ニュースリリース

コンテンツメニュー
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。
2016年10月05日

ソニー・グローバルエデュケーション
オンライン算数大会「世界算数(Global Math Challenge)」を開催

新たに算数思考力賞を創設


株式会社ソニー・グローバルエデュケーション(代表取締役社長:礒津政明)は、パソコンやモバイル端末から参加でき、国や地域を超えて、子どもから大人まで幅広い年代がコンテストを通じて楽しみながら学習できるネット上のグローバルな算数大会、「第四回 世界算数(英語名称:Global Math Challenge、中国語名称:世界趣味数学挑战赛)」を11月17(木)~19日(土)に開催します。
この誰もがインターネットで参加できる「考えることを楽しむ思考力テスト」は、子ども向けの算数大会において高い実績を持つ算数オリンピック委員会の監修や、思考力育成問題の制作に定評のある、花まるグループの作問協力のもと、日本語、英語、中国語で過去3回、世界で同時に開催されてきました。

そして、今回の第四回大会より「算数思考力賞」を新たに創設しました。この賞は、株式会社好学出版が主催する算数・数学思考力検定と世界算数の両方を受験して、優秀な成績を収めた秀逸な思考力をもつ児童・生徒を表彰・発表するものです。2020年度の大学入試改革でも重要視されている「思考力」に興味を持つ機会になることを期待しています。

本大会で出題される設問は、小学一年生から中高生、大人まで年齢に応じた8コースを用意しており、各コースのグレードが上がるごとに難易度が高くなるよう設定しています。学年やレベルに合わせたコース選択が可能で、上級者向けのMasterコースでは、算数問題愛好者・中高一貫校生を対象にし、難易度が高い問題を揃えました。なお国内においては、小金井市立前原小学校、立命館小学校、英進館、M進、長島大陸Nセンター、市進教育グループ、学習塾ロジム、学研グループ、中萬学院、花まるグループ、a.school、ウィズダムアカデミーなど、大手を始めとして先駆的な取り組みをされている学校、学習塾、民間学童が参加を表明しています。

また、中国においては、教育部数学および創新教育センターと大会を共催することで、中国教育業界での認知度を一層高めていきます。すでに同センター経由で北京の小中学校へ紹介いただく取組みも始まっています。

ソニー・グローバルエデュケーションは世界算数をSTEM分野の基礎的な思考力育成に役立つ全年代向けの教育サービスと位置付けており、今後年二回の定期開催を通じて参加国数、学校、団体の拡大とグローバルなレベルでの教育業界への貢献を目指していきます。
※ Science, Technology, Engineering, Mathematics の略
このページの先頭へ