ニュースリリース

コンテンツメニュー
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。
2016年09月20日

世界最大規模の写真・映像関連の展示会「Photokina2016」出展のご案内

α™ [Aマウント]の最新機種『α99 II』を展示



  • ソニーブース展示のイメージ
ソニーは、ドイツ・ケルンにて現地時間9月20日(火)から開催される世界最大規模の写真・映像関連の展示会「Photokina2016」(フォトキナ2016)に出展します。

ソニーブースでは、欧米で9月19日に発表したAマウントシリーズの最上位機種であるレンズ交換式デジタル一眼カメラαの新商品『α99 II』を展示します。さらに、欧州の権威ある賞「TIPAアワード 2016」や「EISAアワード 2016-2017」の各賞を受賞し、高い評価を得た既発売の『α7R II』、『α7S II』、『α6300』、『RX1R II』、Gマスター™のポートレートレンズ『FE 85mm F1.4 GM』、新商品である等倍撮影が可能な50mmの標準マクロレンズ『FE 50mm F2.8 Macro』と4K動画撮影に最適な電動標準ズームレンズ『E PZ 18-110mm F4 G OSS』を含むαマウントシステム、デジタルスチルカメラやデジタルビデオカメラレコーダー、アクションカムなど、ソニーのデジタルイメージング商品を一堂に展示します。

また、新商品『α99 II』にも搭載しているソニー独自の技術が結集したオートフォーカスシステム「4Dフォーカス™」など、ソニーのカメラならではの先進技術を実機による体験や業界の第一線で活躍されているプロのセミナーなどを通して紹介します。メインステージではフェリックス・ラホー氏をはじめとするプロのフォトグラファーによるスタジオ撮影ショーや、ソニー・グローバル・イメージング・アンバサダーのクリス・シュミッド氏らゲストによるトークショーなどを行います。センターステージでは、剱伎衆かむゐ(けんぎしゅう かむい)による剣パフォーマンスやTAKASHI J/Bによるブレークダンスなど、ダイナミックで動きのあるショーの撮影体験を行います。これらを通し、ソニーのカメラならではの高解像・高感度・高速性能を活かした新しい映像体験をお楽しみいただけます。

なお、2007年よりソニーが支援する世界最大規模の写真コンテスト「Sony World Photography Awards 2016」の受賞作品なども、ソニーブース内(ホール5.2)および近接エリアにて展示しています。

主な展示内容


  • 『α99 II』ボディ

<レンズ交換式デジタル一眼カメラ α>

α[Aマウント]シリーズ
当社独自のトランスルーセントミラー・テクノロジーなどの先進技術と豊富な高性能交換レンズ群により、写真を撮る感動と表現を追求できるラインアップを展示します。
『α99 II』(新商品):
9月19日に欧米で発表した本機は、「4Dフォーカス」に対応。2つの位相差検出AFセンサーで常時AFが可能な新開発「ハイブリッド位相差検出AFシステム」により、79点※1のクロス測距点を実現。またAF/AE追従※2 12コマ/秒※3連写性能、αシリーズ最高の高解像度 有効約4240万画素35mmフルサイズ裏面照射型Exmor R®(エクスモアアール)CMOSイメージセンサーなどを搭載したAマウントシリーズ最上位機種です。Aマウントシステムをお使いのカメラ愛好家の期待に応え、高速高精度AF、高精細な静止画、4K動画撮影機能、刷新された操作性などを小型化したボディに凝縮しています。
『α77 II』:
有効約2430万画素のExmor® CMOSセンサーと、79点※1位相差AFセンサー(15点クロス)を搭載し、高画質に加えて優れたAFの精度とAF/AE追従12コマ/秒※4連写を実現します。
  • ※ 1:レンズにより、対応する測距点数は異なります。
  • ※ 2:撮影モード、レンズにより、対応する測距エリアは異なります。また、連続撮影モード「Hi+」時、ハイブリッド位相差検出AF対応時はF9以上、ハイブリッド位相差検出AF非対応時はF4以上に絞った場合、フォーカスは1枚目で固定されます。
  • ※ 3:連続撮影モード「Hi+」時
  • ※ 4:連続撮影優先AEモードにおいて。連続撮影を優先するため絞りはF3.5、開放絞りがF3.5より小さいレンズでは開放値に制御されます。

α[Eマウント]シリーズ
小型・軽量ボディに35mmフルサイズCMOSセンサーを搭載したレンズ交換式デジタル一眼カメラα7シリーズやミラーレス一眼モデルの最上位機種『α6300』などを展示します。
『α7R II』:
有効約4240万画素35mmフルサイズ裏面照射型Exmor R CMOSイメージセンサーを搭載しています。
『α7S II』:
有効約1220万画素35mmフルサイズExmor CMOSイメージセンサーを搭載し、最高ISO409600※5の高感度と広いダイナミックレンジを誇ります。
『α6300』:
世界最速※6 0.05秒の高速オートフォーカスを実現し、世界最多※7 425点の全面位相差検出AFセンサー、「4Dフォーカス」など総合力の高いAF性能により、複雑に動く被写体も高精度に捉え続けます。
  • ※ 5:拡張感度設定時。
  • ※ 6:APS-Cセンサー搭載デジタル一眼カメラとして。CIPAガイドライン準拠、内部測定方法、プリAFオフ時、ファインダー使用時。EPZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS装着時。(2016年2月19日広報発表時点。ソニー調べ。)
  • ※ 7:デジタル一眼カメラとして。(2016年2月19日広報発表時点。ソニー調べ。)

<αレンズ>

新プレミアムレンズブランドGマスターや、新商品である4K動画撮影に最適な電動標準ズームレンズと等倍撮影が可能な50mmの標準マクロレンズを含むレンズ群を一堂に展示します。
『FE 24-70mm F2.8 GM』、『FE 85mm F1.4 GM』、『FE 70-200mm F2.8 GM OSS』(Eマウント):
静止画でも動画でも解像とぼけ味を両立し、新たな映像体験を実現する新プレミアムレンズブランドGマスターのレンズで、35mmフルサイズ対応の大口径標準ズームレンズ、ポートレートレンズ、大口径F2.8望遠ズームレンズです。
電動標準ズーム Gレンズ™ 『E PZ 18-110mm F4 G OSS』(Eマウント)※8
9月9日に国際放送機器展「IBC 2016」にて発表した、スーパー35mm/APS-Cフォーマット対応の小型軽量で機動力に優れ4K動画撮影に適した光学設計の電動標準ズームレンズです。
50mmの標準マクロレンズ『FE 50mm F2.8 Macro』(Eマウント)※8
8月30日に発表した、小型軽量デザインで手軽に携行でき、等倍撮影が可能な35mmフルサイズ対応の50mm標準マクロレンズです。
※8:海外で発表した商品です。

<デジタルスチルカメラ サイバーショット®>

35mmのフルサイズや、1.0型CMOSセンサーを搭載し、コンパクトでも妥協のない高画質を追求し続けるプレミアムコンパクトカメラRXシリーズを展示しています。
『RX10 III(マークスリー)』:
新開発24-600mm※9(光学25倍) F2.4-4の大口径・高倍率ズームレンズを搭載し、広角から超望遠まで幅広いシーンの高画質な撮影を実現します。プロの映像制作のニーズに応える4K高解像度の動画※10や最大40倍のスーパースローモーション機能※11にも対応します。
『RX1R II』:
高い解像感や広いダイナミックレンジ、高感度・低ノイズの性能を実現する、有効約4240万画素の35mmフルサイズ裏面照射型Exmor R CMOSイメージセンサーと、ZEISS®ゾナーT* 35mm F2の大口径単焦点レンズを手のひらサイズの小型ボディに搭載。世界初※12光学式可変ローパスフィルターの搭載により、一台でローパスフィルター効果のオン/オフを実現します。
  • ※ 9:35mm判換算。
  • ※10:XAVC S記録方式での動画撮影時は、Class 10以上のSDXC/SDHCメモリーカードが必要です。
    100Mbps記録時にはUHS-I(U3)のSDXC/SDHCメモリーカードが必要です。
  • ※11: 音声は記録できません。Class10以上のSDXC/SDHCカードが必要です。
  • ※12: デジタルカメラとして。(2015年11月6日広報発表時点。ソニー調べ。)

<レンズ交換式 XDCAM™メモリーカムコーダー>

『PXW-FS7』、『PXW-FS5』:
αマウントシステムに対応したEマウントを採用し、4K Exmor®スーパー35mmCMOSイメージセンサー(総画素数約1160万画素)を搭載する、高画質撮影と高い機動性を兼ね備えたプロフェッショナルや映像クリエイター向けのビデオカメラです。

<4K※13アクションカム>

『FDR-X3000R』:
新開発のレンズユニットにより「空間光学ブレ補正」機能をアクションカムに初搭載し、4Kやハイスピードでの撮影時でも、動きの激しいブレを抑えた高精細な映像が撮影可能。また新開発のZEISS®テッサーレンズにより、広角ながらも画面周辺部の歪みを軽減した自然な映像を実現します。手元で電源オン/オフなどのカメラ操作が行える同梱ライブビューリモコンやアクセサリー群で、シーンに合わせた撮影が楽しめます。
  • ※13:QFHD(3840×2160)

<デジタル4Kビデオカメラレコーダー ハンディカム®>

『FDR-AX53』※8
新開発の光学20倍ZEISS®レンズと画素サイズ約1.6倍※14の高感度イメージセンサー、またワイドからズームまで強力に手ブレを抑える空間光学手ブレ補正機能を搭載し、離れた場所からの撮影でも4Kにふさわしい高精細で高解像な描写を実現。さらに、新たに高速・高精度なフォーカスを実現するファストインテリジェントAFや、原音に近いクリアでステレオ感の高い録音を可能にする新マイク構造も採用し、画質と音質が飛躍的に進化しています。
  • ※14:現行機『FDR-AXP33』、『FDR-AX33』との比較。

<ZEISS® 20周年記念展示>

ソニーが1996年にZEISS®レンズを採用した第一号機ハンディカム『CCD-TR555』をはじめ、ZEISS®と共同開発した高性能レンズを採用した商品群を展示します。


※ α、Gマスター、Gレンズ、サイバーショット、ハンディカム、Exmor、Exmor R、Exmor RS、XAVC Sはソニー株式会社の商標です。
※ その他記載されている会社および商品名は、各社の商標または登録商標です。
このページの先頭へ