ニュースリリース

コンテンツメニュー
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。
2017年04月03日

4K有機ELテレビ ブラビア®『A1シリーズ』が
国際的なデザイン賞「レッドドット・デザイン賞」※1の最高賞を受賞


  • reddot award 2017 best of the best ロゴ
ソニー株式会社は、2017年のレッドドット・デザイン賞プロダクトデザイン部門(Red Dot Award:Product Design 2017)において、最高賞である「ベスト・オブ・ザ・ベスト(Red Dot:Best of the Best)」を受賞しました。受賞した製品は、4K有機ELテレビ ブラビア®『A1シリーズ』※2です。
  • ※1:レッドドット・デザイン賞は、ドイツのノルトライン・ヴェストファーレン・デザインセンター(Design Zentrum Nordrhein Westfalen)が主催する国際的なデザイン賞です。プロダクトデザイン部門の対象は、2015年以降、2017年7月1日までに販売が開始される製品のデザインで、革新性、機能性、品質、人間工学、持続可能性、象徴性など9つの基準で、世界的なデザインの専門家により審査されます。2017年の応募総数は約5,500件(54か国)で、最高賞に当たる「ベスト・オブ・ザ・ベスト」はその内の1.5%の製品が受賞しました。
  • ※2:2017年1月に米国で開催された「CES 2017」にて発表。販売地域により型名は異なります。

レッドドット・デザイン賞 プロダクトデザイン部門 「ベスト・オブ・ザ・ベスト」受賞製品

4K有機ELテレビ ブラビア『A1シリーズ』

4K有機ELテレビ ブラビア『A1シリーズ』は、4K 高画質プロセッサー「X1™ Extreme(エックスワン エクストリーム)」をはじめ、ソニーが培ってきた高画質技術を結集。4K HDRコンテンツの魅力を発揮する「X1 Extreme」が、自発光デバイスである有機ELパネルの特長を最大限に引き出すことで、現実世界により近い深い黒や明るさの表現が可能になりました。また、ディスプレイを振動させることでテレビの画面から音が直接出力される、ソニー独自の「アコースティックサーフェス」を搭載します。画面自体から音が出ることで、映像と音を一体にし、リアリティーあふれる映像体験を楽しめます。
デザイン面では、「One Slate(すべてが凝縮された一枚の板)」というコンセプトのもと、映像への没入感を高めるために余計なエレメントを排しました。有機ELパネルの特性を利用し画面自体を振動させて音を出すサウンド技術を組み合わせることで、一枚の板を壁に立て掛けたかのような、空間と調和するデザインを追求しています。さらに背面から支える板状の部分にサブウーファーや回路基盤、端子類を集約することで、画面部分の薄さを際立たせると共に360度どこから見てもケーブルの存在感を感じさせない美しい佇まいを実現しました。空間に置かれたオブジェのように立ち姿そのものが美しく、アートのように鑑賞するという「体験」を含んだ、新しいテレビを目指しました。

その他、以下の13の製品が、レッドドット・デザイン賞を受賞しています。

レッドドット・デザイン賞 プロダクトデザイン部門受賞製品

  • サウンドバー『HT-MT500』
  • コンセプトプロトタイプ『Future Lab Program™ T』
  • コンセプトプロトタイプ『Future Lab Program™ N』
  • ハイブリッドスマートウォッチ『wena™ wrist』
  • デジタルスチルカメラ サイバーショット®『RX10 III』(DSC-RX10M3)
  • データプロジェクター『VPL-GTZ270』
  • ステレオヘッドホン『MDR-Z1R』
  • ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット『MDR-1000X』
  • ウォークマン® WM1シリーズ『NW-WM1Z』
  • ウォークマン® WS410シリーズ
  • DAC内蔵ヘッドホンアンプ『TA-ZH1ES』
  • スマートフォン『Xperia™ X Compact』
  • スマートフォン『Xperia™ XA』

詳細は、デザイン賞受賞実績の一覧ページをご参照ください。

※記載されている会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。

このページの先頭へ