ニュースリリース

コンテンツメニュー
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。
2016年12月21日

ソニー株式会社 人事および機構改革

ソニー株式会社は、以下の通り、人事および機構改革を行いますので、お知らせ申し上げます。

人事 (2016年12月14日付)

氏名 新職
氏名 リチャード・ヘール 新職 チーフ・インフォメーション・セキュリティ・オフィサー(暫定)

人事 (2017年1月1日付)

○Professional Services
氏名 新職
氏名 執行役員コーポレートエグゼクティブ
御供 俊元
新職 知的財産センター長(兼)
[継続職:知的財産、中長期事業開発担当]

○イメージング・プロダクツ&ソリューションセクター
氏名 新職 現職
氏名 槙 公雄 新職 デジタルイメージング本部 副本部長(第1、第2、第3ビジネスユニット、調達、ソフトウエア、商品企画、マーケティング担当)
デジタルイメージング本部 第3ビジネスユニット シニアゼネラルマネジャー(兼)
プロフェッショナル・プロダクツ本部 プロフェッショナルカメラ事業担当 VP(兼)
現職 デジタルイメージング本部 第1事業部長
デジタルイメージング本部 ソフトウエア技術第1部門長(兼)
氏名 桐山 宏志 新職 プロフェッショナル・ソリューション&サービス本部 メディア事業担当 VP 現職 プロフェッショナル・ソリューション&サービス本部 メディアセグメント事業部門長
プロフェッショナル・プロダクツ本部 コンテンツクリエーションソリューション事業部長(兼)
氏名 千葉 啓吉 新職 デジタルイメージング本部 製造、コア技術、設計、品質保証担当VP
[継続職:デジタルイメージング本部 コア技術第1部門長(兼)
プロフェッショナル・プロダクツ本部 コア技術第2部門長(兼)
R&Dプラットフォーム デバイス&マテリアル研究開発本部 オプトメカトロニクス開発部門長(兼)]
現職  
氏名 山家 聡 新職 プロフェッショナル・ソリューション&サービス本部 B2B事業、中国事業担当 VP 現職 プロフェッショナル・プロダクツ本部 ディスプレイ事業部長
氏名 小島 政昭 新職 プロフェッショナル・プロダクツ本部 品質、設計、製造、調達、ネットワークカメラ事業担当 VP
プロフェッショナル・プロダクツ本部 第3ビジネスユニット シニアゼネラルマネジャー(兼)
現職 プロフェッショナル・プロダクツ本部 商品設計第2部門長
プロフェッショナル・プロダクツ本部 カメラシステム事業部長(兼)
氏名 田中 健二 新職 デジタルイメージング本部 第1ビジネスユニット シニアゼネラルマネジャー 現職  
氏名 長田 康行 新職 デジタルイメージング本部 第2ビジネスユニット シニアゼネラルマネジャー 現職  
氏名 田渕 達人 新職 デジタルイメージング本部 ソフトウエア技術第1部門長 現職  
氏名 喜多 幹夫 新職 プロフェッショナル・ソリューション&サービス本部 メディアセグメント事業部門長 現職  
氏名 山中 功一 新職 プロフェッショナル・プロダクツ本部 第1ビジネスユニット シニアゼネラルマネジャー 現職  
氏名 上田 康夫 新職 プロフェッショナル・プロダクツ本部 第2ビジネスユニット シニアゼネラルマネジャー 現職  
氏名 石井 浩一郎 新職 プロフェッショナル・プロダクツ本部 第4ビジネスユニット シニアゼネラルマネジャー 現職  
氏名 須藤 文彦 新職 プロフェッショナル・プロダクツ本部 商品設計第2部門長 現職  
氏名 矢澤 有一 新職 プロフェッショナル・プロダクツ本部 ソフトウエア技術第2部門長 現職  

機構改革 (2017年1月1日付)

○イメージング・プロダクツ&ソリューションセクター
  • メディカル事業ユニットをメディカルビジネスグループへ名称変更する。
  • デジタルイメージング本部 第1事業部 1部、2部、3部、4部、5部を改組し、第1、第2、第3ビジネスユニットを新設する。
  • プロフェッショナル・プロダクツ本部 コンテンツクリエーションソリューション事業部、ディスプレイ事業部、カメラシステム事業部を改組し、第1、第2、第3、第4ビジネスユニットを新設する。また各事業部が有する設計開発機能を商品設計第2部門、コア技術第2部門へ移管する。
  • プロフェッショナル・ソリューション&サービス本部 システムソリューション開発部門とサービスビジネス部門の機能をメディアセグメント事業部門、B2Bセグメント事業部門へ移管する。また、同本部カメラシステム企画マーケティング部門をプロフェッショナル・プロダクツ本部へ移管および改組し、企画マーケティング部門を新設する。

以上
このページの先頭へ