末にかざすだけの簡単な操作で、データの開示・記録を行うことができます。
また、このプラットフォームを支える個人情報に配慮したクラウドシステムはソニーが独自開発した情報分離技術を基礎としており、その先進性と有用性が認められ、特許を取得しています。

  • (注1)個人を特定する情報はICカードに、健康情報等のデータはクラウドサーバーに、各々暗号化のうえ分離して保存をするため、万が一のサーバー情報流出時でも情報の所有者を容易に特定できないため、セキュリティレベルを高く保つことが可能です。ICカードを導入施設の端末にかざすことで情報を結合させる仕組みです。

  • (図1)個人情報に配慮したクラウドシステムの仕組み
    ※ ハルモミン錠は架空の薬剤名です

電子お薬手帳サービスharmo (ハルモ)

ソニーは医療・健康情報連携プラットフォームを活用した具体的なサービスとして、2016年7月より電子お薬手帳サービスharmo(ハルモ)の事業を商用サービスとして開始しました。

試験サービスの実績

ソニーは2011年秋以降、医療・健康情報連携プラットフォームが実社会の中で実効的に機能することを確認する目的で、地域を限定して電子お薬手帳を用いた試験サービスを展開してきました。
この試験サービスを通じて、harmoの有用性は調剤薬局にとどまらず、病院・診療所・歯科診療所等、幅広い領域の施設で認められ、2016年7月現在、全国10都市で合計約880か所の医療機関や調剤薬局(図2)に導入しており、75,000人を超える方々に日々利用いただいています。
  • 札幌市手稲区:札幌市医師会手稲区支部・札幌歯科医師会手稲支部・札幌薬剤師会手稲支部・手稲渓仁会病院・札幌緑誠病院・札幌秀友会病院 蓮田市:蓮田市薬剤師会 幸手市:幸手薬剤師会 さいたま市:さいたま市薬剤師会 世田谷区:世田谷薬剤師会 横浜市:横浜市薬剤師会・横浜市立市民病院・済生会横浜市東部病院・汐田総合病院 川崎市:川崎市薬剤師会・聖マリアンナ医科大学病院・川崎市立川崎病院・川崎市立多摩病院・川崎市立井田病院 滋賀県:滋賀県薬剤師会・滋賀医科大学医学部附属病院 神戸市:神戸市薬剤師会・神戸市立医療センター中央市民病院・神戸市立医療センター西市民病院・西神戸医療センター 豊中市:豊中市薬剤師会
    • 病院:18軒
    • 歯科診療所:8軒
    • 医科診療所:30軒
    • 薬局:827軒
    ※ 2016年7月時点

    (図2)試験サービスにおける主な導入機関

harmoの特長

harmoは、患者がひとり1枚、専用カードを持つ仕組みを採用した電子お薬手帳であるため、スマートフォンを持たない患者や、乳幼児や高齢者であっても利用することができ、カードをタッチするという簡単な操作のみで自らの薬の情報を医師、薬剤師等に伝えることが可能です。
カードタイプを採用することで、患者の持参率が向上し、お薬手帳への確実な記録ができるため、患者は薬剤師から、より適切な服薬指導を受けることができます。
また、患者は、専用カードに加えてスマートフォンアプリケーションを併用することで、飲み忘れ防止アラームの設定や、服用履歴の管理、ジェネリック医薬品を希望する旨の表明、アレルギーの記録等が可能となっています。
さらに、子供の調剤情報を保護者が管理したり、離れて暮らす高齢者の状況を家族が見守ったりと、身近な人間がサポートすることにより、薬を正しく服用する「服薬アドヒアランス」向上への貢献が期待されています。
今後、harmoの普及により、患者の飲み忘れが減少し、薬剤師からの適切な指導がより効果的になされるようになることで、残薬解消・重複投与の防止などが見込まれ、医療費適正化の効果が期待されています。

プラットフォームの今後の展開

ソニーはこれまでの約5年間にわたる試験サービスで得られた知見とネットワーク、実績をもとに、引き続き、地域の医療・健康情報連携プラットフォームとして医療機関、調剤薬局等を中心にharmoの導入を推進していきます。また、蓄積した統計データを利用者にとって有用な情報として活用することなど、harmoの特長を活かした新たな価値を提案していきます。
そして将来的には、本プラットフォームの様々な分野への応用、展開を見据えて事業を推進していきます。

電子お薬手帳サービス利用料金および提供エリア

サービス利用料金

施設種別 サービス利用料金
施設種別 薬局 サービス利用料金 harmoのウェブページにて公開中
サービス導入のご案内 - harmoサイト
施設種別 病院、診療所 サービス利用料金 近日harmoのウェブページにて公開予定
(2016年12月1日サービス開始予定)

サービス提供エリア

サービス提供エリア
北海道札幌市、埼玉県、東京都、神奈川県、滋賀県、大阪府、兵庫県

サービス提供エリアは順次拡大予定です。最新の状況はharmoのウェブページをご参照ください。
  • ※ サービス導入のご相談は、提供エリア、施設種別に関わらず、随時お受けしています。
  • ※ 複数の施設種別を含む一定数を超える施設での利用を想定した、自治体、医療圏等向けの利用料金体系も今後導入予定です。
  • ※ 電子お薬手帳サービスharmo(ハルモ)の拡大を通じて、地域の医療・健康情報連携を共に進める販売パートナーを募集します。

harmo導入をご検討の施設からのお問い合わせページ:

このページの先頭へ