ニュースリリース

コンテンツメニュー
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。
2016年09月09日

スポーツ中継の4K HDR映像やスーパースロー映像を、高画質かつ効率的に制作
HDRプロダクションコンバーターユニット 『HDRC-4000』・
ハイフレームレート撮影対応のマルチパーパスカメラ 『HDC-P43』を発売


ソニー株式会社
ソニービジネスソリューション株式会社

  • HDRプロダクションコンバーターユニット『HDRC-4000』
    *製品の最終デザインは変更の可能性があります。

  • マルチパーパスカメラ 『HDC-P43』
ソニーは、高画質かつ速報性の求められるスポーツ中継などの4K映像制作において、臨場感を高め感動を呼ぶ映像表現として、ハイダイナミックレンジ(HDR)やハイフレームレート(高倍速)などの高画質技術および制作ワークフローの効率化を推進しています。
2016年7月にITU(国際電気通信連合)が放送用のHDR規格を定義し、今後HDRでの放送が普及することが期待され、スポーツやイベントなどのライブ中継でも、HDRのニーズが高まることが予想されます。一方で、従来の映像制作の現場では、4K HDR制作と現在の放送の主流であるHD SDRと、別個に制作環境を構築しなければならず、システム規模の増大が懸念されています。
こうした課題に対して、この度、4K HDR映像制作を高画質かつ効率的に実現するソリューションとして、HDRプロダクションコンバーターユニット 『HDRC-4000』を発売します。
また、4K HDR映像のハイフレームレート撮影に対応※1し、カメラマンが入れないゴール際やクレーンを使った多様なアングルで、スポーツの決定的瞬間を高画質に捉えるマルチパーパスカメラ 『HDC-P43』を発売します。
型名 発売日 メーカー希望小売価格
型名 HDRプロダクションコンバーターユニット『HDRC-4000』 発売日 2017年3月 メーカー希望小売価格 220万円+税
型名 マルチパーパスカメラ 『HDC-P43』 発売日 2017年1月 メーカー希望小売価格 約1,200万円*+税
(システム構成により価格が異なります)
* 本価格は、『HDC-P43』 本体と、ベースバンドプロセッサーユニット、カメラコントロールユニット、リモートコントロールパネルで組んだ場合のシステム価格の一例です。
HDRプロダクションコンバーターユニット 『HDRC-4000』は、ソニーが推奨する<4K-HDR S-Log3/BT.2020>※2のフォーマットで運用する4K ライブHDR制作ワークフローにおいて、画質を損なうことなく、コンテンツ配信の用途に合わせた多様なフォーマット変換を、リアルタイムで実現する変換器です。配信時の変換のみならず、既存のHDコンテンツやS-Log3以外の信号※3の取り込みなど、入力時の映像信号変換にも活用でき、HDR/SDRの同時制作※4を、シンプルなシステム構成で実現します。また、ソニー独自のアルゴリズムにより、<4K-HDR S-Log3/BT.2020>の制作領域で決定した画質や色を、配信時のEOTFに関わらず、忠実に再現して変換する機能を搭載しています。

マルチパーパスカメラ 『HDC-P43』は、4K/HDライブカメラシステム 『HDC-4300』と同様、2/3インチ3板式4Kイメージセンサーを搭載し、ハイフレームレート撮影(4K2倍速、HD8倍速※5)に対応します。また、4Kライブサーバー 『PWS-4500』に記録すれば、同一ネットワーク上で複数のカメラの撮影データを共有でき、中継中のハイライトシーンを選択・編集して、スポーツシーンなどの決定的瞬間を、最適なアングルからリプレイ可能です(シェアプレイ)。

  • ※1:BPU-4000、BPU-4500使用時において。
  • ※2:ソニーはHDR制作において、4Kの高解像度、Ultra HD放送規格の色域(ITU-R BT.2020)に加えて、HDRのポストプロダクション工程において自由度の高い、EOTF (S-Log3)の使用を推奨しています。
    S-Log3とは、ソニーが設計したLogカーブであり、ガンマカーブの一種です。ビデオ撮影において、暗部からハイライトまで黒潰れ、白飛びすることなく撮影・収録し、ポストプロダクション工程において自由度の高いカラーグレーディングを行うことができるように、設計されています。
  • ※3:Hybrid Log Gamma、やST2084など。
  • ※4:ベースバンドプロセッサー(BPU-4000、BPU-4500)からHDRとSDR信号を制作システムへ同時出力し、コンテンツを配信用途に合ったフォーマットに変換する、一連の制作ワークフローを意味しています。
  • ※5:4K 2倍速、HD4、6、8倍速撮影には、別売のHFRソフトウエア『SZC-4002』が必要です。

HDRプロダクションコンバーターユニット 『HDRC-4000』の主な特長

1.多彩な配信フォーマットへのリアルタイム変換に対応
本機では、放送、インターネット配信などのライブHDR映像の配信時、および入力時に必要となる、多彩な変換機能(OETF/EOTF変換、色域変換、HDR/SDR変換、解像度変換)を提供します。
既存のHDコンテンツやS-Log3以外の信号を、ソニーが推奨するフォーマット<4K-HDR S-Log3/BT.2020>に統一的に変換し、さらにコンテンツの用途に応じた配信用フォーマットに変換することで、映像の入力から配信までの制作ワークフローを効率化します。また、コンテンツを配信フォーマットに合わせて変換する際、ソニー独自のアルゴリズムにより、<S-Log3/BT.2020>の制作領域で決定した画質や色を忠実に再現する機能を搭載しています。
  • HDRC-4000により、映像プロセスを<4K-HDR S-Log3/BT.2020>で統一。また、最終段にて放送方式に合わせた信号に変換を行う。
    『HDRC-4000』 およびソニーの4Kカメラシステムによる、スポーツライブの4K・HDR制作ワークフロー
2.コンパクトな筐体(1.5U)で2系統のフォーマット変換に対応
1.5U(幅約424mm、高さ約66mm、奥行役395mm。突起含まず)のコンパクトな筐体でありがら、2系統のフォーマット変換に対応します。

マルチパーパスカメラ 『HDC-P43』の主な特長

1.4K・HDR映像やハイフレームレート撮影に対応
本機は、昨年発売した4K/HDライブカメラシステム 『HDC-4300』と同様、2/3インチ3板式4Kイメージセンサーを搭載し、ベースバンドプロセッサーやカメラコントロールユニットと組み合わせることで、4Kで2倍速、HDでは8倍速のハイフレームレート撮影を実現します※5。また、次世代放送の映像制作規格(ITU-R BT.2020)に対応し、広い色域を使用した色再現システムを実装するとともに、S-Log3のHDR技術により高輝度と高コントラストの映像表現が可能です。『HDC-4300』と混在して運用する場合も、同一の色調で制作できます。
2.コンパクトな筐体で多様なアングルからの撮影が可能
筐体は軽量・コンパクトなサイズ(幅約119×高さ約140×奥行約212 mm、約2.0 kg。カメラ筐体のみ)で、カメラマンが入れないゴール際などのスペースや、クレーンでの4Kライブ撮影にも適しています。シングルモードファイバーケーブルにより、カメラ本体とベースバンドプロセッサーとの接続距離を、最大5キロまで延長可能なため、スポーツ中継時にスタジアムと中継車の距離がある場合や、スタジアムの天蓋から俯瞰して撮影する場合などの利便性を高めます。
3.『HDC-4300』と関連機材を共通化
本機は、ベースバンドプロセッサーユニット 『BPU-4000』、『BPU-4500』、もしくはカメラコントロールユニット『HDCU-4300』を接続することで、タリー信号、リターン映像、プロンプター出力など、ライブ中継やスタジオ番組制作に必要なインターフェース機能を備えています。サーバーやカメラコントロールユニット、リモコンなども含め、関連機材は『HDC-4300』と共通でお使いいただけます。
4.マルチサーバー 『PWS-4500』に記録すれば、シェアプレイ運用が可能
本機は、4Kライブサーバー 『PWS-4500』に記録すれば、同一ネットワーク上にあるカメラの記録データを、『PWS-4500』を介して共有でき、ワンマンオペレーションで4Kスローモーション映像をリプレイできます(シェアプレイ運用)。

主な仕様や詳細

主な仕様や詳細は、以下のURLからご確認いただけます。

※ その他記載されている会社および商品名は、各社の商標または登録商標です。

お客様からのお問い合わせ先


ソニービジネスソリューション(株) 業務用商品相談窓口
TEL
0120-788-333(フリーダイヤル)
050-3754-9550(携帯電話・PHS・一部のIP電話などフリーダイヤルがご利用になれない場合)
受付時間
9:00~18:00(土・日・祝日、および弊社休業日は除く)
このページの先頭へ