ニュースリリース

コンテンツメニュー
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。
2016年08月04日

ニュース原稿を自動で読み上げるデジタルアナウンサー「ニュースマネージャー」
8月6日よりソニービジョン渋谷で実証実験スタート


ソニーは、文字のニュース原稿を音声とCGに変換し、自動で読み上げるデジタルアナウンサー「ニュースマネージャー」の実証実験を、2016年8月6日(土)から22日(月)までの17日間、渋谷・公園通り入口スクランブル交差点の大型街頭ビジョン「ソニービジョン渋谷」にて実施します。



「ニュースマネージャー」は、文字情報として入力されたニュース原稿を音声合成によって自然な発話に変換し、さらにCGで生成されたニュースキャスターの表情と連動させて読み上げさせる、ニュースの提供に特化したアプリケーションです。

この度の実証実験では、株式会社共同通信デジタルより提供を受けるニュース原稿をソニーのボイステクノロジー(音声対話技術)を応用して自然な音声発話に変換し、これを株式会社A-1 Pictures監修によるCGアニメーションキャラクターのニュースキャスターに読み上げさせます。

ソニーでは「ニュースマネージャー」を将来的にデジタルサイネージや放送事業者向けのB2Bソリューションに加え、製品向けアプリなどの形で実用化することを目指し開発を進めており、本アプリケーションの実社会での有用性や、自動読み上げによるニュースの伝わり方などを検証する目的で今回の実証実験を行うこととしました。

今後ソニーでは、本実証実験の成果も活用することで、これまで以上に深い人とのコミュニケーションを通じて、さまざまな情報を提供できるエージェントアプリケーションの開発を進めていきます。
  • (注)「ニュースマネージャー」に応用されているソニーのボイステクノロジーは、ソニーモバイルコミュニケーションズ株式会社の「SmartBand Talk」や「Smart Bluetooth® スピーカー」など、音声対話機能を持つ製品にも採用されている、ソニーの自社開発技術です。
  • (注)実証実験期間中、朝のニュース:9時、9時35分、10時、昼のニュース:12時、12時35分、13時、夕方のニュース:17時、17時35分、18時に2分程度放映し、1日計9回放映の予定です。
  • (注)8月17日はソニービジョン渋谷が停電のため放映はお休みさせていただきます。
このページの先頭へ