ニュースリリース

コンテンツメニュー
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。
2016年09月29日

ロボット・プログラミング学習キット「KOOV™(クーブ)」が
グッドデザイン大賞(内閣総理大臣賞)候補に選出

4件が「グッドデザイン・ベスト100」、計14件が「2016年度グッドデザイン賞」を受賞


ソニー株式会社は、公益財団法人日本デザイン振興会が主催する「2016年度グッドデザイン賞」において、ソニーグループより4件が「グッドデザイン・ベスト100」を受賞し、その中でも特に今年を象徴するデザインである「グッドデザイン大賞(内閣総理大臣賞)※1」の候補にロボット・プログラミング学習キット「KOOV™(クーブ)」が選出されたことを発表いたします。その他10件、計14件が「2016年度グッドデザイン賞」を受賞しました。
今年度の「グッドデザイン賞」は、さまざまな業界から4,085件もの製品・サービスが審査され、その中から1,229件が「グッドデザイン賞」を受賞。その中でも特に優れた100件が「グッドデザイン・ベスト100」の対象となり、さらに「グッドデザイン賞」および「グッドデザイン特別賞」、「グッドデザイン賞大賞候補(6件)」が選出されます。
※1:大賞・金賞・特別賞は2016年10月28日に発表される予定です。

KOOVは、株式会社ソニー・グローバルエデュケーションがプログラミング教育分野向けに開発した、新コンセプトに基づくロボット・プログラミング学習キットです。ブロックを組み合わせて遊ぶ中で表現力を高め(Play)、プログラムで動かすことで探求心を培い(Code)、子どもたちの創造力を育成する(Create)など、デジタルを活用したものづくりを遊びながら学ぶことができ、玩具としても教材としても秀逸であることが高く評価されました。つくることができる形や動きも無限の可能性があり、子どものみならず幅広い年齢の方が楽しむことができること、また、デザイン性が高く、つくった後にインテリアとして活用できることも評価されました。
KOOVは、2016年度中に販売開始を予定しています。

詳細につきましては、ウェブサイトをご覧ください。
KOOV サイト

  • ロボット・プログラミング学習キット 「KOOV」
ソニーグループが受賞した「2016年度グッドデザイン賞」は以下になります。

「グッドデザイン・ベスト100」

  • ロボット・プログラミング学習キット「KOOV」 <大賞候補>
  • バーチャルリアリティ(VR)システム PlayStation®VR
  • ステレオヘッドホン 『MDR-Z1R』
  • ステレオレコードプレーヤー 『PS-HX500』

「グッドデザイン賞」

  • ウォークマン® WM1シリーズ 『NW-WM1Z/WM1A』
  • 4K液晶テレビ ブラビア® 『KJ-100Z9D』
  • スマートフォン 『Xperia™ X Performance』
  • LED電球スピーカー 『LSPX-103E26』
  • デジタルスチルカメラ サイバーショット® 『RX10 III』 (DSC-RX10M3)
  • ハイパワーオーディオ 『GTK-XB7』 ※海外モデル
  • 新規事業創出プログラム (Seed Acceleration Program)
  • モバイルプロジェクター 『MP-CL1』 ※海外モデル
  • 大井競馬場パドックビジョン ※2
  • プログラマブルなスマートウィンドウ Squama (スクアマ)
※2:大井競馬場パドックビジョンは、特別区競馬組合と連名で受賞いたしました。

詳細につきましては、以下のサイトをご覧ください。

※ 記載されている会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。
このページの先頭へ